カテゴリー「映画-青春」の69件の記事

「バーレスク」・・・99点 & シャネル№5のCM

バーレスク オリジナル・サウンドトラック Music バーレスク オリジナル・サウンドトラック

←上映終了後の観客の満足度はめちゃめちゃ高かったと思う。
出口に向かう途中、アチコチから「サイコー」「観にきてよかった」「めっちゃカッコ良かった」と言う声が聞こえた。
私も観てる間、何度も鳥肌&感涙・・・(@@)
何度でも観たいですheart02 

アーティスト:サントラ,クリスティーナ・アギレラ,シェール
発売日:2010/12/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

子供が留守だ! しかもレディース・デーだ! これはきっと神様の思し召しに違いない!と『バーレスク』(2010年・米)を観に行った。監督スティーヴン・アンティン。出演クリスティーナ・アギレラ、シェール、カム・ジガンデイ、スタンリー・トゥッチ、クリスティン・ベル、エリック・デイン、ピーター・ギャラガー等。

歌手を夢見る主人公アリが、アイオワの片田舎から片道切符でLAに。バーレスクというクラブと出会い、最初は相手にされないながらも強引にウェイトレスとしてもぐりこみ、押しの一手でチャンスを掴んでいくお話。

いや~もうサイコー!!
ストーリーは王道のベッタベタですが、そんな事はどーでもいい(≧▽≦)

ショーの部分(歌・踊り・衣装・その他諸々のステージング)が滅茶苦茶カッコいいんです!
ダンサーはあくまで美しく挑発的で大胆で、しかも女性のレベルが高い高い!
バックダンサー一人一人のレベルがホント高くて、セクシーboutique&ビューテホーlovely 
何処をとっても絵になるわぁ~ O(*≧ε≦*)O
珍しくパンフレット買いました♪ 魅惑的な写真満載で眼福至福~~~

ところで今作、あちこちの映画記事でミュージカルと書いてあったのでてっきりそうかと思って観に行ったんですが、これは正確にはミュージカルとは言わないんじゃないの? 歌うのはあくまでも歌手役の人だけだし、それも本番orリハーサルの舞台で歌う場面のみ。(最初だけ、アリが無人の店を舞台に見立てて歌うけど。)
よくあるミュージカルのように、セリフの途中で普通の人が突然歌い出すようなことは一切ありません。

とにかくショー場面が圧巻で、私の好みに、ド・ストライクlovely
思いがけず今年のベスト1作品となりました☆

<<< 追記>>>
勢いあまって”今年度ベスト1”と書いてしまいましたが、ベスト1は「Dr.パルナサスの鏡」でした☆

●● 私的、気に入った度・・・・・ラストのステージで一瞬「100点越え~!」と思ったけど、やっぱりシェールの顔が好みではないので1点マイナス。 99点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

美しく、かつセクシーでゴージャスなものが好きな人。
キラビヤカでパワフルなステージを楽しみたい人。

<<< オマケ。 監督に関して >>>

監督さんは「グーニーズ」にも出てた俳優出身の方だそう。「グーニーズ」見たっけなぁ・・・覚えてない。(←多分完全には観てない)

この「女性の美しさを最大限引き出した感じ」はゲイ監督だからなせる技なのかなぁ・・・と思ってみたり(←こういう言い方はゲイじゃない監督さんに失礼か。いや、ゲイ監督さんにこそ失礼か★)

<<< も一つオマケ。 シャネルの5番のCMに関して >>>

映画上映前に”シャネル№5”のCMがあった。これがとても長いCMで、しかも主演はオドレイ・トトゥ! 途中からビリー・ホリディの「I'm a fool to want you」が流れるし、とても雰囲気があり、まるで恋愛モノ短編映画shine 気になって今調べてみたら、なんと監督はジャン・ピエール=ジュネだそう(「アメリ」コンビだ!)。 時間は2分20秒でした。
気になった方はコチラで観ることができます♪→シャネル公式サイト

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

<<< 2010年最後のご挨拶♪ >>>

あー、今年観た映画(DVD)は今年中にレビュ挙げようと思ってたのに、結局書けなかった・・・★ (年明けは、いつ始動できるか皆目未定)
今年は終盤、切り紙ブログだか映画ブログか判らない状態になってましたが(´д`)
 
いつもお世話になってるお友達ブロガーの皆様、「コメントはした事無いけどいつも読んでるよ」という皆様(←そんな人いるのかな(^^;)、はたまた今日偶然通りかかったという方も。
一年間ありがとうございました! また来年もよろしくお付き合いくださいね♪
良いお年を~(^^)/

| | コメント (5) | トラックバック (0)

「トワイライト・サーガ エクリプス」・・・85点

オリジナル・サウンドトラック エクリプス/トワイライト・サーガ Music オリジナル・サウンドトラック エクリプス/トワイライト・サーガ

アーティスト:サントラ,ヴァンパイア・ウィークエンド,アンクル,イースタン・カンファレンス・チャンピオンズ,バンド・オブ・ホーセズ,シー・ロー・グリーン,ハワード・ショア,バトルス,ボンベイ・バイシクル・クラブ,メトリック,ミューズ
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2010/10/13
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「トワイライト」「トワイライト ニュー・ムーン」ときて、シャーク・ボーイ@ジェイコブにやられた私☆ ちょうど近所の映画館のサービスデーと重なった事もあり、トワイライト3となるこの『エクリプス』(2010・米)を観に行った。監督デヴィッド・スレイド(『ハードキャンディ』等)。出演クリステン・スチュワート、ロバート・パティンソン、テイラー・ロートナー、ビリー・バーク等。

自分たち以外の色んなヴァンパイアからベラを守るために、オオカミ族とカレン一家(ヴァンパイア)は協力することに。ベラ&エドワード&ジェイコブの三角関係の行方は。

これは乙女にはタマラン内容ですな!(*゚∀゚)=3 ムッハー!!

悩んでる顔して、エドワードとジェイコブを掴んで放さないベラ。
エドワードはまだしも、生かさず殺さずな絶妙の手綱さばきで自由にしてもらえないジェイコブが、気の毒でたまりません。><

タイプの違う超強い男子二人が、自分の事を命がけで守ってくれる。
嫉妬心を剥き出しにしながらも、彼女を守る為にと協力し合い・・・。
乙女にしてみれば、目のくらむようなシチュエーションと言えましょうshine

観てる間、脳内では「ケンカをやめて~♪二人をとめて~♪私のために~争わないで~♪」と河合奈保子の歌がずっと流れてました・・・(作詩は竹内まりや)

まあ、傍目から見たらすんごいな女ですけど(--;

●● 私的、気に入った度・・・・・85点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

”イケメンが自分を取り合い、かつ自分の為に戦ってくれる”少女漫画の世界に浸りたい人。
ベタクサな恋愛モノが好きな人。

| | コメント (16) | トラックバック (1)

「ヘアー」・・・85点

ジョン・サベージ/ヘアー
販売元:新星堂ショッピングサイト
新星堂ショッピングサイトで詳細を確認する
↑真ん中がリーダー格。短髪にしたらコリン・ファレル似雨里さん是非その目でお確かめを☆

ツタヤで「100人の映画通が選んだ」第2弾やってますね~
色々面白そうなのが並んでたので、またチョコッと借りてみた。
今回は「アンドロメダ・・・」「渚にて」「ヘアー」の3本をチョイス。
ロバート・デ・ニーロの狂気が楽しめそうな「キング・オブ・コメディ」もちょっと気になるな~☆

突然ですが。
私もうイヤになるほど子供に怒ってしまう事が多くて。
もっとこうしてみたら? 1回試してみたら? もっとこうすればいいのに??
単純に怒るだけでなく、色々と相容れ無い部分も多いわけです。(別人格だから当たり前なんだけど) 

そしてフト思う。
偉そうなコト言って、私はそんなに正しいのか?
私の言うこと聞いてりゃ間違いないのか?
私は正しいのか? イイ人間なのか? 
私の言うとおりにしたって、私のような人間が出来てしまうだけではないのか?
私が親ではなかった方がこの子は幸せだったのではないか?
私と出会わなかったほうがパパぴょんは幸せになれたのではないか?

生まれてスミマセン・・・typhoontyphoontyphoontyphoontyphoon

という気持ちになることがあったりして。重くてゴメンナサイ★
(「正しい人間が幸せなのか?」というのもあるが、それはまた別の話)

凹み気分全開だったので、ちょっとは上向きになれるかと『ヘアー』(1979・米)を鑑賞してみた。(長い前フリだったなぁ~^^;)監督ミロス・フォアマン(『カッコーの巣の上で』等)、出演ジョン・サベージ等。

奔放なヒッピーたちが歌い踊る、反戦がテーマの一編。名曲「アクエリアス」がすばらしい。(ツタヤのサイトより抜粋)

自由を謳歌するヒッピー達が能天気に歌い踊るだけかと思ってたら、終盤の意外な展開にガツンとやられた。これは凄いミュージカルである。戦争における個人の自由意志の否定という部分について考えさせれらた。しかも説教くさくなく。

しかし、あれ軍隊で実際やったら、クロードもかなりの罪では?(--;

●● 私的、気に入った度・・・・・85点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

ミュージカルが好きな人。
序盤(馬に乗ってる美人を追いかける曲)にエロワードを並べ立てる歌詞があるので、家族との鑑賞は(その部分だけは)ヤメたほうが無難。

第1弾の記事はコチラ
ツタヤ「100人の映画通が選んだ」第2弾公式サイトはコチラ 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

「狂い咲きサンダーロード」・・・83点

狂い咲きサンダーロード コレクターズ・エディション [DVD] DVD 狂い咲きサンダーロード コレクターズ・エディション [DVD]

←「おもしれーじゃねーよー! やってやろーじゃねーよー!」
 なぜか語尾が「よ」なトコがまた(*≧m≦*)

発売日:2009/03/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

邦画の棚で懐かしいタイトルを見つけた。『狂い咲きサンダーロード』(1980・日本)。昔から興味はありつつも未見だった一本。早速、借りて観る。
監督:石井總亙。出演:山田辰夫、小林稔侍、南条弘二など。

対立する暴走族からも右翼からも命を狙われた族の特攻隊長は、ついにキレて彼らに銃で逆襲する……。(allcinemaより抜粋。でもこのあとのallcinemaの解説文は、完全にピント外れだと思う)

もしかしたらネムイかも・・・なんて思いつつ観始たんですが、いやいや予想以上に面白かった! 暴走族などの描写は古臭さが否めないながらも、このパワー、このチカラ技、この破壊力。押して押して押してアハハハハ!(゚▽゚*) 今観ると恥ずかしいくらいオールドタイプなツッパリ達の姿、惚れた女は美化するクサさ。もう、いちいちベタ そして決して後戻りしない潔さ。好きですね~♪

間違いなく石井總亙の、そして山田辰夫の代表作だと思います!
(でも観る人を選ぶ作品ではある。)
山田辰夫がめっちゃハマリ役で、この人以外は考えられない!
イメージとしては『隣人13号』(←しかも漫画のほう)の死神みたいな☆

●● 私的、気に入った度・・・・・83点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

アナーキー&バイオレンスな作品に興味がある人。
とにかく勢い重視という人。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「ダンス・レボリューション」・・・82点

ダンス・レボリューション 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD] ダンス・レボリューション 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD]

←ヒップ・ホップ音楽&ダンスが堪能できます♪

Amazon.co.jpで詳細を確認する

子供と観ようと『ダンス・レボリューション』(2003・米)を借りてきた。
監督ビリー・ウッドラフ。主演ジェシカ・アルバ。

昼も夜も働きながらプロのヒップ・ホップ・ダンサーを目指す一人の女性が、掴みかけた夢と現実の狭間で葛藤し、やがて本当の自分を見出していく姿を描いた青春ドラマ。(allcinemaより抜粋)

今まで観たジェシカ・アルバの中で、コレが一番可愛い!超可愛い!!heart02happy02heart01
踊りもキレがあってセクシーで、言う事ナシ!

音楽ビデオ・ディレクターのマイケル役で出演しているのは、なんと『BIG』(1988・米。主演トム・ハンクス)で主役のジョシュ少年を演じたデヴィッド・モスコー。
変わってない! あの顔のまんま大人になってる~(@@)

●● 私的、気に入った度・・・・・82点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

ダンスが好きな人。 セクシーで可愛い女の子が好きな人。

<<オマケ>>

今調べてて分かったんだけど、アメリカではPG-13だったみたい★ 
主人公とは直接関係ないけど、チラッと麻薬取引のエピが入ってるからかな?
それともダンスがセクシーすぎた?(^ー^;

| | コメント (5) | トラックバック (0)

「痛いほどきみが好きなのに」・・・51点

痛いほどきみが好きなのに [DVD] DVD 痛いほどきみが好きなのに [DVD]

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2009/09/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

イーサン・ホーク(『ガタカ』など)が初監督した自伝的映画、というので『痛いほどきみが好きなのに』(2006・米)を借りて観た。監督イーサン・ホーク。主演マーク・ウェバー、カタリーナ・サンドラ・モレノ。イーサンも主人公の父親役でちょこっと出演。PG-12(←なんで?? 性描写のせい?)。

ニューヨーク。役者の卵のウィリアムが、歌手志望のサラと出会う。二人は臆病だったり、青かったりで、うまくいきそうでいかなくて・・・

主役の男の子が、魅力的に見えない(´д`) ←致命的。

そんな彼のグダグダな恋愛が2時間弱、続く。
しょっぱなから「アンタの恋愛なんてどーでもいーよ!(てか観たかない)」状態での鑑賞なので、睡魔との戦い★

それでももしかしたら、面白くなるのかも・・・と頑張って最後まで観た。
この期待↑は裏切られたが、
最後のほうで彼女が言うセリフ「アナタは私と出会う前から傷ついてた」にグッと来る。
深い・・・深いわ・・・(しばし色んな事を考えた)
最後まで観て良かった、と思った瞬間であった。(でも観なくても良かったかも)

●● 私的、気に入った度・・・・・51点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

イーサン・ホークの大ファンで、彼が監督した作品に興味のある人。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「GOTH」・・・74点

GOTH[ゴス] デラックス版 [DVD] DVD GOTH[ゴス] デラックス版 [DVD]

←二人の周囲で起こるリストカット殺人事件。
リスカして自殺に見せかける事件かと思ったらそうではなく、
手首の無い死体を飾る、という事件でした。
(切り取った手首はコレクション・・・)

発売日:2009/06/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

乙一のベストセラー小説が原作と聞いて、観てみたかった『GOTH』(2008・日本)を借りて観た。
監督:高橋玄。主演:本郷奏多、高梨臨。

死体や殺人に興味津々のそれぞれ孤立した高校生が、世間を騒がせている連続殺人事件を二人で調べる事にするが・・・。

良く言えば詩的。 悪く言えば少女趣味。
乙一の描く”GOTH”ってんで、かなり期待してたんだけど、ちょっと違ったかな~。ちなみにGOTH(ゴス)とは、死体や猟奇的殺人などに特別な興味を示す趣味の事だそう。

ゴス女子高生:森野夜の暮らす部屋は、平凡な団地の一室ながら、一歩中に入ると・・・そりゃもうゴスッ娘が泣いて喜びそうなインテリア・コーディネートでございました☆ 基調は黒! 蝋燭必須! 

●● 私的、気に入った度・・・・・74点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

ゴス寄りな人。(なかでも女子)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「トワイライト~初恋~」・・・80点

トワイライト~初恋~ スタンダード・エディション [DVD] DVD トワイライト~初恋~ スタンダード・エディション [DVD]1764円

←キスしたいならしたいって言えよ、エドワード!

発売日:2009/09/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

すんごい観たかった『トワイライト・初恋』(2008・米)を借りて観た。
監督キャサリン・ハードウィック(『サーティーンあの頃欲しかった愛のこと』等)。
出演クリステン・スチュワート、ロバート・パティンソン。

女子高生と美少年バンパイアとの、禁断の恋のお話。

超美形バンパイアという設定のエドワード(↑ジャケ写上)。
ジャケ写では全く異論無かったのですが、本編を観るとこれが・・・
ヒロインより紅い唇に白い肌、眉毛だけはっきり黒、という一歩間違うとバカ殿なメイクで・・・かなりビミョー(´д`;) 
「美形~、彼は美形~、、、」と自分に言い聞かせながら鑑賞。

ストーリーは王道。 夢見るティーン女子なら、そりゃハマルってもんでしょう。
私は・・・「いいわ~heart04」と「うわクッサ!eyesweat01 クサ過ぎやん!!sad」の間を行ったり来たり(^^;
パパぴょんと観てなくて良かった~(ハズカシ過ぎて気ー使うっちゅーねん)

彼が「これ以上はダメだ!」と欲望を抑える描写、いいですね~(←オバ目線)
似たよう場面に『シザーハンズ』の「抱いて」「出来ない」ってのがあるけど、
アチラのエドワードが生命力の弱そうな(←人造人間だから当然か?)草食系なのに対し、
コチラのエドワードは突き上げる衝動を押さえ込むのに七転八倒して悶え苦しむ肉食系(←これもバンパイアだから当然か)。
この”美少年が苦悩・葛藤して”ってのがツボな人にとってはタマラン映画でしょう☆

えー突然ですが私、アイススケート選手権とか見るの好きです。
何故って、いい大人(イイ男)がコケる場面って、普段生活しててなかなか遭遇しないけど、スケートならジャンプ失敗して転ぶトコロがしょっちゅう見られる。
そしてすぐ立ち上がって、何事も無かったようにスカシタ表情でカッコつけて演技続行・・・。
面白いですよねー!(誰か同意して~)

続編の予告編も入ってました。
もちろん観たいですとも!! (基本的にバンパイア物は好き)
エドワードの顔にも慣れたし(爆) 素敵よぉ~(←まだ若干自分に言い聞かせモード)

●● 私的、気に入った度・・・・・80点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

ベタな”禁断の恋”物語が好きな人。
「誰にもなびかない素敵な男子が、自分だけを守ってくれる」純愛モノが大好きな夢見る夢子さん。

| | コメント (13) | トラックバック (2)

「コドモのコドモ」・・・77点

 コドモのコドモ コドモのコドモ
←映画として見てる分には面白かったけど・・・
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)で詳細を確認する

気になっていた『コドモのコドモ』(2008・日本)を借りて観た。監督:萩生田宏治。出演:甘利はるな、麻生久美子、宮崎美子など。さそうあきらの同名コミックの映画化。

意味もわからずした同級生との”くっつけっこ”。それが原因で妊娠してしまった小学5年生の女の子が、子供達だけの力で出産に挑む・・・

衝撃的な設定を通して、命の尊さや性教育の是非、そして仲間を思いやり、自分たちで奇跡を成し遂げる子どもたちの力強い姿を真摯な眼差しで綴る。(allcinemaより抜粋)

仲間達の助け合い・命の尊さを描いてるのが素晴らしいのは分かるんですが・・・
これがもし自分チの子供の話だとしたら?

ジョーダンジャネ━━Σ(゚д゚;)━━!!
イイ話的に爽やかにまとめてあるところがオゾロジイです(--;

ちなみに”くっつけっこ”の具体的描写はありませんので、そこ期待しないように。

●● 私的、気に入った度・・・・・77点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

小学生が主人公の心温まる映画が観たい人。異色の設定ですが☆

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「17歳のカルテ」・・・80点

17歳のカルテ コレクターズ・エディション [DVD] DVD 17歳のカルテ コレクターズ・エディション [DVD]

←990円の廉価版です☆
発売日:2007/07/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ずっと「もうTV放映があるだろう」と待ってたのに無くて、未見のままだった『17歳のカルテ』(1999年・米)。旧作100円だし、あきらめて(?)借りて観た。
監督ジェームズ・マンゴールド。出演ウィノナ・ライダー、アンジェリーナ・ジョリー、ブリタニー・マーフィー等。

スザンナは自殺するつもりではなかった。何かに苛立ち、何かが不安だった。娘に手を焼いた両親は、精神病院への入院をスザンナに勧める。そこで“境界性人格障害”と診断された彼女はエキセントリックな患者リサと出会う…。(アマゾンより抜粋)

原作は、実際に精神病院に二年間入院したスザンナ・ケイセンの回想録『思春期病棟の少女たち』。

う~ん、ティーン・エイジャーの頃に観てたら、心に響いたと思うんだけど、
大人になった今観ると、ちょっと主人公がウザイ感じ(ーー;
でもリサ役のアンジーの魅力は全開でした~heart04happy02heart04挑発的でエキセントリックで、超セクシーheart02

映画の構成として、デイジーのエピの後、マトモになってジ・エンドかな~と思ってたらその前にもう少しあったので、ちょっと驚き☆

●● 私的、気に入った度・・・・・80点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

現実との軋轢に息苦しい日々を送っている思春期の女の子。
ウィノナまたはアンジーのファン。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧