« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月の2件の記事

一行感想パート20。(「96時間」「カールじいさんの空飛ぶ家」「ダンシング・ハバナ」「THE WAVE」「トワイライト・サーガ ニュームーン」「●REC2」「サマー・ウォーズ」「タイム・クライムス」「HACHI 約束の犬」「ソウ6」「母なる証明」「サロゲート」「アンチボディ 死への駆け引き」「マジック」「キルショット」「赤い影」「ハゲタカ」)

観たのがだいぶ溜まってきた・・・ので、ここらで一行感想いってみます(^^;
今回も気に入った順に並んでまーす♪

・『96時間』・・・パパぴょんをして「こういうのをもっと観せてくれ」と言わしめた作品。
息をもつかせぬ追いつめ系アクション。リーアム・ニーソンかっこ良すぎる~~~lovely でもちょっと人殺し過ぎ☆

・『カールじいさんの空飛ぶ家』・・・子供時代から現在に至るまでのセリフ無しの描写の部分が素晴らしい。そこでまず号泣。その後の冒険部分も犬が可愛くて面白かった♪

・『ダンシング・ハバナ』・・・ディエゴ・ルナ可愛すぎlovely 何か言いたげな表情がタマラ~ン!! 原題『ダーティ・ダンシング2』なので、パトリック・スウェイジもちょこっと出演。

・『THE WAVE ウェイヴ』・・・独裁制の怖さを分かり易く描いた作品。一見楽しそうな授業で、私が生徒でものめりこんじゃうと思う!coldsweats02

・『トワイライト・サーガ ニュームーン』・・・ジェイコブ! ジェイコブがこんなに可愛かったとは!! ジェイコブに萌え~!(←この言葉嫌いだから使いたくなかったんだけど><)

・『●REC2』・・・スピーディーな面白さは健在♪今度はそうくるのか~

・『サマー・ウォーズ』・・・TV放映にて鑑賞。日本にも面白い映画があったんだね!

・『タイム・クライムス』・・・不条理SF。ハリウッドリメイク決定との文字に興味をひかれて鑑賞。「次はこうくるんじゃ?」と読めるものの、かなり引き込まれた。

・『HACHI 約束の犬』・・・TV放映にて鑑賞。最後のお迎えにやっぱり落涙。お約束でもやっぱ泣いちゃうよ~

-------------------- この辺が80点ラインかな~ ---------------------

・『ソウ6』・・・ここまできたら惰性だよね~。・・・えーと、どんな話だっけ?

・『母なる証明』・・・凹みーズ御用達。殺され損だし(´д`)母のダンスが不気味に怖い★

・『サロゲート』・・・こんなサラサラヘアーのブルース・ウィリス初めて見た(@@)そして実はちょっと寝た。

--------------------- この辺全て80点前後 -------------------------

・『アンチボディ 死への駆け引き』・・・雨里さんトコで面白そうだったので鑑賞。ノーマン・リーダス出番少ない(><) 「羊たちの沈黙」と「セブン」をちょっとずつ混ぜたみたいな変態。あんな奴が周りにいないことを願う・・・

・『マジック』・・・アンソニー・ホプキンスって若い頃からブッ飛んでたんだね~

・『キルショット』・・・ミッキー・ローク、ダイアン・レイン、みんな年取ったなぁ~。って私もか★

・『赤い影』・・・叙情的ホラー(雰囲気で魅せる的な?)。昔こんなホラーって結構あったな~的な懐かしい感覚。でも現代のスピーディーな展開に慣れた身には辛いものが・・・。睡魔と格闘★

・『ハゲタカ』・・・TV放映にて鑑賞。ドラマと同じく面白い!と思いつつ最後寝ちゃった。難しくてギブアップ~(´д`)

-----------------------------------------------------------------

全部で17本。「インセプション」も含めると、ほぼ2ヶ月で18本ですね。
暑くてダルくて映画を観ない日が増えてます☆ 
観ててもスグ寝ちゃうし、遅い時間からは最後まで観る自信がなくて(--;
TV放映の「劔岳 点の記」「ナショナル・トレジャ-2」「ハリポタ4 炎のゴブレット」なども観てたんですが、途中で睡魔にやられ・・・★
sleepy・・・あっ寝てた!ちょっと今のトコ巻き戻し!」とか思っても、放映時間に観てる時は録画なんてしてないし>< 
終わった瞬間に「あっ!えっ?!coldsweats02」と目が覚めるのは何故なんでしょう~shock

本当はあと一本観たんだけど、昔から大好きで別格の作品なので、また今度単独で記事にします♪

| | コメント (15) | トラックバック (2)

「インセプション」・・・96点

オリジナル・サウンドトラック インセプション Music オリジナル・サウンドトラック インセプション

アーティスト:ハンス・ジマー
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2010/08/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「一人で行ってくれば」というパパぴょんを「でも絶対面白いよ?」と引っ張って、『インセプション』(2010・米)を観に行った。『ダークナイト』のC・ノーラン監督だし、予告編は凄かったしと、かなり期待しての鑑賞。

監督・脚本クリストファー・ノーラン。出演レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、ジョゼフ・ゴードン=レヴィット、エレン・ペイジ、キリアン・マーフィー、マリオン・コティヤール等。

他人の夢の中に侵入してアイデアを盗む仕事をしている主人公が、盗むのではなく”ある考えを植え付ける”仕事を依頼され、これを最後のミッションにするべく危険な仕事に挑む。

鑑賞後の満足感はかなりのもの。 ああ・・・観に行って良かった・・・shine
ノーラン監督作の中で一番好きかも。
パパぴょんは「長かった」と言ってました★(←148分)

C・ノーラン監督は、素晴らしい映画を、映画ファンにプレゼントしてくれたと思う。
彼は、ここ数年の作品を観ても『プレステージ』『ダークナイト』『インセプション』と、どんどん凄みを増している。
いったい次はどんな作品を作るのか? 
コレを越える作品を観る事ができる可能性はある。(かなりハードル高いけど!) 
次の作品を観るまで死にたくないなぁと感じさせてくれる幸せ・・・(^^;

●● 私的、気に入った度・・・・・96点(ディカプリオが太り気味で1点減点) ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

隅々まで手を抜かない職人技的な、凝ったストーリー&凝った映像が観たい人。
迫力があって重厚でかつオリジナリティーの高い、”凄い”映画に飢えてる人。
「夢の中の夢」など、多重構造になっているので、ややこしい話が嫌いな人には不向き。

| | コメント (13) | トラックバック (3)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »