« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月の11件の記事

★「悲夢」・・・82点

悲夢 [DVD] DVD 悲夢 [DVD]

「ギドクに言われりゃ何でもやりまっせ」な二人。
 その捨て身の役者根性に脱帽です(@@)
発売日:2009/08/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

キム・ギドク監督作『悲夢』(2008・韓/日本)を借りて観た。主演オダギリジョー。イ・ナヨン。

男が交通事故を起こす夢を見る。あまりにリアルなその夢に、思わず現場まで行ってみると、実際に事故が起こっている。見知らぬ女が夢遊病のようになって運転していたらしい・・・

という不思議なオープニング。
つまり男の見る夢を、女が寝ながら行動に移すワケ。

男が見る夢は、今でも愛している元カノに会いに行く夢。
そのせいで、女は夢遊病のようになって元カレに会いに行ってしまう。
(互いの元カレと元カノは現在、付き合っている。そのつながりらしい)

しかし女の側からすれば、今では憎い元カレに会いに行くなんて絶対イヤ!
そこで、二人が同時に眠らないように、交代で寝ましょうということになるが・・・

この眠いのを我慢する場面が、今作の最大の見どころ。(←ホントか?)
そりゃもうオダギリジョーがスゴイ事になってますから!Σ(゚□゚(゚□゚*)
注:今作は決してコメディではありません

『ブレス』の女優さん(パク・チア)も、ちょっとだけ出てました☆

●● 私的、気に入った度・・・・・82点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

悲しく切なく、どことなくファンタジックな作品が好きな人。

<<追記>>

そうそう、書き忘れた事が。
今作は韓国が舞台で、ほとんどの人が韓国語なわけですが、オダギリジョーだけは100%日本語での演技。そしてそれでも、あたかも彼は”韓国語を喋ってる”かのようなお約束のもとに何事も無く物語は進行していました。
きっと韓国では、オダジョーの声は韓国語に吹き替えられて上映されたんじゃ?と推測☆

(以下、ネタバレ有り。要ドラッグ)

とても興味深かった今作ですが、私には二人が愛し合うようになるとは思えませんでした(´д`) どの時点でお互い好きになったの???? そこ納得いかないな~。どうにも無理矢理っぽくて減点。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

★「ラブリーボーン」・・・81点

原作がとても良かった『ラブリー・ボーン』(2009・米/英/ニュージーランド)。試写会が当たったので観に行った。
監督ピーター・ジャクソン(『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ等)。
出演マーク・ウォルバーグ(父)、レイチェル・ワイズ(母)、シアーシャ・ローナン(スージー)、スーザン・サランドン(祖母)、ローズ・マクアイヴァー(妹リンジー)、スタンリー・トゥッチ(Mr.ハーヴィ)等。かなり期待しての鑑賞。
原作を読んだ時の記事はコチラ

わずか14歳で残忍なレイプ殺人犯の犠牲となり天国へと旅立った少女が、崩壊していく家族に魂を寄り添わせ、その再生を見守る中で自らも悲劇を乗り越えていく姿を、優しい眼差しでファンタジックかつサスペンスフルに綴る。(allcinemaより抜粋)

結論:映画が原作を超える事は滅多に無い。

スミマセン、いきなり否定的な事を言ってしまいましたが、映画だけを観れば良い出来ではあったと思います。この世とあの世の境目のビジュアルなどは”映画ならでは”のものだし、原作の世界観も壊されてはいなかったと思う。

ただ、やっぱり原作のほうが素晴らしいのです。もっと色んな事が描かれているのです。
(映画では「妹の成長」と「ママ関係」がほぼ省略されていた。まあ2時間でこれを盛り込むと散漫になる、というのは分かるけど・・・★)
スージーの事件に焦点をあわせた分、サスペンスっぽさが強い気がしました。

とか言って~。
オープニングの幼いスージーとパパのやりとりで、すでにウルウルきちゃってたんですけど(;;) あれはたしか原作には無い場面だった・・・。

スタンリー・トゥッチは『プラダを着た悪魔』のナイジェルと同一人物とは思えない役!! おばあちゃん=スーザン・サランドンはイイ味だしてました(^^)

●● 私的、気に入った度・・・・・81点(←80点に、冒頭の映画独自の場面で1ポイント+) ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

サスペンスとファンタジーと、両方好きな人。

(以下、若干ネタバレ有り。要ドラッグ)

映画では、スージーが殺される時の様子はうまく省いてある。これは万人受けするように(←PG-12とかのレイティングの関係)かな。
それと、事件担当のレン刑事(マイケル・インペリオリ)がとっても感じのいい二枚目だったのに、ママとの絡みがなくて残念~~
(↑原作では二人は情事を・・・。そんなナンダカンダもあってママが家出、という流れになっている。映画だけ見た人は「なんで突然、家出?」と思うのでは?)
ラストは、オバアチャンと天国で出会って欲しかったな~☆
それと~一番言いたい事は~・・・。
映画では、原作の”成長物語”部分がスッポリ抜け落ちてるせいで、「素敵な話だった!良かった!」感も失われたような気がする。そのせいで、誰にオススメな映画なのか、よく分からない。コレ観た人、喜ぶか?

| | コメント (24) | トラックバック (1)

「トワイライト~初恋~」・・・80点

トワイライト~初恋~ スタンダード・エディション [DVD] DVD トワイライト~初恋~ スタンダード・エディション [DVD]1764円

←キスしたいならしたいって言えよ、エドワード!

発売日:2009/09/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

すんごい観たかった『トワイライト・初恋』(2008・米)を借りて観た。
監督キャサリン・ハードウィック(『サーティーンあの頃欲しかった愛のこと』等)。
出演クリステン・スチュワート、ロバート・パティンソン。

女子高生と美少年バンパイアとの、禁断の恋のお話。

超美形バンパイアという設定のエドワード(↑ジャケ写上)。
ジャケ写では全く異論無かったのですが、本編を観るとこれが・・・
ヒロインより紅い唇に白い肌、眉毛だけはっきり黒、という一歩間違うとバカ殿なメイクで・・・かなりビミョー(´д`;) 
「美形~、彼は美形~、、、」と自分に言い聞かせながら鑑賞。

ストーリーは王道。 夢見るティーン女子なら、そりゃハマルってもんでしょう。
私は・・・「いいわ~heart04」と「うわクッサ!eyesweat01 クサ過ぎやん!!sad」の間を行ったり来たり(^^;
パパぴょんと観てなくて良かった~(ハズカシ過ぎて気ー使うっちゅーねん)

彼が「これ以上はダメだ!」と欲望を抑える描写、いいですね~(←オバ目線)
似たよう場面に『シザーハンズ』の「抱いて」「出来ない」ってのがあるけど、
アチラのエドワードが生命力の弱そうな(←人造人間だから当然か?)草食系なのに対し、
コチラのエドワードは突き上げる衝動を押さえ込むのに七転八倒して悶え苦しむ肉食系(←これもバンパイアだから当然か)。
この”美少年が苦悩・葛藤して”ってのがツボな人にとってはタマラン映画でしょう☆

えー突然ですが私、アイススケート選手権とか見るの好きです。
何故って、いい大人(イイ男)がコケる場面って、普段生活しててなかなか遭遇しないけど、スケートならジャンプ失敗して転ぶトコロがしょっちゅう見られる。
そしてすぐ立ち上がって、何事も無かったようにスカシタ表情でカッコつけて演技続行・・・。
面白いですよねー!(誰か同意して~)

続編の予告編も入ってました。
もちろん観たいですとも!! (基本的にバンパイア物は好き)
エドワードの顔にも慣れたし(爆) 素敵よぉ~(←まだ若干自分に言い聞かせモード)

●● 私的、気に入った度・・・・・80点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

ベタな”禁断の恋”物語が好きな人。
「誰にもなびかない素敵な男子が、自分だけを守ってくれる」純愛モノが大好きな夢見る夢子さん。

| | コメント (13) | トラックバック (2)

「マーターズ」・・・降参★

マーターズ [DVD] DVD マーターズ [DVD]

←で、2010年は「マーターズ」と☆
この題名は”殉教者”という意味だそうです。
発売日:2010/01/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

私はよっぽど観たいので無い限り、新作料金で借りることはアリマセン。
今まで借りた新作を思い出してみると~
2009年「愛のむきだし」、2008年「ノー・カントリー」、2007年「ホステル」 「SAW3」 「ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド」。2006年はたしか「変態村」・・・(^^;

昨年とても観に行きたかったが、単館公開でレイトショーのみ。泣く泣くあきらめた『マーターズ』(2007・仏/加)がレンタル開始になったので借りてきた。
監督パスカル・ロジェ。出演モルジャーナ・アラウィ(アンナ役)、ミレーヌ・ジャンパノイ(リュシー役)等。残酷描写でR-15。かなり期待しての鑑賞。

何者かに監禁・虐待されていた少女が、15年後その「何者か」を見つけ復讐に向かうが・・・

前半と後半では、まったく違った色合いの作品。↑に書いたあらすじは、前半のほんの触りの部分。いろんなホラーを観てきたつもりですが、これは初めて観るタイプかもしれません。

観た感想→「あ~・・・どうしよう、どうしようcoldsweats02typhoon」とワケも無くオロオロ★
血まみれ、傷痕、その他諸々。期待にたがわぬ凄い作品でございました・・・

●● 私的、気に入った度・・・・・参りました。 _ノフ○ グッタリ ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

残酷描写は平気な人。未知の世界を覗いてみたい人。凹む映画も好きな人。
あらゆる意味でチャレンジャーな人に。痛い映画です・・・

| | コメント (11) | トラックバック (3)

生まれて初めて買った洋楽アルバムは。

突然ですが、私が初めて買った洋楽のアルバム(当時はLP)はコレ↓

スーパースターはブロンドがお好き Music スーパースターはブロンドがお好き

アーティスト:ロッド・スチュワート
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
←1978年発表の9thアルバムだそうです。
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑そう、このジャケット! 当時のままだ~!!
『アイム・セクシー』って曲が大好きで、その曲のために買いに行きました♪

今になって考えると・・・
小学生が買う洋楽の一枚目がコレってどうなんだ、という気もしたりして(^^;
でも友達の家に行った時、『セイリング』のシングル(ドーナツ盤)があるの見たし☆
(↑「でも」って何?)
英語の歌詞カードをワカランなりにも見ていたので、高学年の頃かなぁ?
母も一緒によく聴いてました。

ちなみに邦楽アルバムの一枚目は、なんだったか覚えてません・・・★
ピンクレディーとかか?(初めて買ったシングルはピンクレディーだった)

みなさんが初めて買った洋楽アルバムは何でしょう? 知りたいな~(^^)
「ココで発表するのはもったいね~!」と思ったら、ご自身のブログででもぜひ取り上げてみてくださいね~♪

| | コメント (13) | トラックバック (0)

「スモーキング・ハイ」・・・79点くらい?

スモーキング・ハイ [DVD] DVD スモーキング・ハイ [DVD]

←原題は『パイナップル・エクルプレス』
 劇中のカギとなる”極上のハッパ”のブランド名(商品名)です☆
発売日:2009/12/02(廉価版)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ジェームズ・フランコ(『スパイダーマン』の金持ちのぼんぼん)が観たくて、『スモーキング・ハイ』(2008・米)を借りて観た。監督デヴィッド・ゴードン・グリーン。出演セス・ローゲン、ジェームズ・フランコ等。劇場未公開。製作にジャド・アパトーの名も。

マリファナ大好きな男が、殺人事件を目撃し、馴染みの売人と二人で逃げる!

二枚目イメージだったジェームズ・フランコが、常にゴキゲンなマリファナの売人役を、とっても楽しそうに演じてる♪ 
セス・ローゲンのマジメな慌てっぷりとのバランスも丁度いい(^^)v

書いててラストが思い出せない・・・★(実は観たのは約一ヶ月前)
途中までは結構面白かったんだけど・・・寝たのか、私?

●● 私的、気に入った度・・・・・79点にしときます ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

ユルい目のコメディが好きな人。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

「コドモのコドモ」・・・77点

 コドモのコドモ コドモのコドモ
←映画として見てる分には面白かったけど・・・
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)で詳細を確認する

気になっていた『コドモのコドモ』(2008・日本)を借りて観た。監督:萩生田宏治。出演:甘利はるな、麻生久美子、宮崎美子など。さそうあきらの同名コミックの映画化。

意味もわからずした同級生との”くっつけっこ”。それが原因で妊娠してしまった小学5年生の女の子が、子供達だけの力で出産に挑む・・・

衝撃的な設定を通して、命の尊さや性教育の是非、そして仲間を思いやり、自分たちで奇跡を成し遂げる子どもたちの力強い姿を真摯な眼差しで綴る。(allcinemaより抜粋)

仲間達の助け合い・命の尊さを描いてるのが素晴らしいのは分かるんですが・・・
これがもし自分チの子供の話だとしたら?

ジョーダンジャネ━━Σ(゚д゚;)━━!!
イイ話的に爽やかにまとめてあるところがオゾロジイです(--;

ちなみに”くっつけっこ”の具体的描写はありませんので、そこ期待しないように。

●● 私的、気に入った度・・・・・77点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

小学生が主人公の心温まる映画が観たい人。異色の設定ですが☆

| | コメント (3) | トラックバック (0)

布袋寅泰「MODERN TIMES ROCK'N'ROLL」

年末の事なんですが。
「パパぴょんへのプレゼント」と言う口実でCDを買いました。↓

MODERN TIMES ROCK’N’ROLL 【CD】 Music MODERN TIMES ROCK’N’ROLL 【CD】

アーティスト:布袋寅泰
販売元:EMIミュージックジャパン
発売日:2009/12/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する←試聴も可♪

オリジナルではなく洋楽のカバー集。収録曲は・・・

1. BORN TO BE WILD 
2. テレグラム・サム
3. ジョニー・B.グッド
4. ハートブレイクホテル
5. すべての若き野郎ども
6. BACK IN THE U.S.S.R.
7. ALL DAY AND ALL OF THE NIGHT(←ドアーズの「ハロー、アイラブユー」に激似)
8. フランケンシュタイン
9. LOVE IS THE DRUG
10.THE MODEL
11.SWEET DREAMS(ARE MADE OF THIS)
12.悪魔を憐れむ歌
13.SAILING
14.SUGAR BABY LOVE(NEW EDIT VERSION) ※BONUS TRACK

ロックンロールのスタンダードとも言える名曲揃い。(と言いつつ5~9は初めて聴いた★)

これね~、CDショップの試聴コーナーにあったんで試聴したんですが、始まった瞬間に「おおshine!これはイイ!notesshine」(私はショップで試聴すると、こう思う傾向が強い。音質がいいのかなぁ?)。
クラフトワークの『MODEL』が入ってるのが決め手になって、パパぴょん(クラフトワーク好き)に~と購入決定。←実は自分が欲しかったから。

パパぴょんに聴いてもらうと、それほど嬉しくない様子。
「いいやろ?好きやったやんなぁ?」(←すでに押し付け)と尋ねると
「昔は好きやったけど・・・。今はそれほどでも。」

ガァーーン (lll゚Д゚)
私への愛も、もう”それほどでも”なのね・・・

でもま、私はとても気に入ったので、毎朝聴いてます。
そしたら「コレもう飽きた!」とダメ出しが★ ガーンガーン(lll゚Д゚)
確かに、しつこい程の繰り返しなど、耳障りな部分もあるのですが(好きな人、スミマセン)

CDにツアーとやると書いてたので「行きたいな~行こうよ~」と誘っても「そんなに観たいか~??gawk
ああ、観たいよ!★ 結局一人で行く事に(--;

1月31日 ZEPP大阪 17:00開演。
誰か一緒に行きましょ~♪ (一人でも行くけど)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

「レイトン教授と永遠の歌姫」・・・多分面白かった☆

THE ETERNAL DIVA~「映画 レイトン教授と永遠の歌姫」オリジナルテーマ曲集 Music THE ETERNAL DIVA~「映画 レイトン教授と永遠の歌姫」オリジナルテーマ曲集

アーティスト:ジェニス・カトレーン(水樹奈々),水樹奈々
販売元:ポニーキャニオン
発売日:2009/12/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

子供がどうしても観たいというので、『レイトン教授と永遠の歌姫』(2009・日本)を観に行った。監督:橋本昌和。声の出演:大泉洋、堀北真希、水樹奈々、渡辺篤郎など。人気ゲームソフトシリーズ(DS)の劇場版アニメ。

英国紳士レイトン教授とルーク少年の、初の謎解きの冒険を描く。

子供向けでしょ~と思ってたら、結構しっかり作ってあって、意外にも入り組んだストーリーだった。
「あら、面白いやん」と思いつつ途中で寝てしまい、起きた時には何がナンダカ(@@)

上映終了後、子供の第一声が「面白かった!(^^)」。
ああ、カアサンはそれだけで報われたよ・・・(;;)

そして帰り道、どういうストーリーだったのか教えてもらい、フンフンそうだったのか~と。
負うた子に教えられ、とはこの事か。(←ちょっと違う)
以前『ゲド戦記』(2006・日本)を観に行った時には(その時も寝ちゃった)、「どんな話だった?」と聞いてもさっぱり要領を得ない答えしか返ってこなかった。
それを思うと、「着実に成長してるんだなぁ~」と嬉しくなった私であった。

●● 私的、気に入った度・・・・・ハッキリとは言えないけど、面白かったハズ(^^; ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

冒険推理モノが好きな人。
『ベルヴィル・ランデブー』のような茶色を基調とした絵柄が好きな人。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「容疑者Xの献身」・・・80点

容疑者Xの献身 スタンダード・エディション [DVD] DVD 容疑者Xの献身 スタンダード・エディション [DVD]

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2009/03/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

年末にTV放映していた『容疑者Xの献身』(2008・日本)を観た。監督:西谷弘。出演:福山雅治、堤真一、松雪泰子など。

東野圭吾の『ガリレオ』シリーズ初の長編にして直木賞受賞の傑作感動ミステリー『容疑者Xの献身』を、大ヒットTVシリーズ「ガリレオ」のスタッフ・キャストで映画化。冴えない人生を送る天才数学者が無償の愛に衝き動かされて仕組んだ究極のトリックに、天才物理学者・湯川学が挑むスリリングな頭脳戦を、ドラマ版のテイストを残しつつも原作の持つ人間ドラマに重きを置いた丁寧な筆致で描いてゆく。(allcinemaより抜粋)

ドラマのガリレオは見てませんでした。この映画放映日の前日にやってたスペシャルドラマも、チラ見したけどイマイチだったので、この映画もあまり期待せずに鑑賞。

そしたら冒頭の実験でバーンと掴みはオッケー。わースゴイ!
で、すんなりストーリーに入っていけましたが・・・

暗い。 暗いね、この映画。哀しすぎるよ。
お正月特別番組、ではなく暮れに放映されたのも頷ける(--

何が暗いって、天才数学者・石神が暗い☆ 
登場した時から暗い。何しても暗い。どうしたって暗い。最後まで暗い。

そして誰も救われない。
凹みーズとしては「ご馳走様でした」と手を合わせたくなるような話でございました★

これって大ヒットしたんだよね・・・

●● 私的、気に入った度・・・・・80点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

謎解き・推理サスペンスが好きな人。暗く哀しい話でもドンと来いな人。

| | コメント (9) | トラックバック (1)

「ウォッチメン」・・・81点

ウォッチメン スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD] DVD ウォッチメン スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

読んでくれてる皆様、あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします~\(^^)/

発売日:2009/09/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

新年一発目の記事を何にするか迷ったんですが。あんまりエグイのにするのもアレなので、微妙に『ウォッチメン』(2009・米)を取り上げてみました。
監督ザック・スナイダー(『300』)。出演ジャッキー・アール・ヘイリー(ロールシャッハ役)等。色々強烈でR-15

80年代後半に発表されたアメリカの人気グラフィック・ノベルを驚異のビジュアルで実写映画化したヒーロー・ミステリー。
世界中で起きた歴史的事件の陰で<監視者>として活動し、“ウォッチメン”と呼ばれたスーパーヒーローたちが存在していたもうひとつのアメリカを舞台に、彼らが次々と何者かに命を狙われていくという謎の行方を、彼らの活躍の歴史と心の葛藤を織り交ぜながらスタイリッシュかつダークな世界観で壮大に描き出す。(allcinemaより抜粋)

これ観た人の感想って、割と好き嫌いが別れてましたよね。私はアリでした♪

でも。これってコメディ、なのかな・・・ コメディ、だよね・・・(誰か同意して~)
”ダーク・ミステリー”の皮をかぶったコメディ、のように私には思えました(^^;

いやしかし、ロールシャッハ氏(←微妙に小男)はハードボイルドでカッコよかった!!
ジャッキー・アール・ヘイリー、性犯罪者役で復活した『リトル・チルドレン』を観て卒倒しそうになったけど、この『ウォッチメン』では素直に復活を喜べます~☆(乙女心・・・coldsweats01

「たとえ世界を滅ぼす事になろうとも、信念は曲げない!」
名セリフだなぁ~(と言いつつウロ覚え)
私、マンガ『北斗の拳』のラオウの最後のセリフ「わが生涯に一片の悔い無し!」ってセリフが大好きなんですけど、それにちょっと似てる気がしました♪

●● 私的、気に入った度・・・・・81点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

ちょっと捻ったヒーロー物が観たい人。(話は暗い)
ダークでスタイリッシュな世界観(SF寄り)の映像美が好きな人。

トンデモ映画が好きな人にも☆

| | コメント (17) | トラックバック (3)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »