« 8話完結ドラマ「キル・ポイント」 | トップページ | 「愛のむきだし」・・・87点 »

一行感想パート10。(『潜水服は蝶の夢を見る』『題名のない子守唄』『黒の怨』『悪魔の沼』『永遠のこどもたち』『悪女』)

今日の記事は、最近鑑賞した順番に並べてみました。

『潜水服は蝶の夢を見る』 
(2007・仏/米) 監督ジュリアン・シュナーベル。

潜水服は蝶の夢を見る 特別版【初回限定生産】 [DVD]

ELLE編集長が病気で倒れ、左眼以外は動かせない全身マヒ状態に。
それでも左眼の瞬きだけで自伝を綴った、感動の実話を映画化。

・・・むかーし、TVの二時間ドラマで似たような話を観た。話せない&動けない老婦人が殺人を目撃し、「あいうえお表」を指差していったものを瞬きで指す、というもの。(←最後はイイ話でした)
なので「なんか似たような話だな・・・」と、イマイチ感動できず。

・『題名のない子守唄』 
(2006・伊) 監督ジュゼッペ・トルナトーレ。性描写でR-15。

題名のない子守唄 [DVD]

昔、奴隷(性的なヤツ)として働かされていた女性が、ある家庭にお手伝いとして入り込む。果たして彼女の目的は・・・

・・・そもそも、なぜそんな奴隷みたいな事に?

予想以上に重いストーリー。そして↑の疑問も解決されないまま終わっちゃったorz でも最後に希望的な光が見えたのが救いか?

・『黒の怨(うらみ)』
(2003・米) 監督ジョナサン・リーベスマン。
(↑新人監督。にしても腰低すぎ! インタビューで「こんな自分の力量以上の仕事を」と何度も言っていた)

黒の怨 コレクターズ・エディション [DVD]

最後の乳歯が抜けた夜、歯の妖精がやってくる。でも決して暗闇でその姿を見てはいけない。死にたくなければね・・・

これ面白~い(^^)私の中では久々のヒットなホラー映画♪
ちょっとクラシカルな所とか、ツッコミ所が満載なトコとか、面白く無さそうな手抜きっぽい題名なのに中身は結構オシャレなトコとか。
そんな所が『TATARI』(←大好きー!)に似てるような気がしました☆

そこでキス! そこでキスだろ!! と鑑賞しながら身悶え^^;  
あの場面が個人的にツボ~(≧▽≦)

・『悪魔の沼』
(1976・米) 監督トビー・フーパー。

悪魔の沼 特別価格版 [DVD]

人里はなれたモーテルの横の沼(池?)には、ワニがたくさんいて・・・

トビー・フ-パーが、デビュー作『悪魔のいけにえ』の次に撮った作品なので興味のあった一本。
ホラー映画の教科書のような、ストレートな作り。でも退屈かと言えばそんなことはなく、今見ても面白い。
登場人物の変な人率はかなり高い☆
無軌道な若者役で、なんとロバート・イングランド@フレディ・クルーガーが出ていた! 若い~! これが彼の初ホラー作品だそう。

・『永遠のこどもたち』
(2007・スペイン/メキシコ) 監督J・A・バヨナ。

 Movie/永遠のこどもたち デラックス版

ギレルモ・デル・トロ製作のスパニッシュ・ホラー。子供が空想のともだちと遊び始めて、しまいにゃ行方不明に・・・

要するに・・・すべての出来事は自業自得、因果は巡る、ってことなのか?

・『悪女』
(2004・米/英) 監督ミーラー・ナーイル。劇場未公開。

 悪女 <初回限定生産>

19世紀のイギリスを舞台に、孤児となったヒロインが美貌と知略を巧みに駆使して憧れの上流社会へのし上がっていく、サッカレーの「虚栄の市」を映画化した文芸ドラマ。(allcinemaより抜粋)

ジャケ写のリース・ウィザースプーンがすごくキレイだったので借りてみた。でもリースはやっぱリースだった(これ以上は言うまい)。

ストーリーはともかく、全体的に映像(衣装や色彩など)がキレイだったので意外と好き。 監督はインド人女性だそう。
ジョナサン・リース・マイヤーズガブリエル・バーンも出てました。

|

« 8話完結ドラマ「キル・ポイント」 | トップページ | 「愛のむきだし」・・・87点 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

わさぴょんさん、こんにちは!
相変わらず色々と観てますねー。
今回も潜水服以外は知らない作品ばかりでした。
しかもちょっと変わったホラー系が多いのがわさぴょんさんらしいと
妙に感心。
前の記事のジグソウの絵、最高ですね。(笑)

投稿: CD | 2009年8月 5日 (水) 14時15分

こんにちは!
さすが「旧作をねらえ」で、いろんな年代のものがありますね。

「永遠のこどもたち」はギレルモ・デル・トロ製作って事なので
興味があったけど、ホラーはどうなのかな。
わさぴょんさんもほどほどの評価のような。


私が観たのは、「潜水服・・・」のみです。
瞬きで示すのは、もっと効率良く出来る方法を
考えたほうがいいよね~
似たような話って、やっぱりああいう方法を使うからでしょうね。
こちらは想像の世界の映像がきれいでした。

投稿: YAN | 2009年8月 5日 (水) 17時28分

「黒の怨」めちゃ気になるやん!!
何??ホラーでキスなんか???

100円のうちにレンタルしなければなりませーん

「リースはやっぱりリースだった」ってのもわかる気がします(爆)
なんだか、あの時代物にリースの顔ってどーなの?

「永遠のこどもたち」は久々に私的にヒットでした

投稿: 雨里 | 2009年8月 5日 (水) 20時32分

『黒の怨』は劇場で観ました。
しかも初日に。
先着プレゼントの懐中電灯まで貰っちゃったもんね~。
と、以上どうでもいい自慢でした。
私もこの映画好きです。
途中からルールが曖昧になって「歯の妖精ずるいよ~」と思いましたが。

あと『永遠のこどもたち』も観ました(こちらはレンタルで)。
これもかなり好きでした。
つーかホラーしか観ていないという・・・。

投稿: セス | 2009年8月 6日 (木) 00時58分

★CDさんへ------------------------------★

CDさんの観た『チェンジリング』私も早く観たいです~
今回観たのはホラーが多目ですね。やっぱ夏だし^^;
『題名のない子守唄』は『ニュー・シネマ・パラダイス』の
ジュゼッペ・トルナトーレ監督の最新作なので
重い中にも人間の生きるチカラ(生命力?)みたいなものを感じました。
ジグゾウの絵は~、自分的には不満ですが^^;
でも観てると書きたくなる顔です! あの口元がねぇ!

★YANさんへ------------------------------★

よく使う文字から言うのは、仏語だと効率よかったのかなぁ?
日本語なら携帯みたいに「あ・か・さ・た・な」と行を選んで
次にその行の母音を選ぶという手法にした方が、
最高6文字で一つ選べるから早いような気がするな~。
確かに想像の世界の映像は、詩的で美しかったですね^^

★雨里さんへ------------------------------★

雨里さんのお近くにもGEOありますか!
じゃあ100円のうちにぜひぜひ^^
ホラーでキスなシチュエーションは、
主人公と一緒に逃げる女の人が、ってまあ良くあるパターンですよ☆

リースは決して不美人ではないんだけど、ジャケ写があまりに美しすぎて(と弁解)
でも現代的な顔(?)だから、逆にその違和感が面白かったり^^
『永遠のこどもたち』は~
『デビルズ・バックボーン』みたいなスゴイのを期待してたんで
ちょっと期待しすぎたかな~と。
でも好きか嫌いかと言われれば、キライじゃないですよ♪

★セスさんへ------------------------------★

先着プレゼントが懐中電灯でしたか! ベタやわ~
>途中からルールが曖昧になって「歯の妖精ずるいよ~」
そうそう!
見なきゃいいんならずっと目をつぶってればいいはずなのに?とか
今ちょっと明るいトコ通ってきたよ?とか^^;
まあソコは勢いで突き抜けちゃってましたね☆
『永遠のこどもたち』は、お父さんの存在が薄いのが気になりました(--;
血がつながっていてもいなくても、父親はその程度の扱い・・・?

投稿: わさぴょん | 2009年8月 6日 (木) 08時40分

さすが、わさぴょんさんはホラーをたくさん観てますねhappy01
「潜水服~」はうちの近所のゲオにないんです。。使えない~(ノ∀`)
今回のレビューで一番観れそうだなって思ったホラーは
「黒の怨」かなぁ。歯の妖精って一体??かなり気になります!
ゲオが100円のうちに行かないと~^^;

投稿: アイノワ | 2009年8月 6日 (木) 18時57分

★アイノワさんへ------------------------------★

そういえば『潜水服は~』はツタヤで借りました☆
流通ルートが違うんでしょうかねぇ?
歯の妖精は~
はっきり言って「怖いオバアチャン」ですけど^^;
(↑でもそんな年齢じゃ無い筈★)

GEOで100円は8月末まで。行かなきゃ~!

投稿: わさぴょん | 2009年8月 6日 (木) 19時42分

わさぴょんさん こんばんは~
GEOもTSUTAYAも車で5分圏内にありますよー

TSUTAYAにはなかったわー「黒の怨」
こちらはTSUTAYAも旧作(準新作除く)は全部100円ですの
期間限定の期間はいつまでかわかんないけど・・・

デビルズ・バックボーンたまたまレンタルしてましたー
あぁ、これより「永遠の~」の方が私は好きかも
スペインって結構最近まで、内戦があった国で
やはり戦争とか貧困とか孤児って話題が私たちにはもう遠い昔だし、知らないから
ある意味空想の世界だけど、身近なんだな~って
つくづく感じたんです

そのうちレビュあげます・・・そのうち

投稿: 雨里 | 2009年8月 6日 (木) 20時44分

こんばんは~!

いやいや。。わさぴょんちゃんの好きそうなジャンル目白押しですね^^私は「潜水服~」と「闇夜の子供たち」だけですね~^^;
潜水服のあの妄想加減は、さすがに芸術家らしい想像力だなと
変に感心させられたし、闇夜の~は、確かに母親としての責任感みたいなものは感じたけれど、結局は自分が撒いた種だもんね~・・。自分で刈り取らねばならないし・・
そう言われれば、ギレルモだな~と思うけど、言われなきゃ、
気付きにくい作品だったよね~。

それと関係ない話だけど、
この間、拍手コメありがとうね~^^
全く気付かずにいたのですっ。。(><)
余り拍手コメの方へは、コメントいただいた事がないもんで^^;
ホント、ごめんね~(>人<)

投稿: ぴーち | 2009年8月 6日 (木) 21時23分

あ”--!
間違えた!
訂正、「闇夜」→「永遠の」でしたっ!
重ね重ね、すみませんです(汗

投稿: ぴーち | 2009年8月 6日 (木) 21時26分

★雨里さんへ------------------------------★

なんと『デビルズ~』もレンタルしてましたか! 偶然~♪
私は『デ~』のおっちゃんのラブにやられましたねぇ c(>ω<)ゞ
脇の下から突かれる痛そうな描写も良かったし☆
まあ好き好きもあるし、見た順番ってのもあるかも?
『永遠の~』の方が現代だし、身近な感じはしますね。

なんとそちらはツタヤも旧作100円ですか!!羨ますぃ~!

★ぴーちさんへ------------------------------★

ぴーちさんは「闇夜の」という言葉が好きなんでしょうか^^;
『潜水服~』の想像の世界は、
オオゲサな描写ではないのに生きる喜びにあふれていて、素晴らしかったと思います♪
『永遠の~』はそう!それ!
すごく残酷な事が起こるけど、結局自分のまいた種だったんですよね~
結局誰が一番かわいそう? 最初の子と最後の子(息子)?
あの子達は罪は無いよね・・・

拍手コメは最近時々他の方のところでも書くようになったんですが
そうか、気付いてない場合もあるのか・・・★
なんとなく「お返事を書いてもらうほどのコメじゃないし」って場合に
ちょこっと一言書くのが多いんで
まあ気付かなくても問題ないですよ^^;

投稿: わさぴょん | 2009年8月 7日 (金) 07時12分

こんばんは~。
へへ、コメ置き忘れてましたね。
「黒の怨」「悪女」以外は、観てます。黒の怨、気になってます。歯の妖精のなんたら~っていうのをどっかで読んだ記憶が…。これかな?悪女も、コスもんだし、興味あるんですが、リースだしなーって思ってたのよ。やっぱしリースなのね。
潜水服は~は、最初の方ちょびっと眠くてぇ、まばたきで本は凄い労力だなぁと…。まぁ感動。
題名のない~は、重かったのは覚えてるんですが、まだらに途中が思い出せない。エンディングはうっとなった記憶があります。似たような題名の映画と混同してて、あ~~~あれ!となった私です。
なんか彼女のことは、よくわからん人だったよね。
悪魔の沼は、記事書き忘れたまんまだわ。わに映画ね。けったいな人ばっかでしたねぇ。なんかチープな色合いが好き♪
永遠の~は、いじめてたのかどうか?あの子も一緒にいることを考えると、どうなんでしょう?江原さん的にいくとしあわせそうなんでいいんじゃないかと解釈(爆)
サスペンス要素強めのオカルトが、かなり私的ヒットしました。

投稿: ちゃぴちゃぴ | 2009年8月 8日 (土) 00時30分

「潜水~」(「服」まで書けー!笑)、2時間ドラマで、そんな先駆けを! 負けた…。
_| ̄|○

投稿: ボー | 2009年8月 8日 (土) 08時57分

★ちゃぴちゃぴさんへ------------------------------★

「歯の妖精なんたら~」って記事は、
多分この『黒の怨』のことなんじゃないかな♪
他にそういう作品って多分ないし。
驚くような目新しさじゃないんだけど、地道に好きです^^

『題名の無い~』は
彼女はどうやってあそこから逃げ出せたんだろうねぇ?
(トシいくと解放されるのか?)
他の女性達はまだああいう目にあってるのか?
など、その辺はほったらかしでしたね・・(知りたい~)
『悪魔の沼』
ちゃぴちゃぴさんは観てるはずだと思ってました☆
記事まってま~す♪

★ボーさんへ------------------------------★

そうなんですよ。
火サスとか、土ワイとか、その辺の番組なんですけど。
私が子供の頃に観たので、もうウン十年前です・・・
ラスト、身寄りのなくなったオバアチャンが、文字伝えの手伝いしてた人に
「私と一緒に暮らしませんか?」と言われて
涙ながらに瞬きする感動の場面をハッキリ覚えてます♪

投稿: わさぴょん | 2009年8月 8日 (土) 11時17分

きょううさぴょんが場面も目撃したよ♪
でも、クリストファーは潜水したよ♪

投稿: BlogPetのうさぴょん | 2009年8月 8日 (土) 14時10分

やっと夏休み!ちょっとは見れるかな?溜まってるDVDが…って感じです。
題名のない子守唄は結局は謎は?ですが…自分のレビューを見て何が言いたいのか?と思ってしまってビックリした(笑)
他はほぼ見てますが「悪女」とっても気になります。

投稿: 夢眠 | 2009年8月 8日 (土) 16時43分

★夢眠さんへ------------------------------★

夏休みですか! いいなぁ~ 私は特に夏休みってないんです・・・
子供が何日か実家に泊まりに行ってるから
その間が私の夏休みといえるかも^^;
>他はほぼ見てますが
えっ夢眠さん、『悪魔の沼』も?!(←そこは多分無い)
『悪女』は~ストーリーは今ひとつアレなんですが☆
コスプレモノで目に美しいです^^

投稿: わさぴょん | 2009年8月 9日 (日) 15時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/292785/30831005

この記事へのトラックバック一覧です: 一行感想パート10。(『潜水服は蝶の夢を見る』『題名のない子守唄』『黒の怨』『悪魔の沼』『永遠のこどもたち』『悪女』):

» 「潜水服は蝶の夢を見る」 [或る日の出来事]
素晴らしい映画だった。早くも今年のマイ・ベスト候補は間違いない。 原題は「潜水服と蝶」だが、日本語タイトルも悪くない。映画ファンなら... [続きを読む]

受信: 2009年8月 8日 (土) 08時48分

» 「題名のない子守唄」 [或る日の出来事]
ひとりの女が、ある家に家政婦として入り込む。彼女の目的は何なのか。ときどき挿入される、忌まわしい過去の場面が関係しているのか。 謎が... [続きを読む]

受信: 2009年8月 8日 (土) 08時50分

» 「永遠のこどもたち」 [或る日の出来事]
んん…あんまりピンとこなかったなあ。 ギレルモ・デル・トロが製作にまわった映画で、彼の好みっぽいホラーミステリー調に、母の愛などもあ... [続きを読む]

受信: 2009年8月 8日 (土) 08時51分

« 8話完結ドラマ「キル・ポイント」 | トップページ | 「愛のむきだし」・・・87点 »