« 浴衣生地で座布団カバー。 | トップページ | 「レスラー」・・・88~90点 »

予約して狙え!in 図書館(「東京島」「うまれてきたんだよ」「よつばと!」)

皆様ご無沙汰しております☆ おかげ様で元気です(´ω`)ノ ドモ

観たDVDがたまりすぎて、書く気になれません・・・(´д`)
そこで今日は、最近読んで印象に残った本の感想などを。

東京島 Book 東京島

著者:桐野 夏生
販売元:新潮社
発売日:2008年5月
Amazon.co.jpで詳細を確認する

読んだ方も多いかと思われる、桐野夏生(『OUT』など)の長編。
図書館で予約して(大人気のため何百人か待ち)、一年待ってやっと読めました(涙)。

無人島にたどり着いた32人の男女(女はなんと一人だけ!)が繰り広げる、極限のサバイバル・ドラマ。もうそう聞いただけで面白そうでしょ? そんな題材を桐野夏生が、人間の暗部をえぐりだすように鋭く描いてくれてます。すんごく面白くて、二日で読破。(ホントは一日で読んでしまいたかったけど、もったいないから二日に分けた)

--------------------------------------------------

うまれてきたんだよ (エルくらぶ) Book うまれてきたんだよ (エルくらぶ)

著者:内田 麟太郎・文,味戸 ケイコ・絵
販売元:解放出版社
発売日:2008年10月
Amazon.co.jpで詳細を確認する

こちらは半年待ちくらいで読めました。到底、子供向けとはいえない、異色の絵本

「ぼく うまれたんだって。」で始まり、ページをめくると
「さんねんで しんだんだって。」
「いつも なぐられていたんだって。」

ああ、なんてこった・・・(lll゚Д゚)
つまり虐待されて命を落とした子が、生きていた時を回想するモノローグという形になっています。
これは凹む・・・。
あまりの衝撃に、思わず何度も繰り返し読んでしまいました。

--------------------------------------------------

え~凹んだところで、楽しいのを一つ^^;

よつばと! 8 (電撃コミックス) Book よつばと! 8 (電撃コミックス)

著者:あずま きよひこ
販売元:アスキー・メディアワークス

←翻訳家の「とーちゃん」と二人暮らし。理由は今のところ謎。
Amazon.co.jpで詳細を確認する

最近、我が家で大人気のマンガと言えば、この『よつばと!』。
よつばという5歳くらい?の天真爛漫&天然な子供が、とにかくとても面白い。
何をやっても楽しんでしまうよつばの姿をみていると、こちらまで元気になるような^^
私も読んでて、つい声を出して笑ってしまいます♪♪ 

これも図書館で借りて読んだんだけど、全巻買って手元に置いておきたいな~♪

|

« 浴衣生地で座布団カバー。 | トップページ | 「レスラー」・・・88~90点 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

わさぴょんさん、待ってましたよ~お元気そうでよかった★

桐野夏生は好きな作家ですが「東京島」は未読です。
桐野さんらしい人間をエグッた部分、読んでみたいわ~
「IN」という本が出ているのを最近知りました。
「OUT」に対しての「IN」なのかな?これも興味あり。

それから「うまれてきたんだよ」は私も偶然に
本屋さんで表紙に惹かれて手にし、
チラッと最初のほうを読んだら、泣きそうになったので、
これはいかんと本を閉じました。
生まれたからには誰もが平等に生きる権利があるのにね・・・

投稿: YAN | 2009年6月18日 (木) 13時56分

みたDVDがたまりすぎて書けない
よーくわかる
私、遅れても今回がんばってる!!(なに?自慢?)
でもね、書くとなったら一日仕事なわけよ
書いてる間に観たいって思うわけよ
で、書く事に意味あるのか??とか思うわけよ

まぁ書きたい時に書くってことでいいんじゃないかと思います(支離滅裂)

生まれてきたんだよ・・気になる

投稿: 雨里 | 2009年6月18日 (木) 17時01分

★YANさんへ------------------------------★

YANさんも桐野夏生お好きですか~^^
グイグイ引きこまれちゃいますよね~ 今作もゼヒ!
「IN」なんてのがあるんですか?! それ気になるなー!

「うまれてきたんだよ」は強烈ですよね・・・
ページをめくるほどそりゃもう・・・
最後の方にコチラを見つめてる絵が出てくるんですが
それが正に「その瞳に射抜かれる」って感じで・・・
クギ付けになってしまいました。

ちなみに子供は表紙を見せただけで「イヤ~~ッ!!」と逃げていきました・・・

★雨里さんへ------------------------------★

おお、雨里さんちにお邪魔してる間に、雨里さんがご訪問だ!
なんだか嬉しひ~^^

>でもね、書くとなったら一日仕事なわけよ
>書いてる間に観たいって思うわけよ
>で、書く事に意味あるのか??とか思うわけよ

そう!! まさにソレなんですよ!!
考えてもしゃーないんだけど
「書きたい欲求」の波が来るのを待つしかなさそう★

「うまれてきたんだよ」書店で見かけたら、手にとってみてくださいませ・・・

投稿: わさぴょん | 2009年6月18日 (木) 17時33分

わさぴょんさん、こんにちは!
久しぶりですね。と言ってもやっぱり私よりは早く再開しましたね。それに刺激されてか私も久しぶりに更新しました。(でも、映画でも本でもないです)
桐野夏生はOUTしか読んでませんが、なかなか強烈な話で面白かったです。今作は設定からしてそそられますね。
うまれてきたんだよはすごく気になるけど、ちょっと読みたくないです。わさぴょんさんの紹介だけで、凄い悲しみと憤りを感じてしまいました。
で、その後にほのぼの系を持ってくるあたり、わさぴょんさんの気遣いを感じますね。いい感じだと思います。

雨里さんの書いてることもすごく共感しました。

投稿: CD | 2009年6月18日 (木) 18時38分

★CDさんへ------------------------------★

こんにちわ~♪ CDさんより先に更新してしまいましたか☆
(しまいましたかってのも変だけど^^;)

そういえば私も「OUT」しか読んだ事無いんだった・・・
他のも読んでみたいと思いつつ、なかなか時間がねぇ~☆
ちなみに今読んでるのは「こんな一言で子供のやる気は育つ」って本。
自分が普段子供に言ってるのは「悪い例」の言い方ばかりで
また違う意味で凹みまくりですよ・・・_| ̄|○
「よつばと!」はいいですよぅ! ご家族でゼヒ♪

そう、雨里さんのコメ、正にそのとおりなんですよね~!
ブログを始めたばかりの頃、私もそれに関してチラッと書いたんですが
ブログを書くために映画を観る時間が無くなるのは
本末転倒な気がするんです・・。


投稿: わさぴょん | 2009年6月18日 (木) 19時36分

わさぴょんさんも更新がお久しぶりになってたんですね^^;私は今日久々に自分のブログを開きましたよhappy02
「東京島」は傑作ですよね~!!桐野夏生の書く女性はいつも独特な性格でいつもたくましすぎで面白い♪
「うまれてきたんだよ」は絵からして子供が逃げちゃいそうな絵本ですね。でもちょっと読んでみたいです☆
「よつばと」は初耳でしたが元気が出そうでいいですね~!

投稿: アイノワ | 2009年6月19日 (金) 11時49分

★アイノワんへ------------------------------★

おお~アイノワさんもお元気ですか~^^
『東京島』やっと私のところへまわってきました☆

そうそう、たくましすぎる程ってくらい、たくましいんですよね!
そんなところが嫌いな人もいるかもしれませんが^^;
私は好きです♪

『うまれてきたんだよ』は・・やめた方がいいかも・・・

『よつばと!』は、アイノワさん絶対気に入りますよぅ!
笑えることウケアイです♪

投稿: わさぴょん | 2009年6月19日 (金) 20時01分

ご存知ないとおもひますが、我が家にも、桐野夏生さんの本の感想があります。
がつんと面白いのが多いので、読み逃せません。中毒性ありです。とか言っちゃってー。全部は読んでませんよ。
これ、読みたいなー。予約したら、いつ読めるだろう?

投稿: ボー | 2009年6月19日 (金) 23時49分

★ボーさんへ------------------------------★

普段は蓋をしている内面を、遠慮なく暴いてくれちゃうので
すんごく面白いですよね~!
この本は現時点で最新作になるのかな?
でも発売から一年経ってるので
今からだと、きっとスグまわってくると思います♪
地域性もあるみたいなので一概には言えませんが。(コチラでは何百人待ちでも、隣の市だと予約なしで読めたりする場合がある)

投稿: わさぴょん | 2009年6月20日 (土) 08時29分

「うまれてきたんだよ」、
やっぱりかなり気になりますねー。
一見子供向けっぽい、童話的なものに
シビアな現実を突きつけられると衝撃を受けますねー。
 
漫画は、確か僕の弟がこの作家を好きだった気がします。
萌え系?の絵に拒否反応を起こしていた僕は、
一度も本を開くことがありませんでした・・・
 
しかし、最近の図書館はいろいろありますねー。
活用せねばもったいないなー。

投稿: べえし | 2009年6月20日 (土) 18時35分

★べえしさんへ------------------------------★

「うまれて~」は、この先もずっと私の記憶から消えないであろう一冊です。
文章はとても少なく、1,2分で読み終わるような本なんですが
その衝撃というかカワイソ加減は計り知れません。

「よつばと!」はそれほど萌え系じゃないと思いますが・・・
どちらかというとサッパリ系かな~と。
この作家さんはこれしか知りませんが、大好きになりました^^

図書館はタダですよ! 活用しなきゃ勿体無いですよぅ!
CDやらビデオやらも借りられるんですから!(本数は少ないけど)
でも「世間で話題のアレが今すぐ読みたい!」とか
「返しに行くのが面倒」って人には不向きかも★

投稿: わさぴょん | 2009年6月20日 (土) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/292785/30155264

この記事へのトラックバック一覧です: 予約して狙え!in 図書館(「東京島」「うまれてきたんだよ」「よつばと!」):

« 浴衣生地で座布団カバー。 | トップページ | 「レスラー」・・・88~90点 »