« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月の5件の記事

「スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー」・・・一見の価値あり♪

スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー デラックス版(DVD) スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー デラックス版(DVD)
唯一無二の建築家、フランク・ゲーリーのドキュメンタリー。
デニス・ホッパージュリアン・シュナーベルのインタビューもあり。
ハピネット・オンライン Yahoo!店で詳細を確認する

2年程前か?チラシを見かけてから気になっていた『スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー』(2005・独/米)が、いつのまにかDVD発売されてた^^;(しかもとっくに旧作になってたみたい★) 
監督シドニー・ポラック(『追憶』『トッツィー』等)。

冒頭、ぐにゃぐにゃした殴り書きみたいなスケッチが映る。
ナンダコレ?と思ってたらそれが見事に物体化して大きな建物に!
これがフランク・ゲーリーか!!と一気に引き込まれる。

彼は建築家というより芸術家、という気がした。一つ一つがアート作品。建築物のアーティスト、と言ったほうがピッタリくる。「若い頃は建築家のなかでは浮いた存在で、芸術家達と仲良くしていた」と言っていたが、そりゃそうだろうなぁと思う。

監督のシドニー・ポラックはフランク・ゲーリーと長年の親友同志らしく、デザインを考えている時でさえ終始リラックスした様子で撮られている。年取った二人の友情が端々から感じられて素敵。

でも84分の間、ちょっとメリハリがなくウトウト(;´Д`A ```
デニス・ホッパー(家の建築をF・ゲーリーに頼んだそう)が出てきたトコで、しばらく目が醒めたけど☆

●● 私的、気に入った度・・・・・ウトウトが入ったので採点は自粛 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

変わったデザインが好きな人。
途中、模型をいじくりながら「ほら、グッとよくなった。この方が『変な感じ』がするだろ?」というセリフあり。この一言が全てを表しています♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

寺山修司の写真展を観た。

『レスラー』を観に行った帰り、寺山修司の写真展をやっていたので覗いてみた。

090620_21350001 ←なんと無料!

偶然通りかかった本屋さんのポスターに、「5階で開催中」とあったので、早速エレベーターで5階へ。
そしたら会議室くらいの広さのトコに写真が展示されている。(一瞬「狭っ」と思った^^;)

いや~寺山修司スゴイわ・・・

「摩訶不思議なファインダー展」とあるとおり、現実離れした世界観の作品が並んでいる。

「摩訶不思議」「奇妙」「異形」「見世物」「化け物」(←誰もそこまで言ってない★)
そんな単語が頭に浮かぶ、圧倒的な勢いと吸引力で、観る者をグイグイ惹きつけるパワフルな写真の数々。

こないだ寺山修司の映画を観ても、それほど心を動かされなかった私であるが、これは良かった。やはりスゴイ人だったのだなぁと再認識した写真展であった。

090620_21350002

←お土産に買ったポストカード♪
他にも色々あって迷った~^^

6月21日(今日の17時)まで、心斎橋筋の本屋アセンスで開催中です。
お近くの方は是非!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

「レスラー」・・・88~90点

【枚数限定&両面印刷】[映画ポスター] レスラー (ミッキー・ローク) [DS] ベルリン映画祭で金獅子賞をとった『レスラー』(2008・米)を観に行った。監督ダーレン・アロノフスキー(『π』『レクイエム・フォー・ドリーム』『ファウンテン』)。出演ミッキー・ローク(『ナイン・ハーフ』『死にゆく者への祈り』『エンゼル・ハート』等)、マリサ・トメイ(『忘れられない人』等)、エヴァン・レイチェル・ウッド。R-15。かなり期待しての鑑賞。

ランディ・”ザ・ラム”・ロビンソンは、80年代には大スターだった年取ったプロレスラー。今では金も無く、平日はスーパーでアルバイトしながら週末興行をこなす、孤独なトレーラー暮らし。長年酷使してきた肉体はガタガタで・・・

これはやっぱり・・・泣いた。 観ていて痛々しくて。
ラストの会話で駄目押し。 (´;ω;`)ウウ・・・

プロレスラーって大変な仕事だと思う。観客を喜ばせる為に命を賭けてるのに、見返りは少ない。それでも「俺にはコレしかない」とボロボロの体に鞭打って(ステロイドなど薬の力も借りて)リングに上がる。

ファン(とレスラー仲間)は孤独なランディにとって唯一の味方であり、受け入れてくれる存在。でもコチラがどんな状態でも、お構いなしに熱闘を要求してくる存在でもある。手を抜いたら、そのファンにまで見放されてしまうから、ランディは常に全力投球で臨む。

どこでも言われている事だが、今作の主人公は主演のミッキー・ロークの姿とダブるものがある。80年代にセクシー俳優として一世を風靡しながら、ボクサーに転向し、そのあげく、もはや伝説の猫パンチを披露して、ファンにソッポを向かれたM・ローク。テッペンからどん底まで、辛酸を舐めてきたであろう彼の姿と、年老いたランディの’それでも生きてる’姿が、どうしても重なるのである。

唯一優しくしてくれるストリッパー役にマリサ・トメイ(←この人は年取ってもあんまり変わらない)。ストリッパーと言う事で、体当たりの熱演である。「ストリッパーと客」の関係である二人の、微妙な距離を行き来する会話がとても良い。

今作はなぜかミニシアターで上映館数もとても少ない。(金獅子賞取ったのに・・・)
観る前は「もっとシネコンとかアチコチでやればいいのに?」と思っていたが、今はこれでいいと思える。小さな映画館(うらぶれた感じなら尚よし)でコッソリと泣きたい。そんな気分にさせる作品であった。

●● 私的、気に入った度・・・・・88~90点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

一度はトップに登りつめたが、年取って落ちぶれた中年男が、それでも今も頑張っている話が観たい人(う~む、上手く言えない・・・)。
哀愁漂う孤独な男の人生の物語をみたい人。
プロレスが好きな人。内幕が描かれてて興味深かったです。

| | コメント (20) | トラックバック (2)

予約して狙え!in 図書館(「東京島」「うまれてきたんだよ」「よつばと!」)

皆様ご無沙汰しております☆ おかげ様で元気です(´ω`)ノ ドモ

観たDVDがたまりすぎて、書く気になれません・・・(´д`)
そこで今日は、最近読んで印象に残った本の感想などを。

東京島 Book 東京島

著者:桐野 夏生
販売元:新潮社
発売日:2008年5月
Amazon.co.jpで詳細を確認する

読んだ方も多いかと思われる、桐野夏生(『OUT』など)の長編。
図書館で予約して(大人気のため何百人か待ち)、一年待ってやっと読めました(涙)。

無人島にたどり着いた32人の男女(女はなんと一人だけ!)が繰り広げる、極限のサバイバル・ドラマ。もうそう聞いただけで面白そうでしょ? そんな題材を桐野夏生が、人間の暗部をえぐりだすように鋭く描いてくれてます。すんごく面白くて、二日で読破。(ホントは一日で読んでしまいたかったけど、もったいないから二日に分けた)

--------------------------------------------------

うまれてきたんだよ (エルくらぶ) Book うまれてきたんだよ (エルくらぶ)

著者:内田 麟太郎・文,味戸 ケイコ・絵
販売元:解放出版社
発売日:2008年10月
Amazon.co.jpで詳細を確認する

こちらは半年待ちくらいで読めました。到底、子供向けとはいえない、異色の絵本

「ぼく うまれたんだって。」で始まり、ページをめくると
「さんねんで しんだんだって。」
「いつも なぐられていたんだって。」

ああ、なんてこった・・・(lll゚Д゚)
つまり虐待されて命を落とした子が、生きていた時を回想するモノローグという形になっています。
これは凹む・・・。
あまりの衝撃に、思わず何度も繰り返し読んでしまいました。

--------------------------------------------------

え~凹んだところで、楽しいのを一つ^^;

よつばと! 8 (電撃コミックス) Book よつばと! 8 (電撃コミックス)

著者:あずま きよひこ
販売元:アスキー・メディアワークス

←翻訳家の「とーちゃん」と二人暮らし。理由は今のところ謎。
Amazon.co.jpで詳細を確認する

最近、我が家で大人気のマンガと言えば、この『よつばと!』。
よつばという5歳くらい?の天真爛漫&天然な子供が、とにかくとても面白い。
何をやっても楽しんでしまうよつばの姿をみていると、こちらまで元気になるような^^
私も読んでて、つい声を出して笑ってしまいます♪♪ 

これも図書館で借りて読んだんだけど、全巻買って手元に置いておきたいな~♪

| | コメント (11) | トラックバック (0)

浴衣生地で座布団カバー。

すっかり「わさぴょんの手作り日記」みたいな雰囲気になっちゃってますが★

去年もらった浴衣用の布がまだまだたくさん有るので、夏用の座布団カバーを作ってみました。

090531_19540001 ←出来上がったのがコチラ♪
 お揃いでクッションカバーも♪♪

ポコポコ細かい凹凸があり、
張りのある手触り(結構固いめ)が、肌につかずサラッとして気持ちいい~^^

-------------------------

昨日の針仕事のメインは、子供のパンツゆるゆるのゴムを取り替える事でした。

パンツのゴムって、しかも足回りのゴムって、皆さんどうやって替えてるんでしょう?
ゴム取替え口って、胴回りには有っても(これも無い場合が多いけど)、足回りにあるのって見た事ないんですよね・・・

なので、ちょっと切って、ソコをかがって、ゴムを入れ替えて・・・。これがまた細くてゴム通しがなかなか通らなくて大変★

・・・・・なんだか、めちゃめちゃビンボー臭い話になってしまいました(´д`)

昨日は体操ズボンの太いゴムも入れ替えました。取り出したゴムがまだ使えそうで勿体無いな~・・・。で、こんなのを作成 ↓

090531_19520001 よくドラマ等で、お針子さんが手首につけてるヤツ。あったら便利だな~といつも思ってたんです。
針山部分はこないだのガーゼパジャマのハギレを使用。

いざ作ってみたらメッチャ簡単に出来た(@@)
もっと早く作れば良かった★

針山の底には、ケガ防止の為に
ダンボールの切れ端を敷いてあります♪

おお~、プロっぽい!(雰囲気だけ^^;)

| | コメント (16) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »