« 「片腕マシンガール」・・・71点 | トップページ | 自分用パジャマ作成。 »

「グラン・トリノ」・・・94.5点

フォード・トリノ/グラン・トリノ/エリート 1972−76
←適当な画像が探せなかったんでコレを・・・^^;

映画の日だし、どうしても観たかった『グラン・トリノ』(2008・米)を観に行った。監督・主演クリント・イーストウッド。共演ビー・ヴァン(タオ)等。かなり期待しての鑑賞。

妻を亡くして一人暮らしになった偏屈ジジイ=ウォルト・コワルスキーの隣にモン族の一家が越してくる。最初は「米食い虫のイエローが( ゚д゚)、ペッ」と偏見をあらわにしていたウォルトだったが、隣の少年タオと交流が始まり・・・

久しぶりに「映画」を観た。そんな気がした作品。
(これ、『ロスト・チルドレン』の時も書いたな~)
途中から涙がポロリポロリと次々あふれて、止められず。

ウォルト・コワルスキー。
朝鮮戦争で地獄を生き延び、退役後はフォードの工場で40年間働いた頑固親父。
あまりの偏屈・無愛想さに、今では子供達にも疎まれる存在となり、
愛妻を亡くした今となっては、楽しみは愛犬とポーチでビールを飲みながら
ピカピカの愛車グラン・トリノを眺めるだけ。
そんな彼の心の動きが丁寧に描かれる。

でもね、私(観客)の目には最初っからとても魅力的なジイサンに映りました。
「むぅ~~~・・・・・・・・・」と唸って怒りたくなる気持ちも分かる分かる(;-ω-)ノ
若造神父に「懺悔を」と言われても、私だってヤダし★ 
主人公に完全に感情移入してるせいか、その辺いちいち納得。

エンディングの歌、一番はクリント・イーストウッド本人が歌ってるらしい。
あれでまた涙がダ~(T T) エンドロール中、誰も席を立たず・・・

ただ、タオ君がいきなり強気なセリフを言うところだけ、ちょっと違和感がありました。なんか、とってつけたみたいで★

●● 私的、気に入った度・・・・・イーストウッドにハズレ無し。94.5点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

シリアスでズシンとくる人間ドラマが観たい人。
オトシマエは自分でつける、スジを通すジイサンが好きな人。

|

« 「片腕マシンガール」・・・71点 | トップページ | 自分用パジャマ作成。 »

映画-人間ドラマ」カテゴリの記事

映画-感動、泣ける」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
最後のあの切なげな歌は、イースト・ウッドが歌ってたんだぁ~(へェ~!)

本当に、良い話だったよね(TT)
日本人(アジア系)の悪口は言い放題だったけど、日本人の琴線にもしっかりと触れる
秀作でした~!!
この勢いで、未見だった「ミリオンダラー・ベイビー」見ちゃいましたよ^^
でも、断然こっちゃの方が、良かった^^

投稿: ぴーち | 2009年5月 1日 (金) 21時23分

「映画」を観た。
私もこの映画のブログ記事でそのフレーズを書こうと思ってたのを、今思い出しました。
まさに「映画」を観る事の満足感が味わえる作品ですよね。
『グラン・トリノ』というタイトルも好きです。
映画を観て、さらに「いいタイトルだな~」と思えました。

投稿: セス | 2009年5月 2日 (土) 00時15分

★ぴーちさんへ------------------------------★

エンディングの歌の声がウォルト役そのものだったので
エンド・クレジットを凝視してたんですが
特に「歌クリント・イーストウッド」とはクレジットされてませんでした。
(↑多分、歌の題名は「グラン・トリノ」)

なので記事を書く際「イーストウッドが歌ってるのかと思ったよ!」といったんは書いたんですが
もしやと思って一応調べてみたら
やはり彼がワンコーラス歌ってるバージョンというのも存在する、と。
映画のエンディングはそれだろう、と。
いや~インターネットって便利ですね~

ぴーちさんは『ミリオン~』よりこちらが良かったですか!
私は『ミリオン~』の方がガツン&ズシンな衝撃度は高かったけど・・・
でも泣き度では『グラン~』の勝ちかな♪

★セスさんへ------------------------------★

ほんと、変化球無し・真っ向勝負の「映画」ですよね~
『グラン・トリノ』。
初めて耳にした時は「イタリアあたりのF1レースの話か?」とか思いましたが
今振り返ると、ジンワリ来る良い題名ですね~

人ごみだし~豚インフル問題もあるし~とマスク着用で鑑賞してたんですが
涙でマスクがかなり濡れてました・・・

♪俺の自慢のグラン・トリノ、すべるように走るぜ~♪

スイマセン、全然覚えてません・・・(じゃあ歌うな)

投稿: わさぴょん | 2009年5月 2日 (土) 10時49分

イーストウッドの演技の巧さが際立ってましたが
それが一緒に行った友人には駄目だったみたいです。隣で泣いてたくせに(笑)
でも、本当に素晴らしい作品でエンドクレジットで流れる彼の一小節は映画の余韻を楽しみには最適な演出だったと思います。

投稿: 夢眠 | 2009年5月 2日 (土) 15時56分

「スラムドッグ・・・」より断然高い点数ですね!
イーストウッド作品には深さや重さがあって、
たいていハズレなしですよね。
泣けるんだ~、これ。
DVDでゆっくり観たいなあ。

投稿: YAN | 2009年5月 2日 (土) 17時29分

予告を見て良さそうだなって思ってましたがやっぱり良かったんですね~^^♪
クリント・イーストウッドはハズレなし~!
私はDVDで見ようかな☆

投稿: アイノワ | 2009年5月 2日 (土) 23時28分

★夢眠さんへ------------------------------★

「巧い」。正にこの字がピッタリですね~!
年齢を重ねた人にしか出せない味というものが
120%発揮されていたように思います。
演技もそうだけど、そのたたずまいだけで、なんかグッときちゃうような。

泣いてたのにダメって、どういうことでしょう・・^^;

★YANさんへ------------------------------★

あーもう、YANさんのレビューが目に浮かびます~~!
イーストウッドは『許されざるもの』の頃から
「この人すげーな・・・」と思ってましたが、
今回もスッゴク良いです♪


今回(っていつもだけど)出来るだけネタバレの無いように書きました。
できるだけマッサラな状態で観た方がいいと思って。
YANさんも泣いてください!

★アイノワさんへ------------------------------★

うん、予告編のイメージどおり、素晴らしい作品でした!
DVDは年末かお正月あたりにでるかなぁ?

パパぴょんにも「すっごい良かったで! 観に行っといでーな!」と勧めたんですが
それだけのために映画館まで行けない(遠い)と言われてしまった><
う~観て欲しいのに~(←こーゆートコが自己中と言われる所以)

投稿: わさぴょん | 2009年5月 3日 (日) 09時34分

昨日見てきました~すっごく良かった!
「いい映画を観たね」といいながら映画館を出られました。タオ族のチンピラの車が画面に現れるたび、「あぁ~…」というため息が劇場内のあちこちでもれてきて、観客全員一体感が持てたような^^
エンドロールもジワーっときますね…(その頃は涙を拭くのに忙しかったのですが)。時間がたった頃ふともう一度見たくなる気がする、そんな映画でした☆゜・。。

投稿: かえで | 2009年5月 7日 (木) 11時21分

★かえでさんへ------------------------------★

ね~良かったですよね~~~!
そうそう、素直な気持ちで「いい映画を観たね」って言える♪ 分かります~^^
チンピラ・カーが出るたびに溜め息の嵐ですか!
それはまたノリのいいお客さんたちだ~☆

私は今回は涙を拭くのはもう間に合わなくて、流れるままにしてました(;;)
いつもは「あっ泣きそう!」と思ったらハンカチを顔に当てっぱなしにするんだけど☆
また観たいです・・・
もう一回観に行こうかと思うくらい好きです・・・

投稿: わさぴょん | 2009年5月 7日 (木) 19時15分

GWはずしで、観てきましたぁ!
これぞ、映画よねっ。
もぉさー、泣いた泣いた(笑)
なんでやねんて思った。
グラントリノのうたが、涙を押しとどめないんで、流れっぱなし。エンドロールなんて読めなかった。
久々に気持ちいいくらい泣いて、すっきりもしました。最近、泣けなくって困ってましたの。泣きのちゃぴだったのにさー。

投稿: ちゃぴちゃぴ | 2009年5月 8日 (金) 21時48分

わさぴょんさんこんばんは~

わたくし、感動作を映画館で観たのはたぶんタイタニック以来です
だいたい友達と行くので泣きたくないから
今回は泣いてもいいよねぇ~ってお互い泣きました
観て良かった~ってしみじみ

イーストウッドって特に好きじゃないというか
全く興味無かったんだっけど
「許されざるもの」みてみようかな

投稿: 雨里 | 2009年5月 9日 (土) 01時13分

★ちゃぴちゃぴさんへ------------------------------★

「なんでやねん」・・・それもちょっとある・・・
あんなチンピラ達のために・・・
いやタオ達のためなんだけど・・・
もしアノ作戦が失敗(全員ノーリアクションとか)したら
どーするつもりだったんだと思ったり。

涙が目にたまると画面が見えなくなるので、
必死に目を見開いてました(@@)
今度観る時は私も存分に泣こう・・・

★雨里さんへ------------------------------★

観る前に「今回は泣こう」と協定を結んでいたわけですね☆
せっかく泣ける映画を観てるんだから、泣かなきゃソンソン!
この良さを味わい尽くせ~(TT)

「許されざる者」はアカデミーも受賞した、静かな西部劇。未見なら是非!
その時も「なんてカッコいいジイサンだ!!」と思いましたが
もう17年も前なんですね・・・

投稿: わさぴょん | 2009年5月 9日 (土) 09時30分

コメ、ありがとうございましたあ!
いやー、どこに文句をつけるかというほど、すばらしかったです。
が、好みじゃないので…。
絶賛の嵐のなか、コメしにくいですよん。

投稿: ボー | 2009年5月13日 (水) 22時38分

★ボーさんへ------------------------------★

ね~文句のつけようが無いですよね~!
(って、私も一箇所つけてるけど^^;)

好みはあるので、それはもうしようが無いです☆
お気になさらず~

投稿: わさぴょん | 2009年5月14日 (木) 18時42分

わさぴょんさん、こんにちは!
私もウォルトじいさんには最初からかなり共感しました。
今こういう人が少なくなってるから、余計魅力を感じたのかも
しれません。
でも、わさぴょんさんはじめ、皆さん結構号泣されてるんですね。私は、凄く良かったとは思うけど、泣ける感じはなかったです。男と女では感じ方が違う映画なのかなー。
なんて考えるのも面白い。
ちなみに、私がグッと来たのは、うまくいかなくなってしまった
息子との関係を懺悔するところでした。
え?という感じですよね。

投稿: CD | 2009年10月 2日 (金) 10時39分

★CDさんへ------------------------------★

泣かなかったですか!(@@)
>凄く良かったとは思うけど、泣ける感じはなかった
そうなのかぁ~ 人それぞれですねぇ~

あの懺悔ね・・・
あえて言いそうな事をハズすところがまた、ね~
最大の罪は簡単に許してもらうんじゃなくて
自分が背負っていかなくちゃと思ったんだろうね・・・
そこが又、深くて重いよね~

投稿: わさぴょん | 2009年10月 2日 (金) 20時05分

わさぴょんさんが大感動するだけあって、
ほんとに文句の付けようのない、いい作品でした。

ウォルトじいさんがタオたちのためにと
チンピラ宅に乗り込んだ後に、
姉がひどくやられたでしょう。
あれはほんとに悲惨で言葉が出ないくらいだったわあ。
一番ショックなシーンでした。

やっぱり、あそこで暴力を振るったのが間違いだったと
すごく後悔したでしょうね・・・

投稿: YAN | 2009年10月16日 (金) 17時39分

★YANさんへ------------------------------★

姉のボッコボコにされた顔は物凄かったですよね・・・
ウォルトの心の中は後悔の嵐だったと思います。

でも、YANさんとこのコメントにもあったけど
ウォルトがもうちょっと若くて健康な人だったら・・・・
どういう解決策があっただろう?
やっぱり取引かなぁ~(かなり性善説寄りだけど☆)
コレという策を思いつかないのが哀しいです・・・

投稿: わさぴょん | 2009年10月17日 (土) 00時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/292785/29383733

この記事へのトラックバック一覧です: 「グラン・トリノ」・・・94.5点:

» グラン・トリノ [晴れたらいいね〜]
やっと行ってきました♪ハズレなしのクリント・イーストウッド監督・主演作品。私の期待を裏切らず、満足の一本でした。GWの映画館の混みようをさけ、GW明けを狙ってました(笑)はや、TOHOシネマズ二条では、上映回数一回って、どうよ!(ドル箱アニメにおこちゃま....... [続きを読む]

受信: 2009年5月 8日 (金) 21時31分

» 「グラン・トリノ」 [或る日の出来事]
渋い。渋いぜ、クリントじいちゃん。 [続きを読む]

受信: 2009年5月13日 (水) 22時22分

» 『グラン・トリノ』 [cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー]
クリント・イーストウッド監督・主演の最新作『グラン・トリノ』を観てきました。 評判に違わぬ素敵な作品でした。最後の方は本当に涙、涙。。。 ******************** 『ミスティック・リバー』『ミリオンダラー・ベイビー』の巨匠クリント・イーストウッド監督が、自ら... [続きを読む]

受信: 2009年5月21日 (木) 14時22分

» 「グラン・トリノ」すべての人へ…見てください! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[クリント・イーストウッド] ブログ村キーワード   クリント・イーストウッド4年ぶりの主演、そして監督作、「グラン・トリノ」(ワーナー・ブラザース)。終焉の時を迎えた男が選択する“人生の幕の降ろし方”に、熱い涙がこぼれます。  妻に先立たれたウォルト(クリント・イーストウッド)は、朝鮮戦争の帰還兵。“頑固で偏屈な年寄り”として2人の息子や、その孫達とも折合いが悪く、1人で単調な日々を過ごしていた。生前、妻から『懺悔をさせてほしい』と依頼され、その為に訪問してくれた神父(クリストファ... [続きを読む]

受信: 2009年5月24日 (日) 01時46分

« 「片腕マシンガール」・・・71点 | トップページ | 自分用パジャマ作成。 »