« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月の15件の記事

カレーパン&シナモンロールを作りました。

こないだ却下したカレーパンですが、昨日の夕食に作ってみました。

090529_18450001 中身はレトルトのカレーです^^;

揚げたてはやっぱり美味しかった~♪

参考にしたのは、以前と同じで、この本↓

45分で電子レンジパン Book 45分で電子レンジパン

著者:村上 祥子
販売元:永岡書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

コレだけでは夕食として物足りないので、ついでにシナモンロールも作る事に。

090529_19330001 こちらはフライパンで焼くタイプ。
うっかり焼きすぎて、ちょっとコゲちゃった(´д`)

参考にしたのはコチラ↓

ヤミーさんの3STEP COOKING (主婦の友生活シリーズ) Book ヤミーさんの3STEP COOKING (主婦の友生活シリーズ)

著者:ヤミー
販売元:主婦の友社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この本に載ってるベーグルは、我が家でも何度も作った事があります^^
発酵無しの30分という早さで、ズッシリした食べ応えのあるベーグルが出来上がる♪♪

ちなみにこの本は大人気ブログの書籍化らしいです。私はブログのほうは見た事無いけど☆(今回はじめて見た)
アドレスはコチラ→http://3stepcooking.blog43.fc2.com/
もひとつついでに、ベーグルのレシピはコチラ↓
http://3stepcooking.blog43.fc2.com/blog-entry-118.html

| | コメント (8) | トラックバック (0)

「トゥルー・ライズ」のTV放映。

土曜日、TVで『トゥルー・ライズ』を放映していた。
言わずとしれたアーノルド・シュワルツェネッガー主演のスパイアクション娯楽大作である。

観た事は2、3回あるので、今回は好きなシーンだけ観ようと、夜10時頃からチャンネルを合わせた。そろそろかな~♪♪

観たかったシーン。それは奥さん役のジェイミー・リー・カーティスが娼婦になりすまして、初ミッションに挑む場面。ダサダサの主婦が服を破き、花瓶の水で髪を撫で付けて、濃い目の化粧で娼婦にヘンシーン! (あの水、絶対クサイと思う^^;)

そして、部屋に入り、服を脱いで、下着姿で、ベッドに横たわる・・・

って、あれ?! ダンスは?!? ……(ノ゚ο゚)ノ ミ(ノ _ _)ノ

あの、へんなズンドコ踊りから爆裂エロダンスに変わる一連の流れが、スッパリCUTされてる~~~! あそこはただエロイだけじゃなく、ちゃんとストーリー的にも「実はこういう大胆さがあったのよ」って事を表す大切な場面だと思うけど?!

もう何度もTV放映してるからって、バカにしとんのかー!
ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛)`Д゚)・; 

というわけで、あまりに驚いたので、思わず書いてしまいました(--;
ではまた、ごきげんよう~

| | コメント (12) | トラックバック (0)

しばらくお休みっぽくなります。

新型インフルのせいで一週間休校だって(ーー;) 困る・・・
まあそれは置いといて。

皆様にご愛顧いただいてきた当ブログですが、しばらくお休みしてみる事にしました。
なんでかって。実は私、最近「気管支炎」になってしまい。子供もしょっちゅうゲホゲホ咳しているし。
医者に言ったら「繊維工場などで働いていますか?」「ペットを飼ってますか?」

つまり「家の中がホコリっぽいのが原因。ちゃんと掃除せんかい。」って事ですよね★

振り返ってみれば、PCの前に居る時間が長いワタクシ。掃除は以前から嫌いだし・・・(掃除機は毎日かけるものの、雑巾がけが大キライ。)

しかしココは一つ心を入れ替えて、掃除バランスを考えた食事などにチカラをいれなきゃな~と。思った次第でございます。

スパムコメントなどを削除するために時々チェックはしますが。
あれ困るよね~。放置できやしない (-゛-メ)

それに最近「あれが面白くない、コレが面白くない」っていう評も多かった。
これも書いてて「最近、自分の精神状態も良くないのかな・・・」と感じたりして。

では皆様、今までありがとうございました。(なんか終わりみたい★)
また余裕が出来たら再開したいと思いますので、その時はまたよろしくお願いします~!
と勝手なお願いを書きつつ、フェイド・アウト・・・ サヨーナラー(_´Д`)ノ~~

| | コメント (18) | トラックバック (0)

一行感想パート8・・・(「スパイダーウィックの謎」「ブエノスアイレスの夜」「フローズン・タイム」「すべての美しい馬」「ハプニング」)

『スパイダーウィックの謎』

子供と妖精のお話。子供と鑑賞(←大喜び)。大人も面白かったです^^
フレディ・ハイモアが二役を演じていて、巧いなぁ~と再確認。

・『ブエノスアイレスの夜』

雨里さんがオススメしていたので探していた、私的マボロシの一本・第11本目。
ガエル・ガルシア・ベルナルと熟女セシリア・ロスとの、ねじくれた恋愛モノ。
う~む、思ったより重かった。あ、嫌いじゃないよ♪凹みーズだし^^;
ガエルは素敵でした~heart04 でもやっぱ『罪の王』のほうが好きかも・・・(雨里さんゴメン)

・『フローズン・タイム』

画家志望の不眠症の青年が、深夜スーパーで働きだす。彼は時を止める事が出来て・・・

いや、あれは空想なのかな。よく分からんけど、今作の中では「時を止められる事」自体はそれほど重要ではない。そこで彼が色々考えるというモチーフとしてのフリーズみたいな感じ。
主役の男の子は、純真な子供がそのまま大人になったような顔。もっと年取るとトム・ハンクスみたくなるのかな?^^;
相手役の女の子はキルスティン・ダンストみたいなクール顔で、平凡なような上玉なような感じのいい娘だった♪

・『すべての美しい馬』

ビリー・ボブ・ソーントン監督作というので、観たかった一本。出演マット・デイモン、ペネロペ・クルス等。若きカウボーイの成長(というにはキツイ)物語。全体的には面白いが、まとまりに欠けるかも。

・『ハプニング』

M・ナイト・シャマラン監督作なので外せない一本。でも期待し過ぎないよう覚悟して鑑賞^^;
人々が次々に自殺する現象がおきて、主人公達が逃げる話。
オチは・・・特に無いんですね、今回も(ーー; でも飽きさせず、面白かった♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ボーイ・イン・ザ・ボックス」・・・69点

スクリーミング・マッド・ジョージのBOY IN THE BOX 完全版 [DVD] DVD スクリーミング・マッド・ジョージのBOY IN THE BOX 完全版 [DVD]

販売元:有限会社フォワード
発売日:2008/12/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

スクリーミング・マッド・ジョージがやりたい放題作ったと言う事で、なんとなく面白そうな『ボーイ・イン・ザ・ボックス』(2005・米)を借りて観た。製作・監督・脚本・特撮・音楽スクリーミング・マッド・ジョージ。

箱の中に住む少年が見た不条理なホームドラマを、全編これでもかと非現実的な組み合わせの映像(頭がTVの人間とか)で描く。

えー。あー。なんと言いますか・・・。

45分という短さにもかかわらず、途中で飽きた(´д`)
だってねぇ、マトモな台詞がただの一つもありゃしない。
最初の5分で「こんなんが、あと40分も続くんか~★」。

映像的には面白いが、ちょっと「いかにも」感が鼻につくのも否めない。
この人は昔からそう。しつこいほどベタである。大いなるベタ、万歳☆

●● 私的気に入った度・・・・・トイレットペーパーの場面は面白かった。69点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

ベッタベタのシュールで不条理なスプラッタ・コメディが好きな人。
気味の悪い映像が嫌いな人には不向き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「裏切りの闇で眠れ」・・・半分ギブアップ

裏切りの闇で眠れ [DVD] DVD 裏切りの闇で眠れ [DVD]

←実はおとり捜査官?とか思ってたんだけど☆
発売日:2008/08/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ブノワ・マジメル主演というので『裏切りの闇で眠れ』(2006・仏)を借りて観た。監督フレデリック・シェンデルフェール。出演ブノワ・マジメル(フランク役)、フィリップ・コーベール(クロード役)、ベアトリス・ダル等。拷問描写や’女=モノ扱い’等でR-18

パリの裏社会を舞台に、組織の男たちや一匹狼を交えての、血で血を洗う抗争を描く。

登場人物が覚えられない(´д`) なんか皆、似てるし★
「えーと、あの人さっき死んだと思ったけど・・・違う人?」みたいな。

凄かったのは女性の腰のフリ。アレ何~~~!?
(↑一秒くらいのシーンですが、ココが一番印象に残りました^^;)

●● 私的、気に入った度・・・・・理解したとは言えず。半分ギブアップ ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

裏社会系バイオレンス&サスペンスが好きな人。情けも容赦も無い話が観たい人。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ビヨンド the シー ~夢見るように歌えば~」・・・82点

ビヨンドtheシー ~ 夢見るように歌えば ~ [DVD] DVD ビヨンドtheシー ~ 夢見るように歌えば ~ [DVD]

←なんで’the’だけ英文字なんだろう・・・?
発売日:2005/10/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ずっと観そびれていた『ビヨンド・ザ・シー』(2004・米/独/英)を観た。

「ユージュアル・サスペクツ」「アメリカン・ビューティー」のケヴィン・スペイシーが、自ら製作・脚本・監督・主演を兼任して、50年代から60年代にかけて活躍した天才エンターテイナー、ボビー・ダーリンの生涯を映画化したミュージカル・ドラマ。(allcinemaより抜粋)

ボビー・ダーリン。全然聞いたことない名前だったけど、しょっぱなの「マック・ザ・ナイフ」で「あーこれ知ってる~!」。ボビー・ダーリンって人が歌ってたのか~

それよりも「サンドラ・ディーと結婚した人」ってほうが、分かりやすかったりして^^;(サンドラ・ディー役のケイト・ボスワース、可愛かった~♪)

ケヴィン・スペイシーってこんなに歌って踊れる人だったんだ~(@@)驚き!!
予想以上に、なんだかすごくイイカンジだった~♪♪

たまにはこういう音楽も良いね^^ 古き良きアメリカって感じ♪

●● 私的、気に入った度・・・・・82点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

スタンダード音楽やミュージカルが好きな人。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

「奇跡のシンフォニー」・・・81点

奇跡のシンフォニー [DVD] DVD 奇跡のシンフォニー [DVD]

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2008/10/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

子供と観る用に『奇跡のシンフォニー』(2007・米)を借りてきた。監督カーステン・シェリダン。出演フレディ・ハイモア、ケリー・ラッセル、ジョナサン・リース・マイヤーズ、ロビン・ウィリアムズ、テレンス・ハワード等。

孤児の少年が、類稀なる音楽の才能を持っていた・・・。
音楽家の両親から生まれた神童がまだ見ぬパパとママを探す話。

すんごいベタ。しかもこの神童ぶりが有り得ない程なんですが・・・
ちょっと泣きました(;;) お約束の展開で、どうなるか分かっててもグッときちゃう~

●● 私的、気に入った度・・・・・81点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

音楽を愛する人。ありえない神童モノもイケル人。運命の出会いを信じる人。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「犬と私の10の約束」・・・53点

犬と私の10の約束[プレミアム・エディション](2枚組) [DVD] DVD 犬と私の10の約束[プレミアム・エディション](2枚組) [DVD]

←絵本の方は最高だったのになぁ・・・★
発売日:2008/09/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ちょっと前にTV放映していた『犬と私の10の約束』(2008・日本)をやっと観た。監督:本木克英。出演:福田麻由子(あかり子役)、田中麗奈(あかり大人役)、豊川悦司、高島礼子、加瀬亮など。

犬を飼うには10の約束を守らなければならない・・・
(’私にも心があることを忘れないで。’とか。)

犬の名前が「ソックス」。
女の子が「ソックス♪」「ソーックス♪♪」と呼ぶたびにウザイのなんの(-_-X)

私は我慢して最後まで観ましたが。(しかもちょっと泣いたけど。敗北・・・)
トヨエツ好きのパパぴょんでさえ「もーえーわ」と途中でリタイアしてました★

●● 私的、気に入った度・・・・・53点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

子役のクサ過ぎる芝居もOKな人。お涙頂戴モノが好きな人。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

メロンパンを作りました。

   

45分で電子レンジパン Book 45分で電子レンジパン

←小ぶりのメロンパン4個が、失敗なく出来ました♪
最近カッチカチの失敗続きだったから、ふんわりできて嬉しい(爆)
やっぱ賞味期限切れのドライイーストはダメだって事だね(爆×2)

著者:村上 祥子
Ama zon.co.jpで詳細を確認する

我が家ではたま~にパンを作るのですが、最近作るのは電子レンジで発酵させるタイプのものばかりです。
土曜日は子供のリクエストで、メロンパンに初挑戦してみました。

メロンパンって、パン生地の他に、上にかぶせるクッキー生地を作らなくちゃいけないから面倒・・・
「え~、他のにしようよ~」というと「じゃあカレーパン~\(^o^)/」
・・・結局メロンパンを作る事に。

出来上がったのはコチラ↓

090509_21290001 表面のグラニュー糖と網目模様が、メロンパン気分を盛り上げる♪

-----------

そういえば、昨日ご近所の人が「これ作ったから食べて~」とホッカホカのちまきを持ってきてくれました♪
(ああ、写真撮っときゃ良かった・・・)

パパぴょんに「『ウチの田舎のやり方で作ったから』って言うてはった」と報告すると
「田舎って?」。
私「さあ・・・」。
パ「そういう時は『田舎ってドコなんですか?』ってすかさず聞くんやないかい。コミュニケーション、ヘタやなぁ」とバッサリ★

・・・・・・

どーせコミュニケーション下手ですよ(開き直り) (-ε-)

自分でも分かっちゃいたけど、パパぴょんに言われるとかなりショック(´・ω・`)ショボーン
どうも会話の時、咄嗟に言葉が出てこないんですよね・・・

今度会ったら「田舎ってドコなんですか?」って必ず聞こう・・・
(と言いつつ、その機会がきたらすっかり忘れていて「あっこないだの御礼言うの忘れてた!」と、また落ち込むパターンが多い私であった・・・)

----------------------------------------------------

夜、NHKのキヨシローの特番を観てて、「君が僕を知ってる」の歌で泣きました・・・
なんていい歌なんだろう・・・(ρ_;)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」・・・69点

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2枚組) [DVD] DVD 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2枚組) [DVD]

←孝行息子に手をひかれるオカンの図。
発売日:2007/10/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

TV放映していた『東京タワー オカンとボクと時々オトン』(2007・日本)を観た。監督:松岡錠司。主演オダギリジョー、樹木希林、小林薫、内田也々子、松たか子など。

子供だったボクがさびれた炭鉱町で育ち、東京に出てきて、病気になったオカンを呼び寄せ・・・

原作は読んだし、TVの二時間ドラマ(田中裕子がオカン役のヤツ)も観ました。

今回はオダギリジョーの変な髪形が気になって気になって><

内田也々子が樹木希林ソックリ(実の親子だし当たり前か)なのも、そればっか注目しちゃって★

松たか子がオカンに向かって「オカン」と呼びかけるのも、なんか違和感が・・・

エトセトラ・エトセトラで、あんまし泣けませんでした(´д`)

抗ガン剤の治療はツラそうだった・・・ 樹木希林の苦しみ方、リアルすぎ。

●● 私的、気に入った度・・・・・小林薫は良かった。69点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

オダギリジョーの変な髪形も気にならない人。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

「エージェント・ゾーハン」・・・80.5点

エージェント・ゾーハン DVD

エージェント・ゾーハン

←ゾーハンが20年ほどズレてる設定なので、
懐かしいポップス(カルチャー・クラブとか)がかかるのも楽しい♪
発売日:2008/12/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

子供と観ようと思って、『エージェント・ゾーハン』(2008・米)を借りてきた。監督デニス・デューガン。主演アダム・サンドラー。マライア・キャリーも本人役でちょっと出演。劇場未公開。

イスラエルの凄腕エージェントが夢の美容師になるためアメリカに渡り奮闘しながら、逃れられない宿命に立ち向かうハチャメチャぶりを、アダム・サンドラーとジョン・タートゥーロの顔合わせで描くアクション・コメディ。(allcinemaより抜粋)

こんなあらすじだけ読んで、子供が喜びそう~と鑑賞し始めたんですが・・・

このゾーハンが、モロ絶倫男。(´Д`;≡;´Д`)アワアワ そういう描写が多い多い★
別にヤラシイ感じじゃなく、あくまでコメディタッチなんですが~・・・

子供に「あれ何してるん?」って聞かれました(゚ー゚; 
「えー・・・マッサージかな~」。。。

内心「あれはホントはマッサージだったっていうオチなんじゃ?」と思ってたんですが、それもなく^^;

まあ、それ以外はすごく面白かったです♪
もう有り得ないくらいに、いちいちヤリスギなほどのデフォルメ^^
子供は爆笑してました♪ モチロン私も笑いました♪

●● 私的、気に入った度・・・・・80.5点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

バカバカしいほどデフォルメ描写の、ドタバタ・コメディを観たい人。
家族と観るにはビミョー・・・です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「4分間のピアニスト」・・・77点

4分間のピアニスト [DVD] DVD 4分間のピアニスト [DVD]

←こんなシーンはありません。
発売日:2008/06/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

猫人さんが「ピアノ演奏系ならコレがオススメ」と言っていた『4分間のピアニスト』(2006・独)を借りて観た。監督クリス・クラウス。出演ハンナー・ヘルツシュプルング(ジェニー役)、モニカ・ブライプトロイ(クリューガー先生役)など。

類いまれなピアノの才能を持ちながら殺人犯として収監され、刑務所の中でも手のつけられない問題児となった女囚と、彼女の才能に惚れ込み残り少ない人生を懸ける老教師、そんな2人の女性の魂のぶつかり合いを衝撃的に描く。

主演は新人ハンナー・ヘルツシュプルングとドイツの人気俳優モーリッツ・ブライブトロイを息子に持つベテラン女優モニカ・ブライブトロイ。(allcinemaより抜粋)

クリューガー先生は良かったんだけど、ジェニー役の子がどうも好きになれない(´д`)
反抗的な目で、ぷっくりしたアゴ。ん~・・・あんまし好みじゃ無い★

最後の魂のピアノ演奏は、迫力あるなぁとは思うものの、これで拍手喝采て。
若手演奏家のコンサートなら分かるけど、コンクールでしょ!? これはアリなのか?!

●● 私的、気に入った度・・・・・77点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

ピアニスト物が好きな人。ナチス絡みの話に惹かれる人。

| | コメント (7) | トラックバック (2)

自分用パジャマ作成。

『グラン・トリノ』を観に行ったかえり、綿麻Wガーゼの生地を買いました。

手づくりしたい!ナイトウエアと小物 Book 手づくりしたい!ナイトウエアと小物

←この本に載ってた「Wガーゼのパジャマ」というのが
とっても気持ちよさそうで、着てみたくなった♪

販売元:成美堂出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

そして昨日一日頑張って、完成したのがコチラ↓

Photo_3   画像を回転する方法がわからなくてスミマセン★
酔いそう~typhoon

ポケットは、本当はもっと下のほうに付けるのですが、両胸に付けました。
(なんせガーゼだから、透けるような気がしてcoldsweats01

完成品は、ズボンの両端が縫い目がツレてたり、見返しとエリの寸法が足りなかったせいで思ったより襟元が広く開いちゃったりで、ヘタクソ感満点wobbly

(でも一晩着たらイイカンジにシワクチャになって、縫い目のツレは気にならなくなった☆)

生地は4m70cm購入したんですが(←本に記載してあった必要量)、記載とおりの裁断図では無駄が出るような気がしたので、無駄なハギレができるだけ出来ないように裁断していったら、1m以上布があまりました(゚ロ゚; ) 

1m580円の生地で、4m70cm=2726円だったのですが、700円分くらいは買わなくて良かった計算。bearing
どーしてくれんのさ~ (≧ヘ≦)

と言いつつ、「この余った布で何を作ろう?!」とウキウキな私でありました(^^)
平和だなぁ・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

「グラン・トリノ」・・・94.5点

フォード・トリノ/グラン・トリノ/エリート 1972−76
←適当な画像が探せなかったんでコレを・・・^^;

映画の日だし、どうしても観たかった『グラン・トリノ』(2008・米)を観に行った。監督・主演クリント・イーストウッド。共演ビー・ヴァン(タオ)等。かなり期待しての鑑賞。

妻を亡くして一人暮らしになった偏屈ジジイ=ウォルト・コワルスキーの隣にモン族の一家が越してくる。最初は「米食い虫のイエローが( ゚д゚)、ペッ」と偏見をあらわにしていたウォルトだったが、隣の少年タオと交流が始まり・・・

久しぶりに「映画」を観た。そんな気がした作品。
(これ、『ロスト・チルドレン』の時も書いたな~)
途中から涙がポロリポロリと次々あふれて、止められず。

ウォルト・コワルスキー。
朝鮮戦争で地獄を生き延び、退役後はフォードの工場で40年間働いた頑固親父。
あまりの偏屈・無愛想さに、今では子供達にも疎まれる存在となり、
愛妻を亡くした今となっては、楽しみは愛犬とポーチでビールを飲みながら
ピカピカの愛車グラン・トリノを眺めるだけ。
そんな彼の心の動きが丁寧に描かれる。

でもね、私(観客)の目には最初っからとても魅力的なジイサンに映りました。
「むぅ~~~・・・・・・・・・」と唸って怒りたくなる気持ちも分かる分かる(;-ω-)ノ
若造神父に「懺悔を」と言われても、私だってヤダし★ 
主人公に完全に感情移入してるせいか、その辺いちいち納得。

エンディングの歌、一番はクリント・イーストウッド本人が歌ってるらしい。
あれでまた涙がダ~(T T) エンドロール中、誰も席を立たず・・・

ただ、タオ君がいきなり強気なセリフを言うところだけ、ちょっと違和感がありました。なんか、とってつけたみたいで★

●● 私的、気に入った度・・・・・イーストウッドにハズレ無し。94.5点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

シリアスでズシンとくる人間ドラマが観たい人。
オトシマエは自分でつける、スジを通すジイサンが好きな人。

| | コメント (18) | トラックバック (4)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »