« 「コースト・ガード」・・・72点 | トップページ | 「サルサ!」・・・89点 »

「戦場のピアニスト」・・・84点

 Movie/戦場のピアニスト The Pianist Movie/戦場のピアニスト The Pianist
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する

TV放映していた『戦場のピアニスト』(2002.仏/独/ポーランド/英)を観た。監督ロマン・ポランスキー。主演エイドリアン・ブロディ

第55回カンヌ国際映画祭パルムドール受賞の感動ドラマ。実在のピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマンの実体験を綴った回想録を基に、戦火を奇跡的に生き延びたピアニストとその生還に関わった人々の姿を、過剰な演出を抑え事実に基づき静かに力強く描く。(allcinemaより抜粋)

TV放映(深夜)の為か、映像があちこちブツ切れにされている印象。

最初の方は「『戦場のピアニスト』と言うより『迫害されるユダヤ人ピアニスト』だな~」と感じましたが、終盤は正に『戦場』。累々と死体が横たわり、街は瓦礫の山と化し・・・

月明かりの中、ピアノを演奏するシーン。これは鳥肌モノ。
こんなに壮絶なピアノ演奏は初めて観た
最初はおずおずとためらいがちに、指先の感覚を取り戻すと徐々に饒舌に語り始め、抑圧されていた気持ちがすっかり消えると、自身の境遇を呪うかのような魂の叫びを鍵盤にぶつけ・・・。そして別れを惜しむが如く何度も鍵盤を行き来し、観念したように終わる。
きっと、弾き終わった瞬間が’’だと覚悟していたに違いない。

あまりにもこの↑シーンがすごかったので、終わってからソコばかり7回も観ました。そして次の日も2回。そしてまた次の日も。それでもまだ観たりない。DVD(かサントラ)買おう・・・

余談ですが。
ビデオを観ている時、横で実家の母と子供が喋っていました。「バアチャンもな~、あんな戦争の中を生きのびたんやで~。爆弾がボンボン落ちてくる中を走ってな~、人がそこらじゅうで死んでてな~。」。子供にはそういう話を聞かせてくれてありがたいけど、横でそんなザ・リアルな話されると映画がツマンナク感じられ。でもバーチャン生き延びてくれて良かった・・・。だって死んでたら今の私(&子供)も生まれてないもんね・・・

●● 私的、気に入った度・・・・・84点(ピアノ演奏場面に限ると100点超) ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

戦争の現実を描いた重いドラマが観たい人。ピアノが好きな人。ナチスのユダヤ人迫害に興味のある人。

|

« 「コースト・ガード」・・・72点 | トップページ | 「サルサ!」・・・89点 »

映画-人間ドラマ」カテゴリの記事

コメント

こんにちはー♪

とっても良い作品ですね~♪
わさぴょんさんのおっしゃる通り、
ピアノの演奏場面には息を呑みましたー☆

“ピアノ演奏系”のジャンルの中では、
(↑って、どんなジャンルょ。。。)
『4分間のピアニスト』と並ぶくらい
おススメできる映画だと思います(o^-^o)

投稿: 猫人 | 2009年1月15日 (木) 14時57分

そうそう、このピアノ演奏は圧巻でしたね~!
なるほど、弾き終わった瞬間が死という覚悟が
あったからこその、魂の演奏だったと言えますね。
10回以上も観たとは、ポランスキー監督も喜んでますよ(^^)

お母様のお話も生々しくて貴重だけど、
舞台がポーランド(だったっけ?)から一気に日本になって、
景色が変わるような・・・(≧ε≦)

投稿: YAN | 2009年1月15日 (木) 18時01分

★猫人さんへ------------------------------★

ほんと、激しく美しく神がかり的ですらある演奏。
将校も思わず息をのんでましたよね~
あの将校は、彼の中に「天才」の輝きを観たんだと思います。
人種がどうとか言う前に、コイツは天才だ、と。
そこんとこ分かってくれる人で良かった~

★YANさんへ------------------------------★

うんうん、圧巻の魂の演奏。
スゴイもん観せていただきました・・・

しかし、やっぱ「手に職」というか、一芸に秀でるってのは強いよね。
あれがフツーの人ならきっと一発(多分、頭)撃たれて終わりだろーな~

今作は三連休に実家にお泊りした時に観たんです。
バアチャンの話は「逃げ惑う親子in業火」なリアルバナシで★

子供に「怖くなかったん?」と聞かれて
「怖い事なんかあれへん。その時は死体が転がってんのが普通やし、とにかく逃げんと死んでしまうもん。だからもう夢中で走ったんやで」と答えてました。
子供は「ふ~ん」と言ってましたが、
単純に「そりゃもう恐ろしかった!」と言ったほうが分かりやすかったのでは(´д`)

投稿: わさぴょん | 2009年1月15日 (木) 20時55分

この作品は素晴らしいですよね♪ピアノやったことないけど、あのシーンは壮絶・・・!!
すごい100点超え~~happy02DVD買いですね♪

他にピアノが出てくる映画で(前も言ったかも)大好きなのは「トリコロール:青の愛」です☆
でもピアノやってる子に言わせると譜面と音楽がズレててイマイチだったらしい・・・(笑)

投稿: アイノワ | 2009年1月15日 (木) 23時15分

度々すみませ~んcoldsweats01
TBができないのはFC2の方でTB制限がかかるようになった為と思われます・・・エロスパムTBが多すぎで変えたみたいなんです~。私の脳みそではどうやればいいのかイマイチわからず・・・wobbly

投稿: アイノワ | 2009年1月15日 (木) 23時18分

この映画はよかったですねー。
ピアノシーンの細かな観察!鋭い!
また観たくなっちゃいます。
おばあちゃん、無事でよかったです。私も母親とかに色々戦時中の話を聞かされたなぁ。

投稿: ちゃぴちゃぴ | 2009年1月16日 (金) 01時41分

★アイノワさんへ------------------------------★

あのシーンは、ピアノ映画史上に残る名場面ですよね!
ガツンときました~

「トリコロール」三部作・・・・観たかどうか自信ない★
カラックスの三部作と頭の中でごちゃ混ぜになってるんですよ~
機会があれば確かめてみたいです(´д`)

いやいや、TBの件は私もなぜか受け付けられなかったりするし、お互い様です^^;
同じ人でも出来たり出来なかったりするのが不思議なんですが。

★ちゃぴちゃぴさんへ------------------------------★

あのシーンだけエンドレスで観ていたいです☆
スゴイ場面でした・・・

ウチの父は地方出身なんでそんな話は無いみたいですが
母は空襲の中を逃げた経験があるのでリアルですね~
事実は小説より奇なり・・・
戦争の無い時代に生まれてホント幸せです。
ちゃぴちゃぴさんのお母様も!みんな、生きてて良かったデス・・・♪

投稿: わさぴょん | 2009年1月16日 (金) 07時11分

記憶が薄れていますが、HPの感想文をリンクしておきました。
(ブログの記事じゃないとTBは邪道でしょうから)
やはり、ポランスキー監督が戦争経験者だというのが、大きいのでしょうね。リアルです。

ブロディって、あんまり顔が好きじゃないのですけど、それは、しょうがないです。(笑)

投稿: ボー | 2009年1月16日 (金) 07時53分

★ボーさんへ------------------------------★

リンクありがとです~♪
うん、とりあえず生きぬく事がなにより大事。
戦争が終わるまで、運(支援者含む)と体力が続いてよかった・・・
ポランスキー監督は実際にゲットー体験者との事で
本当にリアルに思えました。

A・ブロディ、実は私もそれほど好きな顔ではないです☆
(ちょっと細くて優しげ過ぎる)
でも今作ではそれがいかにもピアニストで、素敵でした~♪

投稿: わさぴょん | 2009年1月16日 (金) 18時25分

こんばんは!
あ~これは大作だね~
TVでも放送してたんだぁ~(しらなんだ・・・)
エイドリアンの悲しげな悲壮感溢れる表情がたまんないよね。。
彼もこの映画で、かなりの体重を落として挑んだそうだけど
なんか、あの「コープス・ブライド」のビクターに似てるんだよね~
知ってる?

というか、また見たくなっちゃた。。

投稿: ぴーち | 2009年1月16日 (金) 23時06分

★ぴーちさんへ------------------------------★

TVは年末年始の深夜放映だったんで、地域によるかも☆
そうそう、あの哀しげな八の字眉毛が
ビクターに似てるよね~!
って、以前「ジャケット」の時にぴーちさんとそんな話したような^^;
違ったっけ☆オボロゲな記憶・・・

投稿: わさぴょん | 2009年1月17日 (土) 14時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/292785/27101541

この記事へのトラックバック一覧です: 「戦場のピアニスト」・・・84点:

« 「コースト・ガード」・・・72点 | トップページ | 「サルサ!」・・・89点 »