« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月の24件の記事

2008年に観た映画ベスト10。

いよいよ今年も大晦日。
なんだか今年の12月は、例年にも増してあっという間だったような・・・

さて「今年のベスト10!」。私も今年書いた記事を振り返ってみました。(タイトルは記事とリンクしています)

10位『この森で天使はバスを降りた』・・89点
9位『パニッシャー』・・・・・・・・・・・・・・・・89点
8位『ナルニア国物語 カスピアン王子の角笛』89点
7位『ライラの冒険 黄金の羅針盤』・・・90点
6位『パンズ・ラビリンス』・・・・・・・・・・・・91点
5位『春夏秋冬そして春』・・・・・・・・・・・・92点
4位『サンキュー・スモーキング』・・・・・・93点
3位『魔法にかけられて』・・・・・・・・・・・・94点
2位『海を飛ぶ夢』・・・・・・・・・・・・・・・・・95.5点
1位『ミスト』・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・97点

<次点>
『復讐者に憐れみを』・・・・・・・・88点
『ダーク・ナイト』・・・・・・・・・・・・88点
『セクレタリー』・・・・・・・・・・・・・88点

微妙に2008年っぽく無いんですが^^;
「旧作をねらえ!」ですので、ご勘弁を☆

この中で映画館で観たのは『ダーク・ナイト』『ナルニア国~』『ライラ~』『魔法にかけられて』『ミスト』の5本。映画館で観たモノは高得点になる傾向です☆(当たり前か)

でも振り返って考えてみると、心に残ってるのは『みえない雲』『素粒子』『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』等の80点台前半のものが多かったり。割と地味目なんですが、心の深いところを刺激された作品は、月日がたっても(いや、年月を経るほどにと言ってもいい)「気に入った度数」が上がっていくようです。

『ライラ~』なんてスクリーンの迫力で心が高鳴ったけど、後には何も残ってないcoldsweats01 ココにこうして書いてても、「今作が何故ベスト10入り?」と自分でも解せず(´д`) 『ダーク・ナイト』よりも上って・・・

では(強引にまとめ)読んでくださっている皆さん、本年もいろいろお世話になりました!こうしてブログを楽しく続けてこられたのも、皆さんから頂く優しいコメント、目からウロコの意見交換、そして「読んでるよ」という温かい一言のおかげでございます♪

年始はバタバタするのでしばらくお休みしますが、また週明けからでも再始動したいと思います。

では来年もよろしくお願いいたします。
良いお年を~♪ヽ(´▽`)/ 

<<オマケ>>・・・今夜は紅白を観るぞ~!
(↑大晦日は絶対’紅白’派♪)

| | コメント (23) | トラックバック (2)

「夜のピクニック」・・・75点

夜のピクニック(スマイルBEST) [DVD] DVD 夜のピクニック(スマイルBEST) [DVD]

←こんな男子、いたいた!(^^*)

発売日:2008/02/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

TV放映していた『夜のピクニック』(2006・日本)を観た。監督:長澤雅彦。出演:多部未華子、石田卓也など。

24時間80キロを歩きとおす、北高校最大のイベント「歩行祭」。生徒達は歩く。それぞれの思いを胸に秘め・・・

と聞いて、延々と歩くだけの映画なんてツマンナイかも~と思ってたんですが。いや、結構面白かったです。あ~アノ頃はこんなんだったなぁ~とか、なんか甘酸っぱくも切ない感じ(*^^*)

そして互いを意識しあう主役の二人、彼らには秘密があって。これがただの「恋愛ゴッコ」じゃなかったところが、軽くなりすぎなくて良かったのかも。

●● 私的、気に入った度・・・・・75点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

ひととき、高校生・青春気分を味わいたい方。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「壁男」・・・55点

壁男 [DVD] DVD 壁男 [DVD]

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2008/03/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

なんとなく気になる題名の『壁男』(2007・日本)を借りてみた。監督:早川渉。出演:堺雅人、小野真弓など。

都市伝説「壁男」のウワサに取り付かれた男の話。

堺雅人って、いつもニコニコちょっと気弱でイイ人そうなイメージ。それが、段々オカシクなっていく過程が見どころ。

でも、ちょっとツマンナカッタ(´д`)ゴメンナサイ~

●● 私的、気に入った度・・・・・55点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

奇妙な都市伝説系ホラーが好きな人。地味目のB級ホラーがツボな人。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「燃えよ!ピンポン」・・・70~73点くらい?

燃えよ!ピンポン [DVD] DVD 燃えよ!ピンポン [DVD]

←敵役にクリストファー・ウォーケン様。どんな仕事も断らないってホントなんだねcoldsweats01
発売日:2008/08/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

子供と観ようと『燃えよ!ピンポン』(2007・米)を借りてきた。監督ロバート・ベン・ガラント。出演ダン・フォグラー、マギー・Q(『ダイ・ハード4.0』等)、クリストファー・ウォーケン等。マシ・オカ(ドラマ『ヒーローズ』)もちょっと出てた。

挫折した元・天才卓球少年。大人になり、落ちぶれた彼の元へFBIから依頼が。「闇のボスが主催する卓球大会へ潜入してくれ!」・・・

『フォレスト・ガンプ』で観たような素晴らしいピンポン技が満載^^;
でもストーリーはすでにうろ覚え・・・。
子供は笑ってたような。(寝てたのか、私★)

●● 私的、気に入った度・・・・・多分70~73点くらい ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

オバカなドタバタ・コメディ(スポーツ系)が好きな人。マギー・Qが好きな人もどうぞ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「カンフー・パンダ」・・・77点

カンフー・パンダ スペシャル・エディション [DVD] DVD カンフー・パンダ スペシャル・エディション [DVD]

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2008/12/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

近くのホールで’子供上映会’をやっていたので行って来た。今年は『カンフー・パンダ』(2007・米)。監督マーク・オズボーン。声の出演はジャック・ブラック等豪華メンバーらしいけど、今回は吹き替え版での上映。ポー役:山口達也など。

メタボ気味パンダが、ひょんな事から伝説の戦士に選ばれた!果たして彼は、皆を危機から救う事ができるのか?!

主人公ポーが、ただ「パンダ」と呼ばれる事が多いのがツボ^^;彼はカンフーはやった事は無いけど大好きで、フィギィアを集めたりしている☆ そして、せっかく選ばれたんだから、もっと憧れの人たちと一緒にいたい・・・という気持ちだけで逃げ出さないトコロは素晴らしい♪

と、どこかで観たような良くある話ながら、まずまず面白かったのですが・・・

3分の2を過ぎたところで、子供が「ママー、オシッコ」。
だから始まる前に行っとけって、あれほどゆーたやろがぁー!その時は「無い!」と完全否定だったくせにー!!
ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛)`Д゚)・;

退屈な時に気を引こうと、「トイレー」ということも多いので「・・・我慢しなさい。」(-゛-メ)

それからLASTまでずーっと「トイレ~。オシッコ~。」結局、最後まで我慢してもらいましたが、物語に集中できたとは言えない(´д`)途中で離席して行ったほうがマシだったかも・・・orz

●● 私的、気に入った度・・・・・77点くらい、かな~ ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

子供に見せるアクション・コメディをお探しの方。
自分を信じる事、あきらめない事の大切さが描かれています^^
それと、「人はそれぞれ違うので、同じ育て方をしてもダメな場合がある」と言うトコロも参考になりました^^;

| | コメント (8) | トラックバック (0)

今年のクリスマス・ケーキは。

081224 クリスマスなので、ケーキを作りました。

「作りました」って、市販のスポンジに生クリーム塗りつけただけですけど^^;
今年はちょっと手抜き★

ちなみに上の飾りは、毎年使いまわしです・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

「ホームドラマ」・・・80点

ホームドラマ [DVD]←「ワタクシ的マボロシの一本」3本目はコレ!

フランソワ・オゾン監督作で、ずっと観てみたかった『ホームドラマ』(1998・仏)。その幻の一本を、アイノワさんに借りて観た。アイノワさん、ありがとう~~!!

監督・脚本フランソワ・オゾン。出演エヴリーヌ・ダンドリー(母)、フランソワ・マルトゥーレ(父)、マリナ・ドゥ・ヴァン(娘ソフィ)、アドリアン・ドゥ・ヴァン(息子ニコラ)、ルシア・サンチェス(家政婦)等。

円満に見えるごく普通の家庭(金持ち寄り)。父親が鼠を買って帰った事をキッカケに、歯車が狂い始め・・・。オゾン監督の長編第一作。

何故か皆、ネズミに魅入られたように少しずつオカシクなっていく。今まで押さえていた欲望・願望が顔を出す。

全てを暴くのが良いとは決して思いませんが☆ 言わない方がいい事だってあるよね・・・^^;思った事全てを口に出し、やりたい事全てを行動に移すのは幼い子供くらいなもの。(←これが最近崩れてきてるけどね~)

でも彼らはネズミが現れなければ、ずっと欺瞞に満ちた生活を続けていたのか? 傍目には幸せに見えるが、それは幸せと言えるのか?・・・

映画は強烈なエピソードが満載ながらも、強烈が並びすぎて逆に平坦に感じられたりもして☆ で、「ん~~gawk」と思いながら観てたんですが。

最後の父親のエピソードで、場外ホームランが炸裂!!
o(#゚Д゚)_‐=o)`Д゚)・; キターーー

一発でノックアウトでございました・・・パパ最高♪happy02(でも一気にトンデモ映画に、とも言える^^;)

●● 私的、気に入った度・・・・・80点 ●●←±でコレくらい・・・(><)

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

シニカルで不道徳なホーム・コメディが観たい人。

<オマケ>予告編『クリミナル・ラヴァーズ』と『焼け石に水』がすごく面白そうだった♪ 観たいー!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「ヒトラーの贋札」・・・80点

ヒトラーの贋札 [DVD] DVD ヒトラーの贋札 [DVD]

販売元:東宝
発売日:2008/07/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

面白そうだった『ヒトラーの贋札』(2007・独・オーストリア)がやっと旧作になったので借りて観た。監督ステファン・ルツォヴィツキー。主演カール・マルコヴィクス。

第二次世界大戦中、ナチス・ドイツが英米経済の混乱を企図して大量の贋札製造を行った“ベルンハルト作戦”の裏に秘められた感動の実話を、強制的に贋札作りに従事させられたユダヤ系技術者の視点から描いた戦争サスペンス・ドラマ。実際に強制収容所で作戦に関わったユダヤ人生存者アドルフ・ブルガーの自伝『ヒトラーの贋札 悪魔の工房』をベースに、フィクションを織り交ぜスリリングかつドラマティックに綴る。監督は「アナトミー」のステファン・ルツォヴィツキー。(allcinemaより抜粋)

へぇ~。主役の贋作師サリーではなく、反抗してた仲間・ブルガーの自伝を基にした作品だったんだ・・・

映画の主役は、贋作作りの天才サリー。この人が、すっごくいいツラ構え^^ 
渋くて、どっかキザで、絶妙にのある顔ですhappy02

ナチス物は、どの作品もドラマがありますね・・・
深くは言うまい。

●● 私的、気に入った度・・・・・80点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

ナチス絡みの話、戦時下のドラマに惹かれる人。歴史的事件(国をあげての贋札作り)に興味がある人。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

「ボンテージ・ポイント」・・・75点

ボンテージ・ポイント [DVD] DVD ボンテージ・ポイント [DVD]

←こんな衣装(真ん中の)は無かったような・・・sad誰だよ、オマエ★
発売日:2008/08/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

バンテージ・ポイントの横にあった『ボンテージ・ポイント』(2007・米)というのもついでに借りてみた。監督ロバート・カフリー。出演リーリー・ソビエスキー、トリシア・ヘルファー等。劇場未公開。

原題は『WALK ALL OVER ME』。私の上を歩き回って→私を踏みつけてくれ、みたいな意味か?^^;

トラブルに巻き込まれ、昔のツテを頼って友人の元に転がり込んだアルバータ。友人セリーヌの仕事は、なんとSMの女王様だった。アルバータは「私にもできるかも?」とセリーヌになりすまして仕事に赴くが、それが更なるトラブルへと・・・

別にエロティックでもなく、意外と普通に犯罪モノでした。セリーヌがなんだかオトコマエで、骨太にすら感じられ☆

●● 私的、気に入った度・・・・・75点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

キレイなオネエチャンが出てくるクライム・サスペンスが観たい人。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

「バンテージ・ポイント」・・・82点

バンテージ・ポイント コレクターズ・エディション [DVD] DVD バンテージ・ポイント コレクターズ・エディション [DVD]

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2008/08/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「マボロシの一本」コーナーはちょっと休憩★
パパぴょんに「ホラー、サイコサスペンス、変態系エロティック、どれがいい~?」と聞いたら「どれもいらんgawk」。
なので「じゃあ大本命を出すか」とコレをだしたら「最初っから出しとけ」と。(´д`)

・・・そんなわけで『バンテージ・ポイント』(2008・米)を観た。監督ピート・トラヴィス。出演デニス・クエイドマシュー・フォックスフォレスト・ウィテカー、エドゥアルド・ノリエガ(地元刑事エンリケ)、ウィリアム・ハート(大統領)、シガニー・ウィーバー等。

大統領が民衆の目の前で狙撃された!犯人は誰だ!?

撃たれる23分前からの映像が、色んな登場人物の視点で何度も繰り返される。そして、段々とパズルのピースが埋まっていく。

面白かった!
90分と比較的短い事もあり、退屈するまも与えずスピーディーに展開していく。誰が犯人か推理するのも楽しいし(でもきっと最初から見破れる人いないと思う・・・)、犯人が分かって、もう一回観直すのも面白そう^^

難を言えば、犯人側の動機をもう少し説明して欲しかったな~。

●● 私的、気に入った度・・・・・82点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

テンポのよいアクション・サスペンスが好きな人。

| | コメント (11) | トラックバック (2)

「セクレタリー」・・・88点

DVD セクレタリー 【スマイルBEST】 DVD セクレタリー 【スマイルBEST】
←本編はアニメではありません★
ハピネット・オンライン Yahoo!店で詳細を確認する

『ワタクシ的マボロシの一本』二本目はコレ!
ボーさんに「スゴイ」と聞いてから、どーしても観てみたかった『秘書・セクレタリー』(2002・米)。やっと観る事が出来ましたー!!監督スティーヴン・シャインバーグ。出演マギー・ギレンホール(主人公リー)、ジェームズ・スペイダー(弁護士グレイ)等。リーの母親役でレスリー・アン・ウォーレンも!

自傷癖のある内気な若い女性が、秘書として就職した弁護士事務所で雇い主のボスから風変わりな“教育”を施されることで初めての快感に目覚め、いつしか一途な恋へと発展していく異色ラブ・ストーリー。(allcinemaより抜粋)

いやぁ~濃いわ~・・・そして、すごく良かったwink
他人からすれば理解できない変態行為に見えても、根っこにあるのは愛情で、求めているのは信頼関係なワケですよ。それが表情から視線からビシビシ感じられる。二人とも、いい役者さんですね~^^

二人の内面が触れ合うキッカケになる、’リーの後ろ姿(お尻)を見つめるグレイ氏。それに気付いたリーと視線が交わる’あの場面!!
軽く眩暈・・・。>v<

二人の駆け引き(というより探りあい。というより歩み寄り?)が、観ていてとてもスリリング☆どういう展開になっていくのか、目が放せなくて。

イジワルな言い方をすれば「われ鍋にとじ蓋」な二人ですが、巡りあえた奇跡に感謝しなくちゃね♪

●● 私的、気に入った度・・・・・88点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

柔軟な恋愛観をお持ちの方。変わった純愛モノ(といったら言い過ぎか)が観たい人。いわゆるノーマル行為以外は観たくない、という人には不向き。(←別にソッチ系のスゴイ性描写があるわけではない☆)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

「エクステ」・・・82点

エクステ [DVD] DVD エクステ [DVD]

←♪ヘアー、ヘアー、Myヘアー、ヘア~^^♪♪
発売日:2007/08/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

つい最近、通勤経路に大きなツタヤがオープン!!
検索機で「観たいのに、今までお店に無くあきらめていた作品」を検索すると、あるわあるわshinehappy02shine10本以上も私的お宝作品が!
ちょうど半額セールをやってたので、バカスカ借りまくって狂喜乱舞lovelyheart02

そんなわけで「ワタクシ的幻の一本」一本目はコレ!『エクステ』(2007・日本)。監督:園子温。出演:栗山千明、大杉漣など。

あらすじ:呪いのこもった髪(エクステ=付け毛)が人々を襲う。

以前セスさんに「大杉漣の怪演がすごい」と聞き、すごーく観たかったのに、なぜか近所のレンタルショップには入荷しなかった作品。
セスさ~ん、やっと私も観る事ができました~

はぁ~・・・探していた甲斐があった・・・スンゴイ濃いかった^^;大杉漣の怪演もそうだし、髪の毛がグロロロロロロ~と部屋の中はモチロン体やらまぶたの中まで這いずり回る描写は、そりゃもう「ヤッターhappy02!!」(←マシ・オカ風に)。

あ~観られて良かった^^大満足~♪

●● 私的、気に入った度・・・・・82点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

ホラーが好きな人。黒髪フェチの人。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

「臨死」・・・62点

臨死 [DVD] DVD 臨死 [DVD]

販売元:ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント ←ディズニーなの?!eye
発売日:2008/01/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

予告編が面白そうだった『臨死』(2007・米)を借りてみた。監督デヴィッド・S・ゴイヤー。出演ジャスティン・チャットウィン、マルガリータ・レヴェイヴァ等。主人公の母役でマーシャ・ゲイ・ハーデン(『ミスト』の狂信女)。日本劇場未公開。

暴行を受けて幽体離脱した少年。なんとか発見して助けてもらおうとするが、誰も気付いてくれず・・・

途中まではそこそこ・・・なんだけど、期待ハズレ(´д`)
なんでそういう展開になるのか、徐々にグズグズになってくる。

あまりにも納得いかなかったので、最後の方だけ監督のコメンタリーをみた。その中で「オリジナルとは違うLASTで、~」と言っていたので、なにかのリメイク作品らしい。

でも、調べる気も起きず・・・★

●● 私的、気に入った度・・・・・62点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

とりあえず主人公は可愛い男の子(高校生)なので、そういうのが狙いの方は観てみてもいいかも?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

フリースで手作り三昧。

ブックカバーのハギレを買った時に、冬用パジャマを作ろうとフリースを買っていたんですが・・・
その直後ギックリになった為ミシンが出せず★(普段は押入れに収納)
この日曜日にやっとパパぴょんに頼んでミシンをとりだし、パジャマを作りました。

081214_21370001 ←フカフカで気持ちいい~^^

フリースを縫うのは初めてだったのですが、生地がフワフワなので、大苦戦bearing
何度もハギレで試し縫いを繰り返し・・・

そんな試し縫いの産物がコレ↓081214_21380001

携帯電話にピッタリサイズ♪

でも今日使ってみたけど、いちいちカバーを取らなきゃ画面表示(サブ・ディスプレイ)が見えないので使いづらい★)なにか使い道ないかしらsad

他にも、恒例のお箸&コップ入れ↓
081215_08440001 ほつれにくそうな生地なんで、手縫いでザクザク縫ってあるだけですが、とてもイイ感じな出来栄え^^

そうそう、私がミシンなどやってる横で、子供が静かに何かやってる・・・と思ったら、こんなのを作ってました。↓

081215_08330001 あみ猫さんも、冬支度♪
靴・耳当て・服・マフラー。
耳の部分に赤い柄を持ってきてるのが泣かせますwink

| | コメント (8) | トラックバック (0)

「ベティ・ペイジ」・・・87点

ベティ・ペイジ [DVD] DVD ベティ・ペイジ [DVD]

←このジャケ写をみて、絵的に「美しい!」と感じた人なら、気に入るんじゃないかな♪^^
発売日:2008/05/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

土曜日、新聞に小さく「ベティ・ペイジ死去」の記事があった。

11日、米ロサンゼルスで死去、85歳。最近、肺炎で入院した後、心臓発作を起こし、意識不明の状態だった。 米テネシー州ナッシュビル生まれ。(AP通信より)

まだ、生きてたんだ!?それが、今日(12/11)亡くなったなんて・・・。今ちょうど『ベティ・ペイジ』(2005・米)借りてるのに。運命的なモノを感じて、早速観る。
監督メアリー・ハロン(『アメリカン・サイコ』)。主演グレッチェン・モル(『13F』)。R-15。(←R-15にしなくてもいいような気もするけど★)

まだ性に保守的だった1950年代の米国。ボンデージ・ファッションに身を包み絶大な人気を得たピンナップ・ガール、ベティ・ペイジの姿を追う。

終始50年代ぽいスタイル・映像・ファッション・風俗。「扇情的で、若者を堕落させる写真」とか、「(影響が使用した個人だけですまない、という意味で)ヘロインより悪い」とまで言われてるけど、今観れば味のあるコケティッシュともいえるピンナップで、可愛いモンです^^

ベティ自身はとても信心深かったそう。でも写真を撮られている時は「神様は皆に何らかの才能をお与えになった。私には写真のモデルという才能を♪」と実に楽しそうにSM風衣装ヌードになったりしてて。これがとっても自然な流れで、観てる間は矛盾を感じさせないのがスゴイです^^;

そうそう、ベティに最初に言い寄ってくる男の子役で、ノーマン・リーダスがちょこっと出演してました~^^ 

●● 私的、気に入った度・・・・・87点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

絵的に50年代が好きな人。保守的だった時代に、訴えられるほど人の心を虜にした伝説のピンナップガールに興味のある人。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

プラズマティックスの事など。

【CD輸入】 Plasmatics / Put Your Love In Me

【CD輸入】 Plasmatics / Put Your Love In Me
←私がヘビロテで聴いてたのはコレ。
♪Com'on baby,put your love in me~♪
HMV Yahoo!店で詳細を確認する

注:12/13、チョット加筆しました。

昨日の記事からの流れでプラズマティックスの話。

ジャンルは過激な女ボーカルで有名なハード・ロック、になるのかな?
ラジオで偶然知ったウェンディのおばーちゃんみたいなダミ声シャウトが気に入って、一時期コレばっか聴いてました☆

Vo.ウェンディ嬢はモヒカンで、乳首にテープ貼り付けただけのカッコとかで、かなり破壊的なステージハナタラシくらい?)だったようです。ウェンディ・O・ウィリアムスの公式サイトにYouTubeがあったので貼り付けてみました。↓

うひゃ~、無茶苦茶ですなぁ~^^;確かLPジャケもスクールバスに仁王立ちになってる写真だったような記憶が。

私が聴いてたのはもう20年以上前で、当時、雑誌で「こんなカッコでもママになった!」って記事を読んだ記憶があるのですが・・・。
彼女は最近(ウィキペディアによると1998年。最近、でもないか★)拳銃自殺したらしいです。合掌。

そんなわけで彼女をモデルにした映画(可愛い女優さんがウェンディ役。それはドキュメンタリーとは言わないか★)が製作されると聞き、観たい~!!とは思っているのですが。日本公開は無いだろうな・・・。DVD化もかなりアヤシイ。輸入版を探すしかないか?

ジョイ・ディヴィジョンのVo.を主役のモデルにした『コントロール』も今ショップの棚に並んでるくらいなので、これもフツーにDVD化して欲しいな~・・・(って書くとジョイ・ディヴィジョンのファンに怒られそう^^;『コントロール』もうすぐ観る予定です!←弁解になってないし(--;)

驚いた事に、プラズマティックスのオリジナルメンバーのベーシストは船原長生(フナハラチョウセイ)という日本人だったそう。

さらに驚いた事に、彼はその後、映画監督やプロデューサーとしてアメリカで成功したらしい。スティーブ・ブシェミが主演した『イン・ザ・スープ』(1992・米)(←私は未見です。多分)も彼が製作総指揮に名を連ねているとか。素晴らしい!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ジョー・ストラマー伝説

VIVA JOE STRUMMER スタンダード・エディション DVD VIVA JOE STRUMMER スタンダード・エディション

販売元:デジタルサイト
発売日:2007/02/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

そのザ・クラッシュのフロントマン、ジョー・ストラマー(Vo.)のドキュメンタリー『ビバ・ジョー・ストラマー』(2005・英・62分)が、隣にあったので借りてみた。監督マイク・パーキンソン。

英パンクシーンの中心的存在としてデビューし、その後アメリカでも成功したジョー・ストラマー。その生い立ちから、2002年に亡くなるまで(享年50歳・心臓発作らしい)を追う。

なんと外交官の息子としてトルコで生まれたんだとか。これは意外~!!

デビュー、スターの座、バンドの分裂、鳴かず飛ばずの中年期。そして新しいバンド・メスカレロスとしての再出発。とても充実してきた矢先の死は、とても残念で・・・

とにかくクラッシュとジョー・ストラマーの映像がふんだんに楽しめます。顔は段々年を取っていく(でもカッコイイ!)のに、声は全然変わらない不思議も興味深いです。

これはミック・ジョーンズ(リードG)も同じ。声は変わらないのに、あの頭髪の変化は^^;(『CODE46』の記事参照)

ジョー・ストラマーの訃報を聞いた時、確かに一つの時代の終わりを感じました・・・・。惜しい人を無くした・・・と思う反面、「これで伝説になった」感も否めません・・・think

天国で彼が安らかでありますように。合掌。

<<オマケ>>

そういえばプラズマティックスVo.ウェンディ嬢ドキュメンタリーが製作されると聞いたが、果たして観られる日はくるのだろうか・・・DVDでいいから観たい~!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「ブリティッシュ・パンク・インヴェンション」

ブリティッシュ・パンク・インヴェンション DVD ブリティッシュ・パンク・インヴェンション

←少しだけお安くなって(2625円)再発売!
と思ったら、アマゾンのマーケット・プレイスでは1109円で発売中!
発売日:2008/06/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

お店で音楽の棚を覗いてみたら、こんなのがあったので借りてみた。

パンクロック全盛期(からちょっと過ぎたくらいの時期)のイギリス。シーンを代表するバンドを85分びっちり紹介。

中でも特に観たかったのはクラッシュスペシャルズ。どちらも2~3曲収録されていて満足^^ ピストルズは『ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン』のよくみる映像(ジョニーがガーゼシャツ着て缶ビール持ってるヤツ)でした。

クラッシュの『ロンドン・コーリング』、ボーカル(ジョー・ストラマーね)すっごく辛そうsad シンドそうなんですよ~「いいからもう休んでて」って言いたくなっちゃうほど息たえだえな感じで。そこがまたセクシーでたまらなかったりしますが^^;

スペシャルズも『トゥ・マッチ・トゥ・ヤング』『ギャングスターズ』のライブ映像があって嬉しい♪ 最後はみんなステージに上がってきて大騒ぎ☆ こういうスカの賑やかなバンドって、時代が代わっても変わらず愛される気がするな~♪♪
でも一番好きなVo.テリー・ホールのアップ映像があんまり無かったのは残念(´д`)スペシャルズ解散後のファン・ボーイ・スリー、LP持ってましたよ~。あの切ない声が大好きでしたー!

収録曲を詳しく知りたい方はコチラをどうぞ→allcinemaの商品紹介ページ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ブックカバーを作りました。

こないだ生地屋さんで、フワフワのハギレに一目ボレlovelyしっとりフワフワで暖かくて、手触りがと~っても良いんです♪

買って帰って、さて何を作ろう・・・
せっかくこんなに気持ちがいい布なんだから、手でずっと触っていられるような物がいいな・・・

で、ブックカバーを作ってみました(^^)v

Photo Photo_2 ←しおり付き☆

気持ちいい~♪♪

| | コメント (8) | トラックバック (0)

「20世紀の冷酷犯罪史」

20世紀の冷酷犯罪史 [DVD] DVD 20世紀の冷酷犯罪史 [DVD]

販売元:アーティストハウス
発売日:2007/04/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ドキュメンタリー『20世紀の冷酷殺人史』(2000?・米)を借りて観た。今回借りたのは「冷血殺人/狂気の裏側」編だが、他にも「暗殺/未解決事件」、「サイコ」、「犯罪組織/泥棒」等があるらしい。

記憶に新しいO・J・シンプソンから始まり、チャールズ・マンソンやケネス・ビアンキ、チャーリー・スタークウェザー、テッド・バンディなどなど、有名な殺人鬼の実録映像集。50分ほどのTV番組みたいなのが2本立てで収録されている。

レオポルドとロープって二人組は初めて聞いたけど、ちょっと『完全犯罪クラブ』(←サンドラ・ブロックの)のモデルっぽい?と思ったり。

近所のお店には多分コレしかなかったな~。「サイコ編」が見てみたい^^;★

| | コメント (7) | トラックバック (0)

「ダーウィン・アワード」・・・82点

ダーウィン・アワード DVD ダーウィン・アワード

販売元:東宝
発売日:2008/04/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

やっと旧作になった『ダーウィン・アワード』(2006・米)を借りて観た。監督フィン・テイラー。出演ジョセフ・ファインズウィノナ・ライダー等。デヴィッド・アークエットジュリエット・ルイスルーカス・ハース、メタリカ等もちょっとずつ出演!

警察をクビになったプロファイラーが、保険会社のためにおバカな死に方の事例を求めて全米各地を旅するさまを描いたドタバタ・ブラック・コメディ。(allcinemaより抜粋)

面白かったデスhappy01 だれるトコロも無く、最後まで等間隔で見せ場あり。観る前は「ジョセフ・ファインズがコメディなんて?」と思ってたけど、血を見ると失神しちゃうひ弱そうな分析官って役柄がヤケにハマッてた^^;

ジュリエット・ルイス、ひっさしぶりに観たー! ほとんど変わってなかった(でもオーラは無い。それも演技か?)。あのちょっとダルそうな喋り方まであのままだった☆

●● 私的、気に入った度・・・・・82点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

ドタバタ(ってほどドタバタでもない?)・コメディが好きな人。「世界ビックリ事件」系のネタが好きな人。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

「ワイルド・ホッグス/団塊ボーイズ」・・・80点

WILD HOGS/団塊ボーイズ [DVD] DVD WILD HOGS/団塊ボーイズ [DVD]

←恥ずかしい邦題は、もうヤメテほしい・・・☆
発売日:2008/07/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

『ワイルド・ホッグス』(とあえて書かせていただきます。2007・米)がもう旧作になっていた。監督ウォルト・ベッカー。出演ジョン・トラボルタティム・アレンウィリアム・H・メイシーマーティン・ローレンス、マリサ・トメイ、レイ・リオッタ等。

人生倦怠期な中年男4人組。日常にクサクサしていた彼らは、愛車ハーレーを転がして、アメリカ横断の冒険の旅に出た!・・・

そして色々なトラブルに出会い、それを乗り越えていくという、ベタといえばベタな話ですが。同じ様な年代・境遇の男性が観たら共感するのかも☆

ティム・アレン、『シャギー・ドッグ』以来とても面白くて好きな俳優さんです。今作でも「パパ、メタボ」とか言われながらも頑張るお父さんだった~♪

とりあえず、面白かったです♪
途中で出てくる警官が最高でした~^^;

●● 私的、気に入った度・・・・・80点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

ハーレー好きな人。人生に行き詰まり感を感じている中年男性の方々。停滞した日常を捨ててどっか行きたいな~という夢を、ひととき見させてくれる作品かもです。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

「サイドウェイ」・・・80点

 サイドウェイ 特別編 サイドウェイ 特別編
←肩に手を置くだけでいいんだね・・・。
 勉強になりました☆
TSUTAYA onlineで詳細を確認する

ヴァージニア・マドセンが観たくて、『サイドウェイ』(2004・米・ハンガリー)を借りて観た。監督アレクサンダー・ペイン(『アバウト・シュミット』)。出演ポール・ジアマッティトーマス・ヘイデン・チャーチ(スパイダーマン3のサンドマン)、ヴァージニア・マドセンサンドラ・オー等。R-15(←何故?当然のように全編で飲酒運転してるからか?)

もうスグ結婚という友達のための、男二人でワイナリー巡りの旅。でもその友達は「最後に女とヤリまくるぞー!」と思っていた^^;そして「離婚以来しょぼくれてるお前にも、女を抱かせてやる!」と・・・

そしてそれぞれが、女性と出会い、それぞれに進展していく。

友達役トーマス・ヘイデン・チャーチが、「どの年代の女にもモテル」と豪語する色男な設定☆ そして確かにそう見えるheart01

対する主人公のポール・ジアマッティ。ワタクシ的にはこの人、絶対恋愛対象にならないタイプ★(←個人的意見です)。なので、あの色っぽいV・マドセンとどうのこうのってのが、いまいち共感できずbearing

でもストーリーは、男女の心の動きの機微が繊細に、時にコミカルに描かれていて、とても感じが良い作品でした。

●● 私的、気に入った度・・・・・80点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

遠回りな恋愛モノ系人間ドラマを観たい人。

| | コメント (11) | トラックバック (1)

「トロピック・サンダー」の注意事項

職場で『トロピック・サンダー 史上最低の作戦』を観に行った、という人が2名いて、その二人が異口同音に
「グロすぎて引いたわ」と。
あー、そう言われればそうかも・・・(´д`)

なので「オススメしたい人」欄に
’グロ描写も平気で笑える人’ってのを追加しときたいと思います。苦手な人はご注意を~☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »