« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月の24件の記事

★「カルラのリスト」・・・80点

カルラのリスト DVD

カルラのリスト

←スイス人女性、カルラ・デル・ポンテ。誰かに似てると思ったら・・・クリス・クーパー^^;
発売日:2008/03/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

以前、新聞記事を読んで面白そうだと思った『カルラのリスト』(2006・スイス)。伝記コーナーで見つけたので(注:生きてますが)借りて観た。監督マルセル・シュプバッハ。出演カルラ・デル・ポンテ等。

1995年ボスニア内セルビア人勢力の将校と兵士によって集団虐殺が行われた。その戦犯を追う’旧ユーゴ国際刑事法廷(ICTY)検察官’カルラ・デル・ポンテに密着したドキュメンタリー。

こんなにタフで、精力的な目をしたオバアサン(失礼)は初めて観た。

カルラ・デル・ポンテは、世界一固い警護に守られた女性の一人。専用ジェット機でチームとともに世界を飛び回るカルラ。思うような進展は無くとも「あきらめたら負け」が合言葉。追われる方は、相手があきらめるのを待っているのだ。「追う者がいなければ、無かった事と同じ」なんて、やられた方にしたらそんなの許せない

だがICTY2010年に閉鎖する事が決まっている。もし裁判するなら2005年中に奴ら(カラジッチとムラディッチには500万$の賞金が!)の身柄を拘束する必要がある。そしてカメラは2005年3月から12月までのカルラに密着する。

「蛇の道はへび」とでも言いたくなるような彼女達でも、なかなか追っている犯罪者のリストを塗りつぶせない。大使や首相とも臆せず渡り合うカルラだが、それぞれの国の思惑もあって・・・。口では「協力する」と言いながら、それは口先だけのようだと徐々に分かってくる。戦犯を探す&引き渡す事が政治的駆け引きの道具に使われていたりするのだ。(もっともカルラはそんな事くらい先刻承知)

カルラの任期は2007年9月まで、と記して映画は終わる。彼女は今、何をしているんだろう。

それにしても、こんな人たちの存在自体、今までちっとも知らなかった。それほど昔の話で無く、日付が割と最近なので、そこが妙にリアルでした。

●● 私的、気に入った度・・・・・80点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

犯罪者を追うドキュメンタリーに興味のある人。(刑事モノをイメージするとちょっと違う。ICTY検察官の仕事は、政治的圧力をかけて犯人の所在を突き止める事だから。)

<オマケ。ネタバレ有り。要ドラッグ>
カラジッチは2008年8月にセルビアで逮捕されたらしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「28週後・・・」・・・85点

28週後... (特別編) DVD 28週後... (特別編)

彼ら(ゾンビな人たち)は息切れしないのかな?

発売日:2008/06/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今日は若干ネタバレ気味です。

いつもと違うお店で旧作になっていた『28週後・・・』(2007・英・スイン)を借りて観た。監督フアン・カルロス・フレスナディージョ。出演ロバート・カーライル(父)、イモージェン・プーツ(姉・タミー)、マッキントッシュ・マグルトン(弟・アンディ)、ジェレミー・レナー(軍人・ドイル)等。
『28日後・・・』の続編。スプラッタ描写でR-15。

あれから28週後のロンドン。アメリカ軍の監視のもと、復興に向けて徐々に町は活気を取り戻しつつあった。そんな時、レイジウィルスに感染していながら発症はしていない「保菌者(キャリア)」が見つかる。ワクチンが開発できるかも、と喜ぶが・・・

「アメリカ軍主導のNATO軍」らしいですが、んもーヨソの国だと思ってか、緊急事態になった途端メチャクチャな攻撃を始めますcoldsweats02今まで守ってくれてた兵士が問答無用で銃を向けてくる。逃げ惑う人々。
もはや何から逃げているかも分からないほどの大パニック。地獄絵図です・・・

『28日後』といい今作といい、動きの速いゾンビは嫌ですね~(正確にはゾンビとは言えないけど)。全速力であんな集団でこられちゃー勝ち目ないよ~(´д`)

今作のスプラッタ描写はかなりヘビーで、’ヘリでゾンビを一掃!’な場面もあり。これがまた「人間草刈機」なみにバリバリと素晴らしい切れ味で^^;「やったるでー!」という意気込みを感じました☆
でも絶対バランス崩して大破、って展開だと思ったんだけどな~。妙な所で名パイロット発掘。

オトコ前な軍人ドイルは素敵でした・・・

母・アリス役(キャサリン・マコーマック)は『ブレイブハート』(1995・米)のメル・ギブソンの妻役だった人。あの別嬪がこんなんなっちゃって~(´д`)

●● 私的、気に入った度・・・・・85点 ●●←最近85点多い?

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

スピード感あふれるパニックムービーが観たい人。スプラッタきつめのゾンビ物が好きな人。

| | コメント (9) | トラックバック (1)

「砂と霧の家」・・・85点

砂と霧の家 特別版 DVD 砂と霧の家 特別版

←どちらの顔もあまり好きじゃないので、今までスルーしていた一本。
発売日:2005/03/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

凹みーズ会長wataruさんが「これはズンドコ凹む!」と推奨していたので、『砂と霧の家』(2003・米)を借りてみた。監督ヴァディム・パールマン。出演ジェニファー・コネリー、ベン・キングズレー、ロン・エルダード等。

競売物件の持ち主の女性(←旦那が出て行った後、父の遺産である家に一人住まい)は、新しい家主のイラン人一家(←これが家族の再生の最後のチャンス)から、家を取り戻そうとするが・・・。

どちらもギリギリの精神状態で頑張っている。どちらの言い分も分かる。切ない。ツライ。凹む・・・。

そして運命はどんどん悪い方へ悪い方へとまわっていく。本人たちも半ば分かっているのに止める事が出来ない。途中で絡んでくる新しい彼氏がまた、暴走しがちなタイプで(´д`)

そりゃもう素敵な凹みっぷりでございました☆

●● 私的、気に入った度・・・・・85点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

誰も幸せにならない、救いのない悲劇が観てみたい人。渋い役者の競演が観たい人。凹みーズ。

| | コメント (13) | トラックバック (1)

「インビジブル・ウェーブ」・・・20点

インビジブル・ウェーブ DVD インビジブル・ウェーブ

画面の構図などは、ちょっと変わった感じでした。
発売日:2007/11/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

浅野忠信主演、という事で『インビジブル・ウェーブ(2006・タイ・蘭・香港・韓)を借りて観た。監督ペンエーグ・ラッタナルアーン。出演:浅野忠信、カン・ヘジョン等。

料理人キョウジが依頼された殺人をこなした後、船に乗って香港からプーケットへ・・・

ストーリーが、なんだかさっぱり分からない(´д`) 今、アマゾンのあらすじ読んでみて、「へーこんな話だったのか」と★

話もサッパリだし、セリフも聞き取りにくいしで、とにかく眠かったです・・・_| ̄|○

●● 私的、気に入った度・・・・・20点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

淡々としたロードムービーが好きな人。「眠い作品」に挑んでみたい人。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「犯人に告ぐ」・・・80点

犯人に告ぐ DVD 犯人に告ぐ

←顔はいいし、声もいいんだけど・・・
発売日:2008/03/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

トヨエツ主演の面白そうな一本という事で、『犯人に告ぐ』(2007・日本)を借りて観た。監督:瀧本智行。出演:豊川悦司、石橋凌、小沢征悦、笹野高史、片岡礼子、松田美由紀など。同名小説の映画化。

男児誘拐の捜査に失敗した刑事・巻島。6年後、似たような連続児童殺害事件を担当する事になり、TVの生放送で犯人に挑戦状を・・・

いつも思うんだけど、トヨエツってセリフに感情がこもってない。(全国のファンの皆様、ゴメンナサイ~!) せっかく目に色気があって、とても雰囲気のある俳優サンなのに、そこが非常に残念。

事件の捜査もフツーに良かったけど、それ以上に面白かったのが「(警察・TVなどの)内部の足の引っ張り合い」。ヤですね~意地悪くて陰険で(゚⊿゚;

『武士の一分』の笹野高史が、ここでもイイ味出してました♪

●● 私的、気に入った度・・・・・80点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

犯罪ミステリーが好きな人。

<オマケ>
トヨエツ出演作で一番好きなのは、常盤貴子と共演したドラマ『愛しているといってくれ』。あれ、しゃべんなかったし・・・^^;

| | コメント (5) | トラックバック (0)

「キングダム 見えざる敵」・・・85点

キングダム/見えざる敵 DVD キングダム/見えざる敵

←ラストの一言に戦慄。憎悪の根は深い・・・
発売日:2008/12/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

パパぴょんが予告編をみて「コレ観たいな。」とつぶやいた『キングダム 見えざる敵』(2007・米)を借りてきた。監督ピーター・バーグ。出演ジェイミー・フォックス(『マイアミ・バイス』、『ドリーム・ガルールズ』等)、ジェニファー・ガーナー(『13ラブ30』、『デアデビル』等)、クリス・クーパー(『アメリカン・ビューティー』等)など。シビアすぎてPG-12

サウジアラビアの外国人居住区で自爆テロ発生。犠牲者の中にはFBI捜査官も含まれていた。FBI捜査官ら4人が、5日間の現地調査に乗り出して・・・

『ブラッド・ダイヤモンド』(2006・米)を観た時と同じ様な衝撃を受けた。もし、この場に自分がいたら、絶対生き残れそうに無い。凄まじいまでの緊張感。一瞬でも気を抜いたら命取りの戦場である。

あまり気乗りしないまま見始めたにもかかわらず、目が離せなかった。「どの人も同じ顔に見えちゃうんじゃ?」という危惧もあったが(←私だけか★)余計な心配であった。
すごい作品を観た

『ジュノ』で養父母カップル役だったジェイソン・ベイトマンジェニファー・ガーナーが、チームの一員として助け合っていた。役者って、ほんとに色んな顔ができるんだね~

●● 私的、気に入った度・・・・・85点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

社会派サスペンス・アクションが観たい人。アメリカと石油産出国の関係に興味がある人。

| | コメント (12) | トラックバック (1)

「パンズ・ラビリンス」・・・91点

パンズ・ラビリンス 通常版 DVD パンズ・ラビリンス 通常版

家族向けではありません
発売日:2008/03/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ずっと観たかった『パンズ・ラビリンス』(2006・メキシコ・スペイン・米)をやっと借りて観た。監督ギレルモ・デル・トロ(『ヘルボーイ』、『デビルズ・バックボーン』等)。出演イバナ・バケロ(オフェリア役)、セルジ・ロペス(ビダル大尉)、マリベル・ベルドゥ(メルセデス役)等。あまりのダークさにPG-12

1944年スペイン。内線終結後も山あいには反対派ゲリラが出没していた。そんな中、山間部の屋敷にやってきた少女(母親が再婚・相手は冷酷な軍人)は迷宮に迷い込み・・・

コレはイイ!!主人公がどうなるのかは最初に示されるので「えっそんな~!」とは思わないんですが、それ以上に哀しいのです。色んな感情が入り混じり、哀愁を帯びたメロディーも効果抜群で、心の奥をギュウっと持っていかれる感じ。

哀しくて美しく、繊細優美残酷。素晴らしい映画です。

●● 私的、気に入った度・・・・・91点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

重く、ものがなしくも美しい作品が好きな人。ダーク・ファンタジーが好きな人。ゴシック風映像に惹かれる人。

| | コメント (17) | トラックバック (3)

「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」・・・80点

ライフ・オブ・デビッド・ゲイル (ユニバーサル・セレクション2008年第7弾) 【初回生産限定】 DVD ライフ・オブ・デビッド・ゲイル (ユニバーサル・セレクション2008年第7弾) 【初回生産限定】

販売元:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
発売日:2008/07/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

TV放映していた『ライフ・オブ・デビッド・ゲイル』(2003・米)を観た。監督アラン・パーカー。出演ケヴィン・スペイシー、ケイト・ウィンスレット、ローラ・リニー等。

三日後に死刑を控えた死刑囚デビッド・ゲイル(罪状は強姦殺人)。彼が突然、「インタビューを受けたい」と女性記者を指名してきた。その本心とは・・・

『ミッドナイト・エキスプレス』、『ミシシッピー・バーニング』等の監督アラン・パーカー。いかにも彼らしい作品。観た後も心にズシリと残ります。

でも・・・。「死刑廃止論者だったインテリ(元大学教授)が、いわくありげな死刑囚で」ときたら・・・・・「それって○○じゃないの?」と最初に思っちゃって★ 途中で「あれ、違うのかな~」と思いなおしかけたんだけど、やっぱそういうオチだった。読めてしまった自分にガックリ(´д`)もっと素直に驚きたかった・・・

●● 私的、気に入った度・・・・・80点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

社会派サスペンスドラマが観たい人。死刑制度の是非に興味がある人。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

「地球外生命体捕獲」・・・75点

地球外生命体捕獲 DVD 地球外生命体捕獲

あの発信機、なんで死ぬと止まるんだろう?
発売日:2008/03/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

なんとなく・・・バクチ気分で『地球外生命体捕獲』(2006・米)を借りて観た。監督エドゥアルド・サンチェス(『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』)。出演アダム・カウフマン(ワイアット役)、キャサリン・マンガン(ホープ役)など。

以前ひどい目に遭わされた仕返しに、宇宙人をボコボコにして捕まえた男三人バカトリオ。が、一番ひどい目にあった友達の家に「ほら、仕返ししろよ!」と持っていくと、「バカ!やり返されるぞ!」と。そしてその通りに・・・

クダラネ~ヽ(´▽`)/ 宇宙人がこれまた、すっごいベタな宇宙人で^^しかもみんな真剣なトコがいいわ~

●● 私的、気に入った度・・・・・75点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

ベタなホラー(宇宙人絡み)が観たい人。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

★「忘れ難い、そのお顔。

『HEROES』シーズン2、第1話を観た。シーズン1の最終回、観てないんだけど、面白い^^;
思ったほど「ワケがわからんー!」とは、なりませんでした♪セーフセーフ☆ (パパぴょんも「ん?よーわからんけど、これから謎が解けていくのかな」と思ったみたい^^;)

ところで「ヒーローズ」といえば、驚いた事にマルコム・マクダウェルが登場しました!!マルコムといえば、あの『時計じかけのオレンジ』のアレックスですよ!『カリギュラ』のカリギュラ皇帝ですよ!(←これから観る人のために、要ドラッグ。)
かなり久しぶりに見かけたような気がしますが、エキセントリックな狂気を感じさせる風貌はいまだ健在♪ イカしたジイさんになってました^^

ヒーローズは置いといて。

『24』に、あれーこの人観た事ある~というCTUスタッフがいたので、よく考えると・・・エリック・バルフォーでした。(参照→OCの記事)この顔、以前もCTUにいたよね・・・。調べてみたら、やはりシーズン1に出てた。なのに、シーズン2~5は出てこなくて、なんで6で突然復帰なのか。謎だ。

でもシーズン1で出演してたのを思い出したら、なぜか途端に、あれほど強烈だった『テキサス・チェーンソー』の人面マスクのイメージを払拭できました☆ もうCTUのマイロにしか見えんぞ~(^^)v

やっぱり一番最初に観たときの役柄のイメージが、その後も尾をひきますね~。良くも悪くも^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「青いパパイヤの香り」・・・79点

 Movie/青いパパイヤの香り

Movie/青いパパイヤの香り
←題名からH系成長バナシかと思ってたよ☆
HMVジャパンで詳細を確認する

TV放映していた『青いパパイヤの香り』(1993・ベトナム・仏)を観た。監督トラン・アン・ユン。出演リュ・マン・サン(ムイ役・少女時代)、トラン・ヌン・イェン・ケー(ムイ役・大人)等。

1951年、ベトナム・サイゴン。ある資産家の家に住込みの女中としてやってきた10才の少女の日々を描く。(途中から急に’10年後’として大人になってからの姿が描かれる。)

カンヌ映画祭でカメラ・ドール賞(新人監督賞)を受賞した作品。昆虫や植物などのクローズ・アップが印象的。

少女ムイの目から見た一家(夫婦、男の子2人、姑の5人家族)の生活が淡々と描かれていくのだが、色々あって不思議と退屈ではない。この子役がとても良い。映像全体が、匂いたつような雰囲気と奥行きに満ちている。

●● 私的、気に入った度・・・・・79点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

健気な子供が好きな人。どうみても幼い子供な彼女が、家の中の仕事を覚えていく姿も興味深いです^^

| | コメント (8) | トラックバック (0)

「ボビーZ」・・・78点

ボビーZ DVD ボビーZ

←’Z’ってなんだろね。
発売日:2008/04/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ジェイソン・ルイス(『セックス・アンド・ザ・シティ』のスミス役)が出てるというので、『ボビー・Z』(2007・米・独)を借りて観た。監督ジョン・ハーツフェルド。主演ポール・ウォーカー。共演ローレンス・フィッシュバーン等。

とことんツイテナイ男ティム・カーニー(元海兵隊員・現在服役中)。麻薬王ボビー・Zに似ている事から、刑務所から出るのと引き換えにボビー・Zの替え玉になるが・・・

ボビー・Zの元恋人役でオリヴィア・ワイルドが出てた。ドラマ『O.C.』のアレックス役の女優さん。これは嬉しい!今作では『O.C.』の金髪とはうって変わって、黒髪美人役。こっちの方がよりミステリアスで似合うわ~♪

お目当てのジェイソン・ルイスは顔面アップもないし出番は少なかった(´д`)しかもそんなに似てないと思うんだけど★だいいち声でバレルのでは?

●● 私的、気に入った度・・・・・78点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

肩のこらない軽めのさわやかアクション映画が好きな人。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

「ベオウルフ/呪われし勇者」・・・70点

ベオウルフ/呪われし勇者 ディレクターズ・カット版 DVD ベオウルフ/呪われし勇者 ディレクターズ・カット版

←やたら脱ぎたがるベオウルフ。
英雄じゃなきゃ露出狂だよ~★
発売日:2008/06/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

旧作になった、CG処理の方の『ベオウルフ』(2007・米)を借りてきた。監督ロバート・ゼメキス、主演レイ・ウィンストン、アンジェリーナ・ジョリー等。

巨人グレンデル退治の為、デネの国にやってきた英雄ベオウルフ様御一行。無事グレンデルを退治。しかしその後、妖艶なグレンデルの母に「子を授けよ。そうすれば富と名声を与えよう」と迫られたベオウルフは、その魅力に抗えず・・・

この英雄、G・バトラー版ベオウルフよりタチが悪い(´д`) ひとくくりにしたくは無いが「男って・・・」と思ってしまう★どんなにいい条件に思えたって、裏があるに決まってるのに~

ラストのA・ジョリーの顔、何故かそこだけシャロン・ストーンに見えた。

●● 私的、気に入った度・・・・・70点(同じ70点だけど、G・バトラー版ベオウルフの方が数段好き。コッチはなんだか平凡) ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

CG映像に抵抗が無い人。ゲーム的世界のアクション・ファンタジーが好きな人。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

「レミング」・・・76点

レミング DVD レミング

←劇中で出てくるS・ランプリングの若い時の写真にウットリshine
発売日:2008/02/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する


シャルロット・ゲンズブールシャーロット・ランプリングの競演と言うので、『レミング』(2005・仏)を借りて観た。監督ドミニク・モル。主演ローラン・リュカ。

エンジニアの夫婦が、奇妙な社長夫妻と関わった事から、平凡で幸せな生活を脅かす出来事が次々に起こり始め・・・

レミングとは、集団自殺する事で有名なネズミの一種。

社長夫人アリス役のシャーロット・ランプリングが、そりゃもうスゴイです。このヤナ感じぶりは、イザベル・ユペールにも匹敵☆

お話全体としては・・・よく分からんかった(´д`) 結局、誰が一番得したのかな~? やっぱアリス?

思い出したので追記。(H20.10.23)
ローラン・リュカ・・・どっかで聞いた事ある名前と思ってたら、『変態村』(2004年)の主人公マルクでした。
オカシな人を寄せ付ける顔なのか?
それとも製作者側に「こいつをメチャクチャな目にあわせよう!」と思わせる顔なのか?bearing

●● 私的、気に入った度・・・・・76点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

現実と幻覚の区別があいまいな作品が好きな人。サイコ・サスペンスが好きな人。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「デス妻」2終了&「ヒーローズ」&「24」。

デスパレートな妻たち シーズン2 COMPLETE BOX DVD デスパレートな妻たち シーズン2 COMPLETE BOX

販売元:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日:2007/06/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

TV放映していた『デスパレートな妻たち』のシーズン2が終了した。

「えー、どーなるのー!?」という中途半端感はそれほどない(←やっぱこうでなくちゃね)。でも殺人・隠し子・新たな出会いなど、色々な問題が明らかになったトコで終わるので、シーズン3はさらに面白そうな予感^^

続けてシーズン3もやらないかな~と思ってたら、来週からは『アグリー・ベティ』が始まるそうじゃないの!! それ観たいと思ってたのよ~♪嬉しい!noteshappy01

それと、今日から『ヒーローズ』のシーズン2が始まる♪ でも先週録画したシーズン1の最終回、観る前に消しちゃった! あああ、パパぴょんになんて言い訳すれば・・・(゚ロ゚; )一週トバシてるって、やっぱバレるかな~、バレるよね~★

そういえば『24シーズン6』をTVで放映中なので、観てます。いや、観てますというか・・・
観ながらよく寝ています(´д`)まさか『24』で寝てしまうとは!!!  なんでだろう、もうジャックは不死身だと思ってるからかな?(しょっぱなから刺されてんのに、全然ヘーキそうだしcoldsweats02
でも、こんな自分がスゴク嫌~★

雨里さんには「フン、そりゃ『ボーン』で寝るくらいだからね」と鼻で笑われそう(ーー;)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

サーカスを観に行った。

新聞屋さんにチケットをもらったので、家族で木下大サーカスを観に行った。サーカスを観るのは2度目。

なるべく混んで無さそうな日に行こうと、雨降りの日を選んで行った(実は先週のお話です)。にもかかわらず、混んでた^^; 開始30分前には着いたんだけど、もっと早くから並ばなきゃ満員で入れないトコだったよ~

一番後ろに座って、サーカス開始。
いいですねぇ、この非・日常感!いかにも、「これから夢の世界が始まるよ!」という感じでワクワク^^

サーカスは二部構成(途中で休憩有り)で、全部で2時間ほど。いやぁ~堪能させていただきました。アクロバット・猛獣ショー・空中ブランコなどもモチロン凄かったのですが、一番「スゴー!」と思ったのは男性二人が大きな輪っか(ハムスターの回し車みたいな形の輪)の中に入ってグルグル歩くやつ。口で説明しても解かりづらいので、絵に描いてみました。支えるワイヤー?の部分はうろ覚えですが・・・↓

Cocolog_oekaki_2008_10_12_09_06

端っこの拡大図↓

Cocolog_oekaki_2008_10_12_09_09

見苦しい絵で申し訳ないsweat01

・公式サイトに写真がありました→コチラ

これ、命綱も落下防止ネットも無しなんです。観ててヒジョーにハラハラします。マジ凄いです。

あと、鉄球バイクも好き♪大きな球形の鉄の柵の中でバイクが走り回るショー。爆音がスゴくて、子供は耳ふさいでたけど^^;

一番後ろでもよく見えたし、色々楽しめて大満足でした~♪

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

鉄球バイクをみると、昔観た映画『二十世紀少年読本』(1989・日本。『二十世紀少年』とは別物)を思い出す♪
猛獣ショーは『ロザリンとライオン』。ロザリン可愛かった~^^(ソコしか覚えてない)
空中ブランコは『ベルリン・天使の詩』♪
あと、今回のサーカスには無かったけど、馬に乗って射撃する女性が主人公の『愛よりも非情』(アントニオ・バンデラス出演)。哀しいお話でございました・・・

思い出したので追加。『フリークス』なんてのもありましたね☆(つい’見世物小屋’と勘違いしがちだけど、よく考えたらサーカスの話だった)。あの人たち、全部ホンモノだったんだろうな~・・・

| | コメント (14) | トラックバック (0)

「ラストキス」・・・74点

ラスト・キス DVD ラスト・キス

廉価版は1500円です。
発売日:2007/10/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

『O.C.』のサマー(レイチェル・ビルソン)が出てるというので、『ラストキス』(2006・米)を借りて観た。監督トニー・ゴールドウィン。出演ザック・ブラフ、(マイケル役)、ジャシンダ・バレット(ジェナ役)、レイチェル・ビルソン(キム役)、ケイシー・アフレック(友達クリス役)等。

結婚を前にしたマイケルは、若い女子大生キムにフラッと・・・。男のマリッジ(というか人生全般の)ブルーを描く。イタリア映画のリメイクらしい。

R・ビルソン(『ジャンパー』の相手役って言った方がわかるかも?)、めっちゃ可愛い~lovelyクルクル踊る姿は、セクシーで活きのいい小動物みたいnotesheart02そりゃクラクラするわ~

でも主役の男がイマイチ、パッとしない。なんでキムみたいな可愛い子が寄ってきたのか理解できず☆

●● 私的、気に入った度・・・・・74点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

軽い恋愛モノが観たい人。サマーのファン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二人で王将。

前述の『P.S.アイラブユー』を観た帰り、せっかく大人2人なんだから、なんか食べて帰ろうという事になり。

子供がいたら入れないお店が良いな~なんて言ってたんですが、時間も遅かった(夜10時前)ので、駅前の王将へ。道をはさんで京都王将と大阪王将が睨み合っていましたが(←ウソ)、ここは迷わず大阪王将をチョイス。

そしたら、なんと一部のランチメニューが夜10時までOKとのことで、私はエビチリランチ、パパぴょんは焼飯ランチを注文。

エビチリランチ・・・エビチリ、ライス(小ドンブリ、くらいの結構な量)、唐揚げ(二個)、春巻き(一本)、スープ等。
焼飯(炒飯だったかも)ランチ・・・焼飯、唐揚げ、以下、同様。

安い、早い、そして美味い!大満足でした~!fuji おまけにパパぴょんのオゴリだったし♪

エビチリ(辛くはない)は衣が付いてるのが好きだけど、ココのは衣無しでした。ソコだけ残念★ でも唐揚げは外カリカリで中柔らかいし、全てがアツアツ出来たて♪

一口もらった焼飯、めっちゃ美味しかった!私もアレにすれば良かった~><

| | コメント (11) | トラックバック (0)

「P.S.アイラヴユー」・・・84点

P.S.アイラヴユー Music P.S.アイラヴユー

←劇中で流れる歌は、どれもこれもストーリーにピッタリで、とても良かった♪
このサントラには入ってないと思うけど、G・バトラーとH・スワンクがカラオケを熱唱する場面も有り。これはファンなら必見!!
発売日:2008/09/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

試写会が当たったので、パパぴょんと二人で『P.S.アイラヴユー』(2007・米)を観に行った。映画は10月18日公開。

監督リチャード・ラグラヴェネーズ(『マディソン郡の橋』の脚本家)、出演ヒラリー・スワンク(ホリー役)、ジェラルド・バトラー(ジェリー役)、ハリー・コニック・Jr(ダニエル役)、キャシー・ベイツ(ホリーの母役)、リサ・クドロー(デニース役)ジーナ・ガーション(シャロン役)、ネリー・マッカイ(キアラ役)、ジェフリー・ディーン・モーガン(ウィリアム役)等。原作はセシリア・ハーンの同名小説だそう。

ラブラブだった夫が急死。打ちひしがれた妻に夫から消印の無い手紙が届き始め・・・。妻が立ち直っていく姿を描く。

夫は映画が始まってスグに死んでしまうのですが、ホリーの空想や回想シーン等で、出番は結構多いですlovely

私はとても良かったと思いますが、パパぴょんは「悪くはないけど・・・。日本では当たらんと思うで。」と。理由を聞くと「女達が下品だから」。貞操観念がちょっとなぁ、らしいです。「日本人にはもっと’耐え忍ぶ’みたいな方が受けるやろ」とも。うむむ、そうかも・・・?

でもその下品と言わしめた女達=主人公含む友達三人組。本音・直球ストレート全開で、すごく面白かったんだけどな~。多分、女性に幻想を抱いてる人だと、観ててイヤになっちゃうのかも^^;リアルすぎて★ (←彼は多分『セックス・アンド・ザ・シティ』も嫌いかと)

友達役でリサ・クドロー。ミラ・ソルビィーノとW主演した『ロミー&ミシェル』大好きです♪
さらに友達役に『ショーガール』でクリスタルを演じたジーナ・ガーション。とくれば、まあ大体想像つきますよね☆

パパぴょんに「女達が下品やから」と言われた時、「顔が?」と聞いてしまった私を許して下さい・・・coldsweats01

●● 私的、気に入った度・・・・・笑えるツボもかなり有り♪ 84点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

感謝の気持ちを忘れてしまった人。心温まる恋愛映画が観たい人。ヒラリー・スワンクが「美人」の設定でも怒らない人。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

「ジェイムズ聖地へ行く」・・・80点

ジェイムズ聖地へ行く DVD ジェイムズ聖地へ行く

←色んな賞を取ったらしいです。
発売日:2007/10/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

なんとなく面白そうだった『ジェイムズ聖地へ行く』(2003・イスラエル)を借りて観た。監督ラアナン・アレクサンドロヴィッチ、主演シアボンガ・シブ。

聖地エルサレムへと巡礼の旅に出たアフリカの純朴な青年が、途中で幾多の障害に遭遇し、その中で様々な経験を積む一方、なかなか“約束の地”にたどり着けないさまを拝金主義への痛烈な皮肉を込めつつユーモラスに綴るイスラエル製作のコメディ・ドラマ。(allcinemaより抜粋)

イスラエル映画ってあんまり良く知らないけど、これは面白かった^^

イスラエルにやってきたジェイムス君(将来は牧師)、入国審査で不法労働者と間違われて留置場へ。そこへ、親切な人がやってきて出してくれる。「やっぱり神様のお導きなのね~」と思ってたら、「保釈金を払ってやったんだから、その分働いて返せ」と(´д`)

そしてタコ部屋に入れられて働くジェイムズ君runマジメな仕事振りで評判も上々、アチコチの現場で引っ張りだこに♪

でもそんな事してたら巡礼の旅に行けない訳で・・・coldsweats01

映画の中で「フライヤになるな」というセリフがたびたび出てくる。’フライヤ’とは’搾取される人’という意味らしい。

初めはいかにも「田舎から出てきた世間知らずの純朴青年」で、全ての事柄をモノ珍しそうに見ていたジェイムズ。そんな彼が物質・拝金・資本主義に染まっていく変化が見どころでした♪

●● 私的、気に入った度・・・・・80点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

イスラエルに興味のある人。軽いタッチで、考えさせられる作品が見てみたい人。

<<オマケ>>冒頭、歌に「世界の中心、シオンへの長い旅♪」という箇所がある。字幕ではシオンだが、歌っているのを聴くと「ザイオン」。マトリックスの地底都市の名前も確かザイオンだったよね? あれは聖書から来てたのか~(←って遅すぎ★)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「ベオウルフ」・・・70点

ベオウルフ DVD ベオウルフ

←原題は『ベオウルフ&グレンデル(巨人の名前)』。でも巨人といっても、普通の’ちょっと大きい人’に見えた(´д`)

発売日:2007/11/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ジェラルド・バトラー(『300』『ドラキュリア』『オペラ座の怪人』等)が主演というので、『ベオウルフ』(2005・加・英・アイスランド)を借りて観た。監督ストゥーラ・ガンナーソン。共演サラ・ポーリー等。

西暦500年。デネ国(今のデンマークらしい)で巨人による虐殺がおこっていると聞きつけた英雄ベオウルフ(デネ王とは血縁関係)。仲間とともに海を渡り、デネまで巨人退治に駆けつけたが・・・

みんな長髪&髭モジャで、見分けがつかない★お目当てのジェラルド・バトラーさえも、ちょっと気を抜くと分からなくなったり(ーー;)

お話は、なんとなくスッキリしないものでした。

パパぴょん談↓
「調子ん乗って、よその揉め事に首突っ込むなっちゅーことや。」。

●● 私的、気に入った度・・・・・70点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

「壮大な叙事詩」「英雄譚・神話系」が好きな人。長髪・鎧・髭・ガッシリの古代の英雄像が好きな人。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ゾンビーノ」・・・79点

ゾンビーノ デラックス版 DVD ゾンビーノ デラックス版

←なんすか、この題名。原題は『ファイド』(←ゾンビの名前)なんですけど・・・。
『バタリアン』(1985・米)と同じぐらいムチャな邦題だ~(´д`)
発売日:2008/04/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

やっと旧作の『ゾンビーノ』(2006・カナダ)を借りて観た。監督アンドリュー・カリー。出演キャリー=アン・モス(ママさん役)、ビリー・コノリー(ファイド役)、クサン・レイ(ティミー役)、ディラン・ベイカー(パパさん役)等。PG-12

ゾンビを大人しくする首輪が開発され、人々はゾンビ達を働くペットとして一般家庭でも飼うようになっていた。そんな中、とある家庭にやってきたゾンビと少年の心温まる交流のお話☆

50年代ホームドラマ風な町(『シザーハンズ』の街並みより、もっと総天然色っぽい色使い)を舞台に、随所にスプラッタ要素を挿入。その落差はかなりのものでした。

でももうちょっとだけ盛り上がりが欲しかったかな・・・

●● 私的、気に入った度・・・・・79点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

ゾンビ物が好きな人。B級ホラーが好きな人。

| | コメント (11) | トラックバック (1)

「青の稲妻」・・・52点

青の稲妻 DVD 青の稲妻

←こんなキレイな娘、出てたっけな・・・?

発売日:2003/11/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

なんとなく目に付いた『青の稲妻』(2002・中国・日本・韓国・仏)を借りて観た。監督ジャ・ジャンクー。出演チャオ・タオ(チャオチャオ役)、ウー・チョン(シャオジイ役)、チャオ・ウェイウェイ(ピンピン役)等。製作には’オフィス北野’の名も。

北京五輪開催決定前後の2001年、急速に変化する中国。地方都市にすむ19歳の二人の若者が、理想と現実の狭間で焦燥を抱えてもがく姿を描く。

19歳・・・19歳の時に観れば良かったのかもな・・・

シャオジイがおかっぱ頭のチャオチャオに向かって「映画(パルプフィクション)に出てくる、喫茶店で強盗する女に似てる」というセリフがあるのですが。あの映画でオカッパ頭だったのはユマ・サーマンですよね・・・。強盗するハニー・バニー(アマンダ・プラマー)はオカッパじゃなくてもっと短かったよね?

あっもしかして、そういう’間違った事でも知ったかぶりしちゃう19歳のイタさ’って部分を強調するエピソードだったのか?^^;

●● 私的、気に入った度・・・・・52点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

19歳前後の人。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「ツイステッド・シスターズ」・・・79点

TWISTED SISTERS-ツイステッドシスターズ- DVD TWISTED SISTERS-ツイステッドシスターズ-

こんな名前のバンドあったよね・・・あれは’ツイステッド・シスター’か☆
発売日:2007/10/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する

’『ネクロマンティック』の撮影監督ウーエ・ボーラによる映像世界も必見!’というコピーに興味をひかれて、『ツイステッド・シスター』(2006・独・英)を借りて観た。監督ウォルフガング・ビュルト。主演フィオナ・ホーシー。エロ&残酷でR-15

行きずりの男を誘惑しては局部を切り取り惨殺する、という事件が発生。目撃証言から、ジェニファーというごく普通の女性が浮かぶが・・・

ジェニファーには優しい恋人がいて、仕事も順調そうだし、妊娠したばかり。何不自由ない暮らしを送っている彼女にはそんな事する動機が無いはず。

と思ってたら、なんと彼女は実は養女で、双子の妹(ノーラ)がいるらしい、と。ベタですなぁ(´д`)

あーネタバレだよ~と思いつつ、ココまではパッケージにも書いてあったんで、書かせていただきました☆

特にひねりは無いけれど、一人二役の体当たり演技(脱ぎっぷりが異常に良い)に挑んだフィオナ嬢に免じて許す^^;

そして惨殺場面がこれまたスゴくて面白いbomb 男性なら「アダダダダ!」と身悶えするコト間違いなし。是非一度ご覧あれ~♪

●● 私的、気に入った度・・・・・ココまで嬉しそうに人を殺していくドS女も珍しい、79点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

絵的にドギツイ作品が観たい人。エロティック・スリラーが観たい人。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »