« ばあちゃんにパジャマを。 | トップページ | 「キャンディ」・・・81点 »

「エディット・ピアフ~愛の賛歌~」・・・78点

エディット・ピアフ~愛の讃歌~ (2枚組) DVD エディット・ピアフ~愛の讃歌~ (2枚組)

←職場のAさんを思い出す・・・
発売日:2008/02/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

シャンソン歌手エディット・ピアフの半生を描いた『エディット・ピアフ~愛の賛歌~』(2007・仏/英/チェコ)を借りて観た。監督オリヴィエ・ダアン(『クリムゾン・リバー2』)、主演マリオン・コティヤール。ジェラール・ドパルデューもちょっと出てます。

『愛の賛歌』『バラ色の人生』等で知られるエディット・ピアフの貧しい幼年期~亡くなるまで。劇中の音源はピアフ本人のものを使用。

すごい歌手らしいですが、私の好みとはちょっと違ったせいもあり、それほど感情移入できず。

歌よりも「マルセール!」と彼氏の名前を叫ぶ場面が、胸に響きました。今後「愛の賛歌」を聞くと、きっと哀しく聞こえると思う(;;)

歌を特訓してくれる鬼コーチ役で、『薬指の標本』の標本技師が出てた! マルク・バルベって名前なんだ~、覚えとこ^^(←『薬指~』観た時おぼえとけって☆)

いやしかし、ピアフ役のM・コティヤールの役のなりきり方はスゴイです。『世界でいちばん不運で幸せな私』(2003)の時は普通の若い別嬪さんだったのに、今作で晩年のピアフを演じている時は、まるで素顔が思い出せないほど別人になりきっている。

それがピアフの晩年にソックリなのかどうか、私は知りませんが☆

しかし晩年って、完全にオバアチャンにみえたけど、享年47才だって。老けメイク過ぎ! 実際もあんなんだったの?!(そうでもなきゃピアフが怒ると思う★)

●● 私的、気に入った度・・・・・「バダン」って歌は迫力でした、78点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

偉大なシャンソン歌手に興味がある人。

|

« ばあちゃんにパジャマを。 | トップページ | 「キャンディ」・・・81点 »

映画-実話を元にした話」カテゴリの記事

コメント

マリオン・コティヤール。この作品で、アカデミー主演女優取っちゃいましたもんね!
本物、ピアフ(雀の意味だったんですねェ~)は私も知らないですが
丁度、日本の美空ひばりのような存在だったようですねェ。
美空ひばりも、恋愛や、結婚には悲しい別れがあったりして、
歌姫と呼ばれた人は、人生に大きな心の傷を負っている場合が
多いんだな~って。。それゆえに歌が唯一の心の支えになるんだなって
思いました。
ピアフの生き方には私も共感は出来なかったけど、
哀れな悲壮感ばかりが見終えた時に感じた記憶がありましたね~。。

投稿: ぴーち | 2008年8月22日 (金) 22時35分

女優の凄さに圧巻するさくひんですが、
ピアフ自信は歌唱力には恵まれて成功もしたけど
精神的には薄幸だったのかも?!
年齢以上に年を取って見えたのはある意味事実に基づいてたりして?

投稿: 夢眠 | 2008年8月22日 (金) 22時49分

こんばんは~!
マリオンさんの熱演につきるかも。
他の映画とは、全然違ったもの。
あの老けの方は、どこかで聞いたか読んだんですが
事実に基づくそうです。病気のせいじゃなかったかしらん?
今の自分の歳と比べて、え?って思って調べた記憶があります。
(;^_^A アセアセ…
あらっ?あの方は「薬指の標本」の人だったの?
じぇんじぇんわからなかったです。
覚えとこっと!(また忘れそー)

投稿: ちゃぴちゃぴ | 2008年8月23日 (土) 00時25分

★ぴーちさんへ------------------------------★

受賞も納得のなりきり演技でしたよね~^^
そうそう、天才肌の歌姫の人生って、どこか共通するところがありますね☆
そして、やっぱり麻薬に手を出したら、後は破滅が待つのみというのも
共通するところですね・・・

★夢眠さんへ------------------------------★

仕事では成功したけれど、私生活では不幸せという
典型のようなパターンでしたね。
だからこそ、「私にはコレしかない!」と
仕事の方に打ち込んでしまうのかもですが。
老けは麻薬のせいもあるのかな・・・

★ちゃぴちゃぴさんへ------------------------------★

1700のキリペタ踏んで頂きました~
コメ&TBもサンクスです♪

病気。そうかー、たしかリウマチって言ってたっけ。
だから腰とか曲がっちゃってたのか。
でも顔まで老けるもんなのかな?

「薬指~」の人は、おおカッコいい~と割とスグ気づきました^^v
実は好きなんです・・・(別に隠してないが)。

投稿: わさぴょん | 2008年8月23日 (土) 11時30分

クリムゾン・リバーって…なんだろう…?

投稿: BlogPetのうさぴょん | 2008年8月23日 (土) 12時47分

わさぴょんさんの職場にピアフ似の方が・・・?
47歳にしちゃ相当な老けメイクですね~。
YOUTUBEでピアフの古い歌(タイトル忘れてしまいました~)をモノクロのアニメーションで見たことがありますが、その歌は気に入りました☆
あまり触手が動かないのですがいつか観てみようと思います♪
薬指の男性も出ているのですね~☆

投稿: アイノワ | 2008年8月23日 (土) 22時03分

★アイノワさんへ------------------------------★

上司に似てる人が・・・(ここで実際知ってる人は爆笑かと)
面白くてキレイな人です(とフォロー)。
晩年の老けメイクって、このジャケのことじゃないんですよ!
もっとモロに「老人」って感じなんですから!

そうそう、アイノワさんの嫌いな「薬指~」の人も出てます^^;

投稿: わさぴょん | 2008年8月24日 (日) 10時55分

時代が行ったり来たりでチョットよく分からなかったなぁ
でも波乱万丈な人生だったことはよく分かりました。
47歳で亡くなったんだ・・・愛には恵まれなかったけど
好きな歌を亡くなる間際まで歌えた事は幸せだったんだろうね。

投稿: 斜め向かいのかめチャン | 2008年10月 6日 (月) 22時52分

★斜め向かいのかめチャン へ------------------------------★

うん、ちょっと分かりにくかった^^;
でも晩年、47歳にしては老けてたよね☆
それと、Aさんに似てると思わなかった???
(↑ソコにこだわる)

投稿: わさぴょん | 2008年10月 7日 (火) 07時06分

あけましておめでとうございます。今年もよろしゅうにお願いしますのことでありまする。

ピアフ…それほど興味がない方なのですが、アカデミー賞だし、見てみるかと思いまして。
マリリンもそうなのですが、波乱万丈な人生は大変です。平凡なのでいいかなーなんてねえ。
年頭にしては、たいしたコメではありません…。

投稿: ボー | 2009年1月 4日 (日) 21時51分

★ボーさんへ------------------------------★

あけましておめでとうございます^^
今年もよろしくお願いします♪
ボーさんは新旧様々な作品を網羅しているので
実はコッソリ頼りにしている存在でございますwink

ウンウン、平凡でいいやーと思いますよね~

気のきいたコメが書けなかった時は
私もちょっと「・・・」な気分になる事があります~(´д`)

投稿: わさぴょん | 2009年1月 5日 (月) 06時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/292785/23068218

この記事へのトラックバック一覧です: 「エディット・ピアフ~愛の賛歌~」・・・78点:

» エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜 [晴れたらいいね〜]
日本人は、「愛の賛歌」が好きだと思う。このメロディは、大多数の人が知っている。エディット・ピアフ 愛の讃歌原題:LA MOME/THE PASSIONATE LIFE OF EDITH PIAF/LA VIE EN ROSE (07’仏)監督:オリヴィエ・ダアン出演:マリオン・コティヤール,シ....... [続きを読む]

受信: 2008年8月23日 (土) 00時16分

» 「エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜」 [或る日の出来事]
ピアフを演じたマリオン・コティヤールが、アカデミー賞主演女優賞などを受賞した。 著名なシャンソン歌手エディット・ピアフの生涯を追った... [続きを読む]

受信: 2009年1月 4日 (日) 21時47分

« ばあちゃんにパジャマを。 | トップページ | 「キャンディ」・・・81点 »