« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の26件の記事

「舞妓Haaaan!!!」・・・80点

舞妓Haaaan!!! 舞妓Haaaan!!!

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

TV放映していた『舞妓Haaaan!!!』(2007・日本)を観た。監督:水田伸生、出演:阿部サダヲ、堤真一、小出早織、柴咲コウなど。脚本は宮藤官九郎。

舞妓に魅せられた男が、お茶屋遊びのために頑張ったり、ライバルと張り合ったり。突然ミュージカル場面もありのドタバタコメディ。

楽しくて面白かった^^阿部サダヲの顔を二時間見つづけるのはどうかとも思ったが、意外なほどすぐ慣れた。でも柴咲コウが彼を見て「かっこいい~・・・(ため息)」と言うのはやはり違うと思う(--;

かっこいいといえば、いちいち張り合うライバル役の堤真一。この人は声が良い! 低い声で、怒鳴ったり凄んだりの場面も多くて、声フェチの私にはタマリマセン(*^^*)

で、結局あれからどうなるの?

●● 私的、気に入った度・・・・・80点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

にぎやかで楽しく面白い作品を観たい人。京都・舞妓の世界に興味がある人。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

本「白の闇」

白の闇  /ジョゼ・サラマーゴ/著 雨沢泰/訳 [本] 白の闇 /ジョゼ・サラマーゴ/著 雨沢泰/訳 [本]
ノーベル文学賞を受賞(1998年)した、ポルトガルの国民的作家らしいです。
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する

ボーさんのブログで「面白い!」と熱く紹介されていた『白の闇』という本を読んだ。映画化されて2008年11月公開らしい。

ある日突然、視力を失う奇病が発生。しかも伝染病らしく、一気に蔓延。視力を失った人たちは使われていない病院に隔離されるが・・・

目が見えない人ばかりの世界で繰り広げられるストーリーなんですが、一人だけ見えてる人がいて。その人は全てを目撃するわけです。「見(え)ている人は誰もいない」と思うと、人間はどんな行動をとるのか。こういう所に人間性がモロに出てしまうのです。

そして無法地帯と化す病院内。これは凄まじいです。剥き出しになる人間の本性、醜い争い・・・

とても面白い本でした!ここ10年のベスト1にしてもいい(←私的、長編の部ベストテン)。改行の無い独特の文体で、字がギッシリ詰まってて、なかなか読み終わらなかったのですが、あまりに面白いので「ああ、読み終わりたくないー!」^^; しかも長いのに中だるみもなく、「こんなに凄くてクライマックスみたいなのに、まだ半分しかきてない!」と悶え死にしそうでした。

映画のほうは『ブラインドネス』という題名で、監督は『シティ・オブ・ゴッド』『ナイロビの蜂』のフェルナンド・メイレレス。出演はジュリアン・ムーア(医者の妻)、マーク・ラファロ(医者)、アリス・ブラガ(サングラスの娘)、伊勢谷友介(最初に失明する男)、木村佳乃(その妻)、ダニー・グローヴァー(片目の老人)、ガエル・ガルシア・ベルナル等。

すんごい楽しみ^^ パパぴょんに「これメッチャ面白かったで~!映画も観たいわ~」というと、「本が面白かってんやったら、もう映画の方は観んでいーやん。絶対本のほうがオモロイって。」と言われました(´д`)そりゃそうかもしれないけどさ・・・

ボーさんの『白の闇』の記事はコチラ

| | コメント (12) | トラックバック (1)

「うつせみ」・・・85点

うつせみ DVD うつせみ

←英題『3番アイアン』って・・・^^;
発売日:2006/08/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

キム・ギドク監督がヴェネチア国際映画祭で色々な賞を取った『うつせみ』(2004・韓国)を借りて観た。監督キム・ギドク。出演イ・スンヨン(奥さん)、ジェヒ(男)、クォン・ヒョコ(夫)など。

他人の留守宅に忍び込んでは生活する男が主人公。ある日忍び込んだ家には、嫉妬深い夫に監禁状態の主婦がいた。悲惨な結婚生活を垣間見た男は、主婦を連れ出して二人で放浪生活を・・・

根無し草のような男と、抜け殻のような奥様の、愛の寓話です。

コレ、すごく良かった。二つの孤独な魂が惹かれあう様子、埋め様の無い孤独感。セリフのほとんど無いドラマながら、言いたい事は痛いほどに伝わってきます。

「コメディなの!?」と思えるような描写もたくさんあるんだけど、そんなトコロも含めて好きです♪

●● 私的、気に入った度・・・・・85点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

心理描写に重点を置いた恋愛モノが好きな人。不器用な人間同士のつながりに興味がある人。

ギドク祭りは今日で終了★ お疲れ様でした。(って誰に言ってんだ?)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

「リアル・フィクション」・・・73点

 スーパー・ギドク・マンダラ キム・ギドク初期作品集BOX(4枚組)

スーパー・ギドク・マンダラ キム・ギドク初期作品集BOX(4枚組)
←『鰐』『ワイルド・アニマル』『リアル・フィクション』やインタビューなどを収録!

発売元:ハピネット・オンライン
ハピネット・オンラインで詳細を確認する

なんとなくプチ・ギドク祭り開催中^^;その流れで『リアル・フィクション』(2000・韓国)を借りてみた。監督キム・ギドク。主演チュ・ジンモ等。

ウジウジした似顔絵書きの男。ある時ブチ切れて、自分をバカにした奴らをブチ殺していく話・・・?

なんだか・・・よく分からなかった(´д`)結局何だったのかな~

●● 私的、気に入った度・・・・・主役は男前なれど、73点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

ギドクのファン。正統派二枚目が好きな人。

<オマケ> 今回『弓』を借りようと思って探したのに、もう店頭から姿を消していた・・・orz 残念★ 前はあったのに~借りときゃよかったよ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ワイルド・アニマル」・・・82点

『鰐』を借りる時、近くにあった『ワイルド・アニマル』(1997・韓国)もついでにレンタル。ハッキリ言ってつまんなそうなジャケだったんですが、ついでに、位の気持ちで。

監督キム・ギドク(『鰐』につづき長編第二作め)。出演チョ・ジェヒョン、チャン・ドンジク。

舞台はパリ。画家志望のチョンヘ(悪いヤツじゃないが、イイカゲンで金にはキタナイ)は、脱北者(兵士?)のホンサンと出会い、二人の間には友情が芽生える。が、ホンサンの怪力に目をつけた犯罪組織に誘われたことから、ドンドン裏稼業から抜けられなくなっていき・・・

話の展開が早くて、面白かった♪

後で分かったのですが、ストリッパーのヒモ役でドニ・ラヴァンが出演。ドニ・ラヴァンって・・・あのレオス・カラックスの『汚れた血』等の三部作の、アレックス! なんでこんなトコに!?(←ギドクに失礼)

また久しぶりに目を疑うような珍場面もあり。チョンヘはハンガリーからの不法滞在者の女と知り合うのですが、その女にもヒモがいて、激しいDVを受けています。それがなんとカチンコチンに凍った魚(←多分サバ)での殴打。(`Д´)impactfish結構痛そう☆

●● 私的、気に入った度・・・・・サバで+2ポイント、82点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

展開の早い犯罪サスペンスが好きな人。ろくでなし男の友情モノが好きな人。一風変わったフィルムノワール? あと、凹みーズにも。(←私がコレまでに観たギドク監督作は、凹みーズ的に全てオススメだったと付け加えておきます☆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「鰐」・・・80点

キム・ギドク監督のデビュー作『鰐』(1996・韓国)を借りて観た。出演チョ・ジェヒョン(『悪い男』でも主役だった人。ギドク作品の常連らしい)、ウ・ユンギョン(美人さん役)など。

橋の下に住む浮浪者ヨンヘは’ワニ’と呼ばれ、身投げした死体から金品を強奪するなどして暮らしていた。ある日、橋から若い女が身投げ。珍しく死ぬ前に助けて、慰みモノに・・・

コレがデビュー作とは。キム・ギドク恐るべし。

橋の下では、ワニ・じいさん・子供の三人で暮らしているのだが(血のつながりは無さそう?)、じいさんと子供は割と善人で「お姉ちゃん、今のうちに逃げて!」と逃がしてくれたりする。でも行くあてがないのか(自殺するくらいだからね)、近くで座り込んでいる女。結局また橋の下に戻ってきてしまう。

そうこうする内に擬似家族っぽくなってきて。イイ感じに進むのかな~と思えたんですが・・・

よく「男の方が女よりロマンチストである」なんて言いますが、その言葉を思い出したラストでした。

●● 私的、気に入った度・・・・・80点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

本能的で強烈なファンタジーを感じたい人。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「キャンディ」・・・81点

キャンディ DVD キャンディ

’薬物の過剰摂取で亡くなったヒース’とダンのキャラがかぶって、ちょっとツライ・・・
発売日:2008/02/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ヒース・レジャーが観たくて『キャンディ』(2006・豪)を借りて観た。監督ニール・アームフィールド、出演ヒース・レジャーアビー・コーニッシュジェフリー・ラッシュ等。薬物乱用でR-15。

恋人同士(ダンとキャンディ)が麻薬で破滅していく様子を描く。

’破滅していく様子’と書きましたが、それまで鼻から吸ってたキャンディが、ダンに「私にも打って」ってトコからのスタート★ あとは二人で落ちていくだけです(´д`)

二人は本当にお互いをいとおしく思いあっているのが、画面から伝わります。麻薬さえ無けりゃ・・・マジメに働いてさえいれば・・・それが残念でなりません。

ヒースに30秒の黙祷。

●● 私的、気に入った度・・・・・81点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

ヘビーな恋愛モノが観たい人。ドラッグに興味のある人。これ見てヤメとこうね。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

「エディット・ピアフ~愛の賛歌~」・・・78点

エディット・ピアフ~愛の讃歌~ (2枚組) DVD エディット・ピアフ~愛の讃歌~ (2枚組)

←職場のAさんを思い出す・・・
発売日:2008/02/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

シャンソン歌手エディット・ピアフの半生を描いた『エディット・ピアフ~愛の賛歌~』(2007・仏/英/チェコ)を借りて観た。監督オリヴィエ・ダアン(『クリムゾン・リバー2』)、主演マリオン・コティヤール。ジェラール・ドパルデューもちょっと出てます。

『愛の賛歌』『バラ色の人生』等で知られるエディット・ピアフの貧しい幼年期~亡くなるまで。劇中の音源はピアフ本人のものを使用。

すごい歌手らしいですが、私の好みとはちょっと違ったせいもあり、それほど感情移入できず。

歌よりも「マルセール!」と彼氏の名前を叫ぶ場面が、胸に響きました。今後「愛の賛歌」を聞くと、きっと哀しく聞こえると思う(;;)

歌を特訓してくれる鬼コーチ役で、『薬指の標本』の標本技師が出てた! マルク・バルベって名前なんだ~、覚えとこ^^(←『薬指~』観た時おぼえとけって☆)

いやしかし、ピアフ役のM・コティヤールの役のなりきり方はスゴイです。『世界でいちばん不運で幸せな私』(2003)の時は普通の若い別嬪さんだったのに、今作で晩年のピアフを演じている時は、まるで素顔が思い出せないほど別人になりきっている。

それがピアフの晩年にソックリなのかどうか、私は知りませんが☆

しかし晩年って、完全にオバアチャンにみえたけど、享年47才だって。老けメイク過ぎ! 実際もあんなんだったの?!(そうでもなきゃピアフが怒ると思う★)

●● 私的、気に入った度・・・・・「バダン」って歌は迫力でした、78点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

偉大なシャンソン歌手に興味がある人。

| | コメント (11) | トラックバック (2)

ばあちゃんにパジャマを。

Photo こないだ『ダークナイト』を観に行く時、実家の母が子供を科学館に連れてってくれました^^

子供達は『すごい楽しかった~!』と言ってたし、私も一日遊ばせてもらったので、お礼にばあちゃんにはパジャマをお贈りします☆

良く観ると上下で違う柄・・・

だって、生地が足りなかったんだもん><大人用ってやっぱ大きいのね~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「鬼畜大宴会」

鬼畜大宴会<デラックス版> DVD 鬼畜大宴会<デラックス版>

←デラックス版ってどう違うんだろう?

発売日:2002/06/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

『鬼畜大宴会』(1997・日本)が気になる、という声が寄せられたので、ずいぶん昔に観た作品だけど、記事にしてみます。監督・脚本・編集:熊切和嘉(『フリージア』『青春☆金属バット』等)。出演:杉原敏行、小曽木健太郎、三上純未子など。R-18

70年代の初頭くらい?リーダーを失った過激派グループが、内部分裂・リンチなどで崩壊していく様子を描く。

一言で言うと「エロ・グロな惨劇」です。目に美しい映像は微塵もありません☆

最初はリーダーの出所をシャバで待ってる仲間たちですが、そのリーダーがまさかの自殺。そこから皆の理性のタガも外れてしまったように見えました。

終盤は正に狂乱の宴(ーー;) 観てから10年近く経つのに、脳裏にクッキリと焼き付いて・・・

生活感タップリの日本人のエロ(しかもそんなにキレイじゃないペア)部分は、私には「勘弁して~★」でした^^;

●● 私的、気に入った度・・・・・全体的には嫌いじゃないです☆ ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

どんな作品にもひるまない自信のある人。キワモノ&ゲテモノ好きな人。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

「イノセンス」・・・?点

GHOST IN THE SHELL 2 INNOCENCE INTERNATIONAL VER. DVD GHOST IN THE SHELL 2 INNOCENCE INTERNATIONAL VER.

←最初に出てくる長襦袢の娘、『鬼畜大宴会』(1997・日本)みたいだった・・・
発売日:2005/09/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

TV放映していた『イノセンス』(2004・日本)を観た。監督:押井守。『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』の続編。

近未来の日本。少女型愛玩ロボットが人間を殺し自爆する事件が発生。全身サイボーグの刑事バトーが事件を追う・・・

はじまってスグ、素晴らしい映像美に圧倒される。繊細で華麗でキラビヤカ。’東洋の神秘’的な音楽もとても良い。

で、カッチョイ~と思いながら観てたんですが・・・。睡魔が(´д`)

大量の長セリフもやけに哲学的で、眠さに拍車をかける^^;「あっ寝てた・・・イカンイカン」と何度もハッと目を覚まし、その度に「カッコイ~・・・・・・・・sleepy」とまた睡魔に襲われ★

結局ほとんど寝てました・・・orz そういえば以前『攻殻機動隊』も途中で挫折したんだった★

●● 私的、気に入った度・・・・・良かったと思うけど、?点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

日本が世界に誇る繊細な映像美を観てみたい人。いかにも玄人ウケしそうな作品が好きな人。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

「ジャンプ!ボーイズ」・・・73点

ジャンプ!ボーイズ DVD ジャンプ!ボーイズ

販売元:メディアファクトリー
発売日:2007/02/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

TV放映していた『ジャンプ!ボーイズ』(2004・台湾)を観た。監督リン・ユゥシェン。

幼稚園~小学2年生の男の子7人が、熱血コーチの元で体操(器械体操)の練習に励む姿を追ったスポーツ・ドキュメンタリー

ずっと前、新聞で紹介されてて観たかったんだけど、ツタヤにも入荷が無かったのであきらめていた作品。TV放映があってラッキー♪

普段の姿は、無邪気でやんちゃな普通の子供。だけどスゴイ~体柔らかい~チカラもある~。ほんの一瞬だけ上半身の裸が写ったんですが、ちっちゃい子供なのに胸板が厚い!筋肉だ~(@@)

でも練習はやはり厳しくて。泣く事もあるけど頑張る子供達。健気・・・(;;)

体操を始めた理由にしても、色んなタイプの子がいて興味深かったです♪ でも最後まで見分けがつかなかったけど(´д`)

●● 私的、気に入った度・・・・・73点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

スポ根モノが好きな人。器械体操の世界に興味がある人。子供系ドキュメンタリーが好きな人。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「ダーク・ナイト」・・・88点

ダーク・ナイト Music ダーク・ナイト

←噂どおり、面白かったですよぅ!!二時間半と長いのにあっという間&スゴイ見ごたえ♪

アーティスト:サントラ
発売日:2008/08/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

行って来ました~!!面白かった!!監督は『バットマン ビギンズ』に続きクリストファー・ノーラン

『ビギンズ』から続く配役は、クリスチャン・ベール(バットマン)、ゲイリー・オールドマン(警部補)、マイケル・ケイン(執事)、モーガン・フリーマン(科学技術部長)等。今回の共演は、ヒース・レジャー(ジョーカー)、マギー・ギレンホール(ケイティ・ホームズに代わってレイチェル役)、アーロン・エッカート(検事)等。

正義感あふれる検事(あだ名は「光の騎士→ホワイトナイト」)の活躍により、バットマンは引退も考えたり。でもイカレタ悪党ジョーカーとは戦わなきゃいけないし。レイチェルは検事とバットマンの間で揺れ動いたりで盛りだくさんな内容。

しょっぱなから「あっ、マホーン捜査官@『プリズンブレイク』が出てる!」と嬉しくなった♪

アーロン・エッカートが重要な役割だったのも嬉しい♪♪カッコイ~

でもなんといっても圧巻だったのはジョーカー役のヒース・レジャー。映画公開前に亡くなったこともあり、もう伝説の域に達してます。最後の方の留置所の場面で、ちょっとメイクがハゲかけてて、やっと「あー、ほんとだ、ヒースなんだ」と思えたけど、それまでは全く「ジョーカー」と「ヒース・レジャーの顔」が結び付けられなかった。

舌をペロペロしてるのは、ちょっと鳥肌実を思い出す☆

このジョーカーって奴が、ドSな上にドM。まるで『殺し屋1』に出てくる浅野忠信みたいな奴(突き落とされて喜んでるトコなんてソックリ)。まともに相手しても勝ち目ない☆ だって、人殺すのだって心底楽しんでるようなヤツだし。こんなヤツは矯正のしようがないと思うんだけど・・・

監督はきっとこの先も続編にも(←もしあれば)出て欲しかったんだろうなぁ~・・・合掌。

●● 私的、気に入った度・・・・・88点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

ダークで重厚な雰囲気のアクション超大作が観たい人。「バケモノ」的キャラが好きな人。

| | コメント (15) | トラックバック (3)

「キサラギ」・・・85点

キサラギ スタンダード・エディション DVD キサラギ スタンダード・エディション

販売元:キングレコード
発売日:2008/01/09
Amazon.co.jpで詳細を確認する

TV放映していた『キサラギ』(2007・日本)を観た。監督:佐藤祐市、出演:小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介、香川照之、ドランクドラゴンの塚地など。

自殺したアイドルの一周忌に集まってきたファン5人。一室で話すうちに「あれは他殺だったのでは?」という流れになり、真相を推理する・・・

面白かった! 三谷幸喜の『12人の優しい日本人』に似たテイスト。密室でそれぞれの持つ情報を突き合わせて議論していくと、予想もしなかったような何パターンもの結論が導きだされる。二転三転する展開がたまらない。

コメディとしても、それぞれのキャラを活かした掛け合いがとても面白かった。徐々に明らかになるそれぞれの正体も飽きさせず。

最後ちょっとジワっときた(;;)

●● 私的、気に入った度・・・・・結論は予想ついたけど、85点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

ワンシチュエーション・コメディ(サスペンス)が好きな人。二転三転する推理物が好きな人。

| | コメント (11) | トラックバック (1)

「卑劣な街」・・・79点

卑劣な街 プレミアム・エディション DVD 卑劣な街 プレミアム・エディション

←同僚のSさんが「今まで見た中で一番男前」と言っていたのでメチャメチャ期待しての鑑賞。・・・ちょっと期待しすぎた☆
発売日:2008/02/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

韓国ヤクザ映画『卑劣な街』(2006・韓国)を借りて観た。監督ユ・ハ、出演チョ・インソン(主役)、ナムグン・ミン(幼馴染の映画監督)、イ・ボヨン(幼馴染の美人さん)。暴力描写などでPGー12。

29歳のヤクザ・ビョンドゥ(一応ナンバー2。二枚目アニキ)。ヤクザと言えども裏社会で至極マジメに頑張っている。でも色々あって&金はなくて、だんだん悪い方へと運命が回り始め・・・

ヤクザだけど、情には厚く、根は善い人なんです。だけど、善人だからこそ人に騙される(←ヤクザとして致命的)。あー、見ててハガユイ★ しかも一度の失敗ならまだしも、何度も騙されてしまう。そらアカンやろ(´д`)

そして怖いのはヤクザだけじゃない、ってトコがいいですね。

興味深かったのは、韓国のヤクザの流儀(?)。乱闘の時は皆バットや鉄パイプでの肉弾戦。なぜか「刃物を使うなんて」みたいな事言ってたよ・・・??

しかし、そのバット&鉄パイプが、プラスチック(もしくはビニール)なのがモロバレ(--; これはちょっと・・・

でもチョ・インソンの飛び蹴り・後ろ回し蹴りはとてもカッコよかったです~♪

●● 私的、気に入った度・・・・・Sさんゴメンナサイ、79点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

ヤクザ物が好きな人。韓流ファン。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「バットマン ビギンズ」・・・82点

バットマン ビギンズ DVD バットマン ビギンズ

←980円の廉価版です。
発売日:2006/07/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

TV放映していた『バットマン ビギンズ』(2005・米)を観た(録画してたんだよ~ん)。監督クリストファー・ノーラン(『メメント』『プレステージ』等)。出演クリスチャン・ベール(『太陽の帝国』『アメリカン・サイコ』等)、リーアム・ニーソン『ダークマン』『スターウォーズ・エピソード1』等)、マイケル・ケイン(名優)、ケイティ・ホームズ(トム・クルーズの愛妻)、モーガン・フリーマン(こちらも名優)、渡辺謙(日本代表)など。

幼い頃に両親を殺されたブルース・ウェインがバットマンとなり、腐敗したゴッサム・シティを救う為に立ち上がる話。

面白いです^^ 観るのは3回目だけど最後まで全く飽きず、あっという間。

リーアム・ニーソン大好き♪ 今作ではちょっと痩せて見える? でも痩せてもカッコいいな~heart04(でも痩せたらちょっと”イヤミな奴”って感じが・・・この役だからかな?)

今キャストを調べてたらなんとゲイリー・オールドマンルトガー・ハウアーが出てたらしい! 全然気付かなかったよー!><

●● 私的、気に入った度・・・・・82点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

ちょっとダークなヒーロー物が観たい人。アクション大作が好きな人。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

パジャマを作りました。

私が浴衣を縫ったという話を聞いた義母が、「家にあったから」と浴衣の生地を沢山くれました。

Photo ←パラダ~イス!!ついでに、あみねこサンにも浴衣を♪

しかし残念ながら、大人の浴衣を縫うには、長さが足りないものばかり(´д`)

そこで子供用パジャマを作ってみました。

Photo_2 ←こんなの。Photo_3

←はい、もいっちょドン。

昔の生地なんで、今見るとタマラン柄があったりして楽しいです。

Photo_4 ←こんにちわ~赤ちゃん♪、と思わず歌ってしまいそう☆ 今こんなの売ってないよね~^^;

ちなみに、パジャマの上は本に載ってたアロハシャツの型紙を参考に、下はワイドパンツを参考にしました^^

『ダークナイト』を観に行けない悔しさを、パジャマ製作にぶつける私★ 自分のも作ろうかな・・・(T_T)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

「ザスーラ」・・・81点

ザスーラ DVD ザスーラ

←ドキドキハラハラで、イイ感じなエピソードもあり。言う事無しです^^
発売日:2008/06/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

TV放映していた『ザスーラ』(2005・米)を子供と観た。監督ジョン・ファヴロー(『エルフ』。来月公開の『アイアンマン』もこの監督らしい)。出演ジョナ・ボボ(弟)、ジョシュ・ハッチャーソン(兄)、ダックス・シェパート(宇宙飛行士)、クリステン・スチュワート(姉)、ティム・ロビンス(父)。

地下室から見つけた古いボードゲーム(すごろく)。なんと出た目のカードの言葉が実際に起こりエライ事に(流星群が降ってきたり)。助かるには「あがり」まで早く行くしかない!・・・『ジュマンジ』(動物が出てくるスゴロク)の宇宙版。

小学校4年の兄ちゃんと6歳の弟が主役。二人はいつもケンカばかり。(←まるでウチみたい(爆))。映画的には最後やっぱり仲良くなるんだけど、ここまでの状況にならないと仲良くしてくれないのかな・・・(´д`)

今回、ロボットの吹き替えを「世界のナベアツ」が担当。子供に大ウケでした^^;

●● 私的、気に入った度・・・・・81点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

子供と一緒に楽しめる作品を探している人。面白くて安心して観られるパニック・ファンタジーが好きな人。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

「ノーカントリー」・・・85点

ノーカントリー スペシャル・コレクターズ・エディション DVD ノーカントリー スペシャル・コレクターズ・エディション

←ハビエル is no.1!
発売日:2008/08/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ハビエル・バルデム出演、コーエン兄弟監督作ときてどうにもこうにも観たかった『ノーカントリー』(2007・米)。新作で借りましたー! 出演ジョシュ・ブローリン(ルウェリン役)、トミー・リー・ジョーンズ(保安官)等。非情な殺人が多くてR-15

狩りの途中でたまたま見つけた沢山の死体大金。そのカネを持ち逃げした事から、冷酷非道な殺し屋に追われる事に・・・

殺し屋役のハビエル・バルデム。凄いです。何を考えてるんだか分からない、得体の知れない恐ろしさ。

彼を見て「ターミネーター」のカイルのセリフを思い出しました。ちょっとうろ覚えですが、こんなの↓

「ヤツは取引に応じない。懇願も通じない。ただ殺すまで、あきらめず追ってくるんだ!」!(ココで一時停止)

主役って誰だろう。保安官かな。そして題名の「ノーカントリー(NO COUNTRY FOR OLD MEN)」が活きてくる。

「年寄りには理解できんわい・・・」。いや、トシの問題じゃないから(--;)。

●● 私的、気に入った度・・・・・85点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

ギリギリと張り詰めた空気の、緊迫感あふれるサスペンスが観たい人。とにかくスゴイ役者が観たい人。

| | コメント (13) | トラックバック (2)

「ノーカントリー」を借りてきた、が・・・。

昨日、ツタヤに返却に行ったら、「ノーカントリー」が棚に並んでる! 本日レンタル開始か! キッズブックも欲しいし(あとスタンプ2個)、思い切って借りる事に。(←新作は一泊二日で450円もするんですから!)え?ケチ?^^;

しかーし! パパぴょんの観たいTVがあった為、昨日は観られず(´д`) 

いつも私がTVを独占しているという引け目があるので、あまり強い態度にも出られず・・・

今日は観られるかな~。今日は観たいな~。一緒に観ようよ~。(←心の叫び)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

「ホステル2」・・・87点

ホステル2 [無修正版] DVD ホステル2 [無修正版]

←最後の方で「無修正版」の意味が判明^^;
発売日:2008/02/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

やっと旧作になった『ホステル2』(2007・米)を借りて観た。監督イーライ・ロス(『ホステル』)、出演ローレン・ジャーマン(ベス役)、ビジュー・フィリップス(ホイットニー役)、ロジャー・バート(スチュアート役)、リチャード・バージ(トッド役)ヘザー・マタラッツォ(ローナ役)、ヴェラ・ヨルダノーヴァ(アクセル役)等。残酷描写でR-18

スロバキアのスパに来た女子3人組が、また殺人クラブの餌食になる話。

買うほうのオジサン。あれ、この人どっかで観た事ある・・・と思ったら『デスパ妻』のカール(スーザンの元夫)! なんとその相棒で薬剤師ジョージも出てる~! そして、まるでドラマでの仇を討つかのように狂気炸裂!

女子3人組の中に『ブリー』のビジュー・フィリップス。(なんとパパス&ママスのフィリップスさんの娘らしい。) 『ブリー』に続き今作でもイケイケ度全開で、いかにも殺られそうな役どころ★

面白いですね~。イーライ・ロス、やりたい放題。横でタランティーノが「いてまえ、いてまえ~」と言ってるのが聞こえてくるようでした^^;

●● 私的、気に入った度・・・・・87点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

スプラッタ映画が好きな人。それ以外の人は、やめときましょう。(キツイのは最後の方だけ)

| | コメント (8) | トラックバック (1)

「ピアノの森」・・・80点

 ピアノの森 スタンダード・エディション ピアノの森 スタンダード・エディション
販売元:TSUTAYA online
TSUTAYA onlineで詳細を確認する

子供と観ようとアニメ『ピアノの森』を借りてきた。同名コミックの映画化。

東京から郊外に越してきたピアニストを目指す少年・雨宮修平。その学校で天才ピアノ少年・一ノ瀬海(カイ)と出会う・・・(だがカイにとってピアノは遊び←天才の自覚全くなし)。

小学生の話なんだけど、面白かった。天才と秀才の違いがハッキリと描かれている。そして、どちらも良い子で、根が純粋。特に雨宮君の「自分だけではなくライバルをも認め、エールを贈る」姿が素晴らしい。雨宮君、アンタはイイ子だ!!

でも原作はまだ続いてるみたいなので、今どんな感じなのかは知らんけど★

●● 私的、気に入った度・・・・・子供と観るのにグーgood、80点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

少年の成長・友情モノが観たい人(←暑苦しさは無い)。子供に「音楽(ピアノ)との触れ合いの楽しさ」を知って欲しい人。優等生的な作品が嫌いな人には不向き。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「そして、デブノーの森へ」・・・79点

そして、デブノーの森へ DVD そして、デブノーの森へ

←ただのエロ話ではなく、結構深い話が隠れています。
発売日:2007/12/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

『橋の上の娘』のナイフ投げ師が渋かったダニエル・オートゥイユが見たくて『そして、デブノーの森へ』(2004・仏・伊・スイス)を借りて観た。監督ロベルト・アンド。出演ダニエル・オートゥイユアナ・ムグラリスグレタ・スカッキ等。やけに裸での絡み場面が多いこともあってか(?)R-15

初老の作家が、美しくミステリアスな女性に出会ったことから運命を狂わされていく話。

D・オートゥイユ、『橋の上の娘』やあるいは裏切りという名の犬の時はすごく渋くて素敵♪だったのに、今作では「・・・あれっ?」^^; しょぼくれたおメメの、さえないオヤジに見える・・・。一応、ベストセラー作家の設定なんですが★

それに引き換え、アナ・ムグラリス(いわゆるファム・ファタルな役)の美しさ。シャネルの専属モデルだそうです。顔も美人なんですが(これは好みの問題)、体がまるで彫刻のよう♪素晴らしい~!(若干細めでは有るが。)そんなアナの裸が満載の今作ですが、特に背中の美しい事といったら!完璧です!まるで完璧です!!(←日本語まちがってる★)

原題は「LE PRIX DU DESIR」で「欲望の代償」という意味らしいです。エロな内容って感じ~★ ちなみに英語タイトルは「Under a False Name 」偽名の下で、って感じ?妥当な線かな(←伊タイトルも多分同じ)。そして邦題「そして、デブノーの森へ」これはネタバレになるので書きませんが、素晴らしい邦題だと思います。ストーリーに、一挙に文学的な香りを漂わせてくれています。

アナ・ムグラリスに大注目。他の作品も観てみたい~!!

●● 私的、気に入った度・・・・・誉めてるようで、79点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

美しい女性が観たい人。美人に翻弄されるミステリー話が観たい人。裸は多いが、エロい感じはしません(美しすぎて☆)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

「死霊伝説」・・・60点

死霊伝説 完全版 DVD 死霊伝説 完全版

ワトソンさん、こんな点数でゴメンナサイbearing
Amazon.co.jpで詳細を確認する

スティーブン・キング原作、監督トビー・フーパーというので『死霊伝説』(1979・米)を借りて観た。出演デヴィッド・ソウル、ジェイムズ・メイソン等。

郊外の古い屋敷に住む吸血鬼と、それを退治しに来た作家の戦いを描く。

正統派ホラーな雰囲気が漂ってます。モトはTVムービーだったらしいですが、今回鑑賞したのは3時間超の完全版。じわじわ迫るお話なのでしょうが、とにかく長くて、耐え切れず睡魔が・・・><

●● 私的、気に入った度・・・・・60点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

昔ながらの正統派ホラーが好きな人。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「人肉晩餐会」・・・59点

人肉晩餐会 DVD 人肉晩餐会

←500円の廉価版ですが・・・
発売日:2008/01/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

原題の『HUMAN PORK CHOP』に惹かれて、『人肉晩餐会』(2001・香港)を借りて観た。監督ベニー・チャン、出演エミリー・クワン(食べられる方)、ウェイン・ライ(食べる方)等。『八千飯店乃人肉饅頭』と同じ事件を題材にしているらしい。

借金取り達が、金を返さない女を監禁/虐待した上、死んだので処理に困って食べちゃった、という話。

この被害者側の女が性格悪くて、どーにも感情移入できず。金は返さない(しかも開き直るし)ヤク中で、どーしよーもない女である。

一味の中で唯一親切にしてくれる女(主犯格のヨメ)が、監禁されている女に「家に電話したら?」と声をかけても、ふてくされて応じない。WHY?(??)

全体的に後味悪し。しかも肝心の(?)人肉晩餐はオマケ程度で、ソレよりもそこに至るまでの陰惨なイジメの方がメインであった。

●● 私的、気に入った度・・・・・59点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

チャイニーズ系人肉モノが好きな人(は怒るかも☆)。虐待モノが好きな人。(←そんな人イヤダ~)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「インベージョン」・・・85点

インベージョン 特別版 DVD インベージョン 特別版

←とにかくニコール・キッドマンがキレイ!
発売日:2008/03/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

SF小説「盗まれた街」の4度目の映画化という『インベージョン』(2007・米)を借りて観た。(これまでは『ボディスナッチャー』という題名で映画化された。)監督オリヴァー・ヒルシュビーゲル(『es』『ヒトラー最後の12日間』。今回が初の英語作品らしい)。 出演ニコール・キッドマンダニエル・クレイグジェレミー・ノーサム等。

宇宙から未知の生命体が飛来。ソレは人間に取り付き、レム睡眠中に人間を乗っ取ってしまうらしい(見た目は変わらない)。見慣れた人が急に別人のようになってしまうのだ。やがてその人数はドンドン増えていく。主人公は眠らないようにしながら、はぐれた息子を探す!

しょっぱなにヤバイもんを飲まされている所を見せるせいで、その後なにをみても「マズイよ!それって飲んじゃいけないものなんじゃないの?!」と思えてしまう。怖い~

そして乗っ取られた人たちは無表情という設定なので、ばれないように自分も無表情で歩く・・・ってあんなキョロキョロしてちゃ十分バレバレだと思うけど(´д`)

主人公なので、ちょっとうたた寝したくらいじゃ乗っ取られないのも「オイオイ」ではあるが、ニコールがあまりにも美しいので全て許す☆

●● 私的、気に入った度・・・・・85点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

SFサスペンスが好きな人。美人が観たい人。

| | コメント (16) | トラックバック (1)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »