« 「アサルト13」・・・77点 | トップページ | 「古墳ギャルのコフィー”桶狭間の戦い”」・・・83点 »

「ぼくの神さま」・・・77点

ぼくの神さま (竹書房文庫) 77点、3連発!

TV放映していた『ぼくの神さま』(2000・米)を観た。監督ユレク・ボガエヴィッチ、出演ハーレイ・ジョエル・オスメント(ロメック役)、ウィレム・デフォー(神父役)、リチャード・バネル、リアム・ヘス(トロ役)等。

1942年、ナチ占領下のポーランド。疎開先の田舎で少年が垣間見る厳しい現実。そんな中、ある男の子(写真向かって左)がイエスの犠牲的精神に憧れを抱き・・・

大人たちとはまた違う所で、子供社会でもいろいろ厳しい事があるんだね。

でもあの子の犠牲的精神では無駄じゃなかったのかな?いったい何のために?悪いけど、自分に酔ってたとした思えず★

●● 私的、気に入った度・・・・・ウィレム・デフォーは相変わらず良かった。77点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

子役が沢山出てくる作品が好きな人。戦争・宗教がらみの作品に興味がある人。

|

« 「アサルト13」・・・77点 | トップページ | 「古墳ギャルのコフィー”桶狭間の戦い”」・・・83点 »

映画-人間ドラマ」カテゴリの記事

コメント

77点3連発~!とそこに爆笑してしまいました♪今作は何回か手にとったんですがイマイチっぽいなぁと勝手に判断して観てないです。
ウィレム・デフォーは観たいなぁhappy01
個人的に子どもが出てくるので1番強烈だったのは「さよなら子供たち」ですhappy01

投稿: アイノワ | 2008年6月 9日 (月) 22時42分

★アイノワさんへ------------------------------★

ちょっと微妙な点数が並んでしまいました^^;
’悪くは無いけど、あと一歩’みたいな。
でもW・デフォーの変わらぬデフォーっぷりが観られただけで満足です☆(出番は少ないけど)

「さよなら子供たち」は未見です~
ジャケ写から私も勝手に「退屈そう」と判断して観てないんですが
強烈なんですか!ちょっと意外!
今度借りて観ようかな~♪

投稿: わさぴょん | 2008年6月10日 (火) 06時57分

こんにちは!わさぴょんちゃん^^
ウィレム・デフォーの神父役は、良かったですね!
彼が居てくれたおかげで、子供達が(一部を除いて)しっかりと成長していたように思いました。
親は子供を手放す時、辛かったろうな。。って
冒頭、考えてました。。

TBありがとうね^^
また、お邪魔します!

投稿: ぴーち | 2008年6月10日 (火) 08時17分

こんにちは!
私は、これかなり好きですよ。
まず、トロ役の子のクリクリッとした目にやられました~
あんな小さな子供でも、キリストに憧れて、
人を救い平和を願おうとする、そんな状況の切なさに泣けました(T_T)

投稿: YAN | 2008年6月10日 (火) 17時04分

★ぴーちさんへ------------------------------★

デフォー神父は良心の象徴のような存在でしたね~
何かやらかすんじゃないかと思ってたのに、特になしで残念★

両親と離れるシーン・・・
これきりだって分かってたのかな・・・それツライわ><

★YANさんへ------------------------------★

YANさん、好きそう^^
トロ君の演技(表情)自体はすごいな~と思えたんですが
何のために。そこが。なぜ君はいくのか、そんなにしてまで~♪と。
自分が死ぬ事によって、皆に事態の愚かさに気付いてもらおうとした?
あっ自分が死ねば復活してホントに救世主になれると思ったのかな?
それとも、より悲惨な状況の場所へ行きたかった?
考えても分からん・・・

投稿: わさぴょん | 2008年6月10日 (火) 17時57分

そう、こういうの弱いけど好きなの~♪
記事も今日書きました。
トロくんは、まだ小さいから深く考えてなくて、
直感的に行動したと思うんです。
その時には、酔ってたと言うのか、常軌を逸してたかもしれないけど
完全にキリストの気持ちになっていたんでしょう。
自分が犠牲になる事で、戦争の贖罪をしたかったのでは?
子供にそこまでさせるあの悲惨な状況が浮き彫りになったと思います。

投稿: YAN | 2008年6月12日 (木) 15時17分

★YANさんへ------------------------------★

そうか~、自分が犠牲になる事での贖罪・・・そう考えたのかも!
じゃあそれは誰に対してなんだろう?
自分がイエスのつもりだとしたら
もっと上の、大きな存在の’神さま’に対して、なのかな・・・。

投稿: わさぴょん | 2008年6月12日 (木) 19時09分

キリストがゴルゴダの丘で十字架にはり付けられて、
その死によって人間の罪をあがなったんですよね?
それと同じ事をやろうとしたと思うんだけど。

今「贖罪」という言葉を電子辞書で調べたら、
「神の子であり人となったキリスト」と書いてありました。
もっと上に大きな存在の神があるんでしょうね。

投稿: YAN | 2008年6月13日 (金) 18時51分

★YANさんへ------------------------------★

ふむふむ、きっとそれですね!
彼は神の’子’なんで、天上の父に対しての行動だったんでしょうね。

でももし私がトロの母親だったとしたら・・・
神さまを恨むんじゃないかな・・・
「キリストの話を聞いたせいでこんな事に!」とか思わないかな・・・
デフォー神父が慰める場面が脳裏に浮かびます(ーー;)

投稿: わさぴょん | 2008年6月14日 (土) 08時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/292785/21480241

この記事へのトラックバック一覧です: 「ぼくの神さま」・・・77点:

« 「アサルト13」・・・77点 | トップページ | 「古墳ギャルのコフィー”桶狭間の戦い”」・・・83点 »