« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月の27件の記事

浴衣のハギレで小物作り。

浴衣を作った後のハギレで巾着を作りました。

Photo_3 ←久々に登場のあみねこさんと。

Photo_4 ←青バージョンも。

                                                                 

さらに、細かいハギレが大量にでたので、髪飾り(ヘアピンで)も作って見ました。本屋さんで「’ヨーヨーキルト’という丸いお花みたいなモチーフが簡単(長方形の布の片方を絞るだけ)」と見かけたので(←注:後日、長方形ではなく円形だと判明、それに挑戦。Photo_5

←ちょっと失敗。円周の長さは直径×3.14だっけ・・・(まさかこんなトコで算数が役に立つとは)

なので、直径の4倍くらいの長さで作り直し。

Photo_6 ←おおー、お花みたい^^(でもこの時点でヨーヨーキルトとは別物になってます☆)

よし、もっと長くしたらどうかな?

Photo_7 ←華やか~!

大満足^^さらに、パパぴょんがK1を見ていて、DVD鑑賞が出来なかったので、こんなの↓も作ってみました。Photo_8

夏らしくて涼しそう♪

            追記:本でヨーヨーキルトの作り方を確認したら、「丸い布の外側をグシ縫いして絞る」とありました。つまり私の作ったのはヨーヨーキルトでも何でもありませんでした☆ スミマセン・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「スーパーバッド 童貞ウォーズ」・・・81点

スーパーバッド 童貞ウォーズ コレクターズ・エディション DVD スーパーバッド 童貞ウォーズ コレクターズ・エディション

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2008/01/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

予告編が面白そうだった『スーパーバッド』(2007・米)を借りて観た。監督グレッッグ・モットーラ。出演ジョナ・ヒル(セス役)、マイケル・セラ(エヴァン役)、クリストファー・ミンツ=プラッセ(フォーゲル役)。

 高校卒業を間近に控えた冴えない童貞3人組が、パーティーに誘われたことを機にそれぞれ意中の女の子との初体験を目指して奮闘するさまを下ネタ満載で描いた青春コメディ。(allcinemaより)

製作総指揮・脚本・セス・ローゲン&エヴァン・ゴールドバーグ。つまり自分達をモデルにした話らしい。

警官2人組が面白い~^^と思ってたら、マイケルズ巡査役だったほうの人がその片方(セス・ローゲン)だった☆

製作にジャド・アパトー(『40歳の童貞男』)の名が。いかにも。

●● 私的、気に入った度・・・・・意外とツボでした。81点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

オバカでどーしよーもない、笑える青春モノが見たい人。下ネタ多めなので家族との鑑賞には注意。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

図説・聖書の世界

 図説 聖書の世界 壮大な聖書の物語を凝縮した決定版!! 図説 聖書の世界 壮大な聖書の物語を凝縮した決定版!!
販売元:TSUTAYA online
TSUTAYA onlineで詳細を確認する

今こんな本を読んでます。本屋さんで聖書関係のコーナーをなんとなく見ていたら、この本が絵や写真も満載で、値段も500円とお手頃だったので即購入。こういうの一冊手元に置いておきたいな~と思ってたし。(←ウチに聖書はあるが、字が細かすぎて読む気になれない☆)

ホンマモンのキリスト教徒からしたら「書き方、浅すぎ」といわれるかも知れませんが、ザックリ知るには十分かと(ヒドイ誤植もあるが)。結構ぶ厚いペーパーバックです。

興味深く面白い章もあるのですが、読みながら寝てしまうような章もあり、なかなか進みません(´д`)でもやっと、3分の2を越えました。映画でいうと『ドラキュリア』『パッション』のトコらへん。

それにしても、聖書って同じ名前が何人も出てくるので、もう何がなんだか(@@)覚えられない~

『ジュノ』を観にいった時の待ち時間に買ったので、もう一ヶ月近く経つ。なのにやっと3分の2・・・★ 早く読み終えて、違う本が読みたいよ~!

以前、図書館で借りた「手塚治虫の聖書物語」シリーズはとても読みやすかったので、入門編として超オススメです。^^

 手塚プロダクション/アニメ絵本 手塚治虫の聖書物語: 全3巻セット

手塚プロダクション/アニメ絵本 手塚治虫の聖書物語: 全3巻セット
旧約聖書編しかないのが非常に残念。 新約聖書編も描いて欲しかった~(;;)

HMVジャパンで詳細を確認する

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「酔いどれ詩人になるまえに」・・・82点

 酔いどれ詩人になるまえに/Factotum

酔いどれ詩人になるまえに/Factotum
←コチラはサントラです。これが一番画像大きかったんで☆

HMVジャパンで詳細を確認する

伝説の詩人チャールズ・ブコウスキー(『つめたく冷えた月』の原作など)の自伝的小説を基にした『酔いどれ詩人になる前に』(2005・米・ノルウェー)を借りて観た。原作チャールズ・ブコウスキー『勝手に生きろ!』。監督・脚本ベント・ハーメル。主演マット・ディロン。共演リリ・テイラー、マリサ・トメイなど。

ロクデナシ(酒・女・競馬)だが憎めない男、ヘンリー・チナスキーの日常を描く。自称・作家の彼だがいつまでたっても出版社には採用されず、仕事はなにをやってもすぐクビになる。それでも書かずにはいられなくて・・・

今作の紹介では大抵「ロクデナシだがいとおしい」と書かれているみたいですが、まさにその言葉がぴったり。マット・ディロン、すんごく良い味出してます^^ダルダルなんだけど素敵~カッコいい~

サービスショットなのか、お尻をみせるシーンもあり☆ これが見事にタルンタルンなんですがdespairきっと役作りでタルンタルンにしたんでしょう。(←好意的解釈)

「O.K.、baby.」「Sure、baby.」などやけに「baby」をつけるトコも、他の人がやったらベタでキザなのかもだけど、彼がやると自然でニクい(>v<)

昔『バーフライ』(1987?9?・米、脚本C・ブコウスキー)でミッキー・ロークがヘンリー・チナスキー役(同じ役名だ~!)をやってました。その時もダルダルな酒びたり中年でしたが、私には全然魅力的には見えませんでした。「M・ローク、イメージ・ダウンやん・・・」と思ったほど★(そういえばこの頃からM・ローク自体ダルダルになっていったような・・・)

同じ様な役をやってるのに、今作のヘンリー・チナスキーには可愛さ・愛おしさを感じる。何処が違うの?やっぱ顔?いや、あの頃はまだM・ロークもハンサムで通ってたんだけどな・・。

●● 私的、気に入った度・・・・・82点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

C・ブコウスキーに興味のある人。「愛すべきダメ男」モノが好きな人。男性の制服(工場のユニフォーム等)フェチの人^^

オマケ(ネタバレ、ってほどでもないけど、前知識を入れずに観たい人は読まないで~)

彼は女にだらしない、というのとはちょっと違う。二股かけたりはしないし、仕事は続かないけど彼女の事は大事にしてくれる。「足が痛い」という彼女に靴を履かせてあげる場面は、画面からあふれんばかりの愛情が感じられて、もうこちらまでトロけそうに(タメ息)。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

浴衣第2弾、完成!

浴衣第2弾が、ほぼ完成しました。

Photo 最初はこんな状態。

Photo_2 日付が変わる頃にはココまでカタチになりました。

Photo_3 完成でーす♪(今度はウサギ^^)

生地を裁断するまでが一番大変で、2時間ほどかかりました(´д`)ハサミを入れる瞬間は「切るよ?!切っちゃうよ!?」と一人でブツブツ☆ 緊張するんだなぁ~。

切った後はひたすら縫うだけ。出来上がっていくのを見るのは、非常に楽しいです♪

と、ココまで順調にいったように書いてますが、実はやりだした頃、指にチクッと待ち針を刺しちゃって。ほっといたらそこからバイ菌が入ったみたいで、2週間くらい経った今もまだ痛い。先週「破傷風になったらヤバイ」と(←『殺人の追憶』より☆)お医者に行ったんですが、クスリ塗っても治らなくて~

治療費2710円。コレを加算すると、出来合いの浴衣を買った方が安くついたな・・・ガックシ★

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「グッバイ、レーニン!」・・・80点

 グッバイ、レーニン! グッバイ、レーニン!
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

前からずっと気になっていた『グッバイ、レーニン!』(2002・独)を借りて観た。監督ウォルフガング・ベッカー。主演ダニエル・ブリュール。

舞台はまだ社会主義国家だった頃の東ドイツ。母が心臓発作で倒れて8ヶ月間の昏睡中に、東西ドイツの統一など激動があった。「今度ショックを与えたら死ぬ」と医者に宣告された主人公は、なんとかそれを隠しとおそうと・・・

もっと子供が頑張るコメディかと思ってたら、青年が頑張る話だった。その頑張りが見ていてちょっと切ない。

お母さんが父親(つまり彼女の夫)の事を思い出すシーンの表情が秀逸。コチラまで辛くなるほどグっときた。ココだけで見る価値はあったと思う。

●● 私的、気に入った度・・・・・80点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

東西ドイツの統一を感じてみたい人(社会主義国が資本主義国になるという事はどういう事か、の描写が多いので)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「ジャスト・マリッジ」・・・76点

ジャスト・マリッジ (特別編) DVD ジャスト・マリッジ (特別編)

←見どころは主演2人が美男美女だという所か☆

発売日:2007/05/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アシュトン・カッチャーが見たくて『ジャスト・マリッジ』(2003・米)を借りてみた。主演アシュトン・カッチャー、ブリタニー・マーフィー。監督ショーン・レヴィ。

空港から、いきなり険悪な雰囲気のカップルが出てくるところからスタート。彼らはラブラブで結婚したはずなのに、新婚旅行で最悪な事態にまでなってしまったのだ・・・

タイトルは『最悪のハネムーン』とかでも良かったと思う。

美形ふたりのオバカぶりが最高。すごい吹っ切れた感じで、好感が持てた^^;

DVD特典で「新婚さん番組」みたいなのに2人が出演しているのが収録されているのだが、その司会がマリオ・カントーニ。この人「セックス・アンド・ザ・シティ」でスタンフォードとお見合い(?)した人だ!(「エド・ハリスなんて嘘ばっかり!」「アタシはシチリア人よ!」とプリプリ怒って帰っちゃう人)。TVの司会やってるって事はけっこう有名な人なのかな。でも検索してもその辺まったくHITせず。特徴のある顔だし、ぜったいあの人だと思うんだけどな~

●● 私的、気に入った度・・・・・76点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

肩のこらないオバカなラブコメが好きな人。ハネムーン場面の割合が多いので、(ヨーロッパ方面への)観光気分も味わえます♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

浴衣ほぼ完成。

Photo 浴衣がほぼ完成しました。後は中に紐を付けるだけ(^^)v

近くでじっくり見ると下手くそがバレちゃうけど、こうやって遠くから見るとなかなかの出来^^;(自画自賛)

調子に乗って、浴衣第2弾を製作中です♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

「地下鉄(メトロ)に乗って」・・・74点

地下鉄(メトロ)に乗って THXスタンダード・エディション DVD 地下鉄(メトロ)に乗って THXスタンダード・エディション

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2007/03/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

TV放映していた『地下鉄(メトロ)に乗って』(2006・日本)を観た。監督:篠原哲雄。出演:堤真一、岡本綾、大沢たかお、常盤貴子など。

主人公(父への反発心など、家族と色々問題あり)が地下鉄の改札を抜けると、昭和39年だった。タイムスリップした先で主人公は若き日の父と出会い、その生き様を間近で見る事になる・・・

で、和解して終わりかと思ってたら、もう一捻りあった。ちょっとした美談のように描かれていたが、冷静に考えるとかなりヒドイ話である。主人公には都合いいんだろうけどangry

全体的にそれほど感情移入できず。主人公が不倫男だったからか?

●● 私的、気に入った度・・・・・74点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

「昭和の日本モノ」を見るのが好きな人(戦中・戦後もあり)。家族のいざこざに関心のある人(でも今作の解決法は参考には出来ません)。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

「自殺を考えた事のある人」の割合は。

先日、新聞の「30代の自殺が増加中」という記事を読んでたら、オドロキの記載が。

「今までに自殺を考えた事がある」という人の割合が、2割なんだとか。新聞には「2割もいる」と書かれてたんですが、私的には「そんな少ないの?!(゚ロ゚; )」。「誰でも一度や二度は死にたいと思った事がある」と勝手に思い込んでいただけに、これはかなり衝撃でした。うーんホントなのかな~?

ずっと前パパぴょんとそんな話になった時、(さも当たり前のように→)「俺、無い」と言ってたんで「うっそぉ~」と思った事があり。そんな人の方が少数派だと思ってたんですが・・・

ちなみに、今は特に死にたくないのでご心配なく☆bleah(←誰もそんなこと聞いてないって。)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

「ハンテッド」・・・79点

 Movie/ハンテッド

Movie/ハンテッド
←ベニチオ・デル・トロ(向かって右)ってブラピ小倉久寛をちょっと混ぜたような顔^^;でもそのサジ加減が絶妙で、カッコいいんだなぁ~heart04

HMVジャパンで詳細を確認する

監督がウィリアム・フリードキン(『エクソシスト』『クルージング』等)という所に惹かれて、TV放映していた『ハンテッド』(2003・米)を観た。主演トミー・リー・ジョーンズベニチオ・デル・トロ。PG-12(←多分、ナイフで切る描写がしつこいほどだからかと。でもTV放映にあたってTV用にカットしたのかな?それでも最後しつこかったけど)。

初老の男L.T.のもとに、FBIが捜査協力を依頼しにきた。彼は元特殊部隊の教官で、指名手配中の連続殺人犯はL.T.がかつて殺人術を叩きこんだ兵士・ハラムだったのだ。どうやら戦場での過酷な経験に、ハラムの精神は耐えられなかったらしい・・・

で、L.T.は一人で追跡を開始。なんで警察(てかFBI)に任せないの? 自分が作り出した殺人マシーンだから、自分が始末つけなきゃと思ったのかな。あと「自分でやった方が早い」という自負もあったのかも。

骨太です。ゴリゴリです。フリードキンです。面白いんだけど、押して押して押してーの展開にちょっと疲れた☆ せんせー、休憩していいですか?

●● 私的、気に入った度・・・・・79点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

骨太な「男同士の対決」系サスペンス・アクションが好きな人。主な武器はナイフなので、「ナイフで切り合い」フェチの人なら必見!(いるのか、そんな人。)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

「スウェプト・アウェイ」・・・71点

 Movie/スウェプト アウェイ (Ltd)

Movie/スウェプト アウェイ (Ltd)
←なぜダンナが撮ってるのに、キレイに見えないのか・・・(このジャケ写はちょっと詐欺☆)

HMVジャパンで詳細を確認する

TV放映していた『スウェプト・アウェイ』(2002・米)を観た。監督ガイ・リッチー(『スナッチ』『ロック・ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』等)、出演マドンナ、アドリアーノ・ジャンニーニ。

高飛車で高慢なマダムと、彼女にイビラレまくっていた船員(漁師)が、二人っきりで孤島に流されてしまい・・・。1974年の『流されて・・・』のリメイク(←こちらは未見なので比較不可)。男のほうはオリジナル版に出ていた俳優さんの息子らしい。

マドンナがすんごいヤナ女を嬉々として演じている^^;製薬会社のエライサンの妻という役どころなんだけど、もうワガママ言い邦題で、可愛げも全く無し★

プライベート・クルーズなので全編通して化粧っけの無いマドンナ。私はマドンナ好きだが、これはちょっとキツイ。しかも吹き替えの声が『デスパレートな妻たち』のリネットの人sweat02だんだん顔までリネット(フェリシティ・ハフマン)に見えてきて~(@@)

途中一回だけマドンナが歌うシーン(幻覚?)がある。この場面はキラビヤカでやっぱりマドンナだ~とホッとしたのも束の間・・・

顔の話は置いといて。ストーリーはまあベタな展開を見せるわけですが、ちょっと彼女が彼になびくのが急過ぎるように見えたのが不満。でもソコはTV放映、かなりカットされてたのかもspade

●● 私的、気に入った度・・・・・71点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

マドンナのファン。「ガイ・リッチーか!」とソッチ方面に期待して観ると外れると思う。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ロックミシンを買いました。

先日『ナルニア国物語2』を観に行った時の事。同ビルには手芸材料などを扱うお店がありまして。「あみねこをもう一体作ろうかな~」などと思った私は毛糸を探しに立ち寄ってみました。

そしたら店頭でミシンの実演販売をやっていて。メーカーから派遣されたオバちゃんが「ほ~ら、簡単ですよ~。こんな事もできますよ~」とやってるアレ。ハマリマシタ・・・

もうねー、魔法みたいなんですよ!片手でターっとぬって簡単簡単(に見える)。なんとなくずっと「ロックミシンが欲しいなぁ」と思っていた私はつい・・・買ってしまいました

せっかく買ったんだし、なにか作ってモトとらなきゃ!(←貧乏性的発想)

ただいま子供の浴衣を製作中です・・・☆ いきなりの大作。無謀すぎたか?

買ったのはコレ↓

*送料無料*かんたん操作できれいに縫える!ジャノメ ドリームロック55D2本針2/3/4本糸ロックミシン 差動送り付きうれしいプレゼント付き! *送料無料*かんたん操作できれいに縫える!ジャノメ ドリームロック55D2本針2/3/4本糸ロックミシン 差動送り付きうれしいプレゼント付き!

販売元:安心ミシンネットみにまるショップ
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「マラノーチェ」・・・52点

マラノーチェ DVD マラノーチェ

←ガス・ヴァン・サント監督(カミングアウト済)の趣味、炸裂!
発売日:2008/03/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ガス・ヴァン・サント『エレファント』等)の長編デビュー作という『マラノーチェ』(1985・米)を借りてみた。今作と『ドラッグストア・カウボーイ』(←コレは未見)、『マイ・プライベート・アイダホ』の3本でポートランド3部作らしい。原作は地元の詩人ウォルト・カーティスの自伝的小説。製作・監督・脚本・編集ガス・ヴァン・サント(脚本は原作者と共同執筆)。モノクロ作品。

主人公はオレゴン州ポートランドの小さな食料品店で働くウォルト。彼の好みのタイプはメキシコ系の少年☆ そんなある日、店にやってきた不法移民のジョニーに一目惚れするが、言葉もろくに通じなくて・・・

ウォルトって、何歳くらいの設定なんだろう? はっきりいってエロ親父(´д`)恋というより欲望の対象物としてしか見てないような気がしたのは私だけでしょうか★

尻を追いかける(文字通り!)ジョニーには「カマ野郎」とバカにされ、その友達に×××されるわ、お金を抜き取られるわ(マラノーチェ⇒最悪な夜、の意味)でなんかもうアイタタタな主人公。それでも彼を求める気持ちは変わらなくて。

でも主人公に感情移入できなかったので、やられっぱなしのヘタレなオッサンにしか思えず(´д`)ゴメンナサイ~ 逆にいうと、そこがリアル?

ちょっと意外だったのは次の日「ケツが痛い!」と歩いてた事。年季が入ってるように見えたけど、バージンだったのね☆(う~む、これ以上は自粛・・・)

●● 私的、気に入った度・・・・・52点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

等身大の同性愛モノに興味のある人。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「パーフェクト・マン」・・・75点

パーフェクト・マン ~ウソ~から始まる運命の恋~ DVD パーフェクト・マン ~ウソ~から始まる運命の恋~

映画版『SEX AND THE CITY』は2008/8/23公開!

発売日:2007/06/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ドラマ「SEX AND THE CITY」のビッグ役ことクリス・ノースが出てるというので、『パーフェクト・マン』(2005・米)を借りてみた。監督マーク・ロスマン。出演ヒラリー・ダフ(主人公ホリー役)、ヘザー・ロックリア(ホリーのママ役)等。

高校生ホリーの悩みは、母親が失恋するたびに引越しする事。そこで「理想の男が見つかれば、ママも腰を落ち着けるハズ!」と、ある計画を・・・

お目当てのクリス・ノースはその「理想の男」という役どころ。ドラマの時より、ちょっと目の色が薄い感じ。

まあまあかな・・・

●● 私的、気に入った度・・・・・75点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

青春系ロマンティック・コメディが観たい人。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「クリミナル」・・・82点

クリミナル DVD クリミナル

←真ん中がディエゴ・ルナ。可愛い・・・♪

発売日:2007/07/13
Amazon.co.jpで詳細を確認する

雨里さんのブログで紹介されてて面白そうだった『クリミナル』(2004・米)を借りてみた。監督・製作・脚本グレゴリー・ジェイコブズ。出演ジョン・C・ライリーディエゴ・ルナマギー・ギレンホール等。製作にはスティーブン・ソダーバーグジョージ・クルーニー(「オーシャンズ11」シリーズ)の名も。

プロの詐欺師と新米詐欺師がでかいヤマを狙うが・・・。「NINE QUEENS 華麗なる詐欺師たち」というアルゼンチン映画のリメイクだそう。

ジョン・C・ライリー。この顔、よく観るような気がするけど、どこで観たんだっけなぁ~と調べてみたら、結構色んな作品に出てることが判明。『アビエイター』『ギャング・オブ・ニューヨーク』『25年目のキス』『マグノリア』etc.・・・でもどんな役やってたかほとんど覚えてない(´д`)唯一はっきり思い出せたのは『シカゴ』「僕はセロファン~♪」と歌ってたあの役☆

いずれにしろ名脇役的な位置にいる人なので、主役なのは珍しい。おめでとう、ジョン!

でも厳密に言うと、今回も’ディエゴ・ルナとW主演’みたいな感じ^^;

今作はテンポもよく(87分と短め)、面白い作品でした♪ 気持ちよく騙されたよ~(^o^)丿

●● 私的、気に入った度・・・・・82点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

駆け引き・だまし合い・頭脳戦の好きな人。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

’映画千円’VS’レンタル80円’

毎月14日はTOHO系映画館で映画が千円らしい。と今頃(『ミスト』を観に行った時)やっと気づきました★これは2008年8月までのサービスらしいです。今月はなんと土曜日と重なっている!くぅ~っ行きたい~~☆

明日は『インディ・ジョーンズ』の先行ロードショーもあるし、観に行く人多いんだろうなぁチキショー!

諸事情により明日は映画館は断念な私ですが、なんと近くのレンタルショップ(ツタヤじゃない方)で「旧作レンタル1本80円」セールが!これは行かなくては!

捨てる神あれば拾う神ありってホントなんだね・・・♪

| | コメント (12) | トラックバック (0)

TVの壊れ方。

かなり長い間メインで使っていたTVに、とうとう寿命がきた。スイッチを入れても何をしても、電源が入らないのだ。

コンセントを抜いてみて&又さして、スイッチを入れると10秒ほどは映る(でも音声は無し)。その後、自動的にプツンと切れて、後はウンともスンとも言わず。

実はかなり前から「もう寿命かな」とは思っていた。ワイドTVなのだが、画面全体が下の方にズレていて、映画を見るときなどは字幕が半分切れる状態だったのだ(対処法:①吹き替えで見る。②画面全体を1まわり小さくして、一番下まで映るようにする)。

なので壊れたのも「とうとうきたか」な感じ。急いでサブTVと入れ替える。なんか新鮮・・・

この一代前のTVが壊れた時は、ある日突然、画面全体が真っ赤な映像になって驚いた。色んな壊れ方があるものだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「ブラインド・フューリー」・・・75点

バリュー・セレクション\980::ブラインド・フューリー TV放映していた『ブラインド・フューリー』(1989・米)を観た。監督フィリップ・ノリス、主演ルトガー・ハウアー

ベトナムで視力を失った男が剣の達人となり、20年後、戦友のために一肌ぬぐ話。座頭市・ハリウッド版らしい。

ずいぶん昔からずっと観たいな~と思っていたにも関わらず未見だった作品。やっと観られてやり残していた仕事を終えたような満足感(^^;) 一緒に観ていたパパぴょんは「ありふれててツマンナイ」と言ってましたが★

殺し屋役でショー・コスギが出てきたのが嬉しい♪出番すぐ終わったけど(´д`)

主人公が剣を習うのは、ベトナム戦争中、死にかけていたのを助けてもらった村で。なんでベトナムで日本刀なんだろう・・・

●● 私的、気に入った度・・・・・75点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

座頭市モノが好きな人。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「古墳ギャルのコフィー”桶狭間の戦い”」・・・83点

秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE ~総統は二度死ぬ~ 同時収録:古墳ギャルのコフィー~桶狭間の戦い~ スタンダード・エディション DVD 秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE ~総統は二度死ぬ~ 同時収録:古墳ギャルのコフィー~桶狭間の戦い~ スタンダード・エディション

販売元:東宝
発売日:2007/10/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

先日、TVで『秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE ”総統は二度死ぬ”』(2007・日本)を放映すると知り、密かに観たかった作品なので大喜びでタイマー予約をセット。

そしていざ「今日はコレを観よう♪」と再生したところ、「野球中継延長のせいで30分遅れています」・・・・・

ガックシ。しかもちょっと観てみたら画面右の方が切れてて、ゲージがちゃんと表示されていない(←これは我が家のTVの問題かも?)。なのであきらめて、また今度ツタヤででも借りる事に★

で、『秘密結社~』の前座みたいな感じでやってた『古墳ギャル・コフィー』の方だけ観た。アラこれ、面白い! かなりベタだが、テンポは速い。キャラも可愛いし分かりやすいしで子供も大喜び♪

クスン、野球中継の延長はタイマー予約の敵・・・sad

●● 私的、気に入った度・・・・・ホメ過ぎか? 83点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

お笑いが好きな人。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

「ぼくの神さま」・・・77点

ぼくの神さま (竹書房文庫) 77点、3連発!

TV放映していた『ぼくの神さま』(2000・米)を観た。監督ユレク・ボガエヴィッチ、出演ハーレイ・ジョエル・オスメント(ロメック役)、ウィレム・デフォー(神父役)、リチャード・バネル、リアム・ヘス(トロ役)等。

1942年、ナチ占領下のポーランド。疎開先の田舎で少年が垣間見る厳しい現実。そんな中、ある男の子(写真向かって左)がイエスの犠牲的精神に憧れを抱き・・・

大人たちとはまた違う所で、子供社会でもいろいろ厳しい事があるんだね。

でもあの子の犠牲的精神では無駄じゃなかったのかな?いったい何のために?悪いけど、自分に酔ってたとした思えず★

●● 私的、気に入った度・・・・・ウィレム・デフォーは相変わらず良かった。77点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

子役が沢山出てくる作品が好きな人。戦争・宗教がらみの作品に興味がある人。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

「アサルト13」・・・77点

アサルト13 要塞警察 DVD アサルト13 要塞警察

←このジャケ写はちょっとハードすぎるんじゃないのかな~★(内容に対して。)
発売日:2006/08/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

TV放映していた『アサルト13』(2005・米)を観た。監督ジャン=フランソワ・リシェ 、出演イーサン・ホーク、ローレンス・フィッシュバーン、ドレア・ド・マッテオ、ブライアン・デネヒー、マリア・ベロ、ジョン・レグイザモ、ガブリエル・バーン等。けっこうマニアック?な豪華メンバー。

大晦日のデトロイト。大雪の為、護送中の囚人達を、閉鎖間際の13分署に預かる事に。その中には大物ワルがいて、「そいつを渡せ!」と武装した何者かが署を襲ってきた。コチラは少人数(警官は3人だけ!)しかいない、さあ、どうする・・・

面白かったけど二番煎じな感は否めない。怪しいヤツがすぐ分かってしまうのも×。

今作はジョン・カーペンターの『要塞警察』(1976・米)のリメイクらしいです。ソッチは傑作らしいので観てみたいよ~!

●● 私的、気に入った度・・・・・B級としては良い出来かな、 77点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

イーサン・ホークが好きな人。立て篭もり系アクションが好きな人。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

「ワサップ!」・・・77点

ワサップ!   DVD ワサップ!

販売元:ハピネット
発売日:2007/06/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ラリー・クラーク監督作『ワサップ!』(2005・米)を観た。出演ジョナサン・ベラスケス、フランシスコ・ペラドサ(キコ役)、ミルトン・ベラスケス等。PG-12。製作にシャロン・ストーンの名前あり。『ケンパーク』『ブリー』がスゴかったんで、かなり期待しての鑑賞。(過去記事はコチラ→ケンパークブリー

L.A.サウス・セントラル(ゲットー)という危険な地区に住む10代の若者グループが主役。ラテン系の彼らはスリムジーンズと黒Tシャツに身を包みスケボーに精を出す。ドラッグなどはやらないどちらかというと無邪気な少年達だが、ここでは常に死と隣り合わせ。そんな彼らの日常(仲間・遊び・女の子のこと)を追う。

意外におとなしめ(?)な青春モノでした(ラリー・クラークにしては、ですが)。友達同士でスケボーの練習している風景はノドカだったりして☆転んだら手をついたりしないで、全身で転がるように受身すると痛くないみたい(って何の話・・・)

全編に流れるパンク・ミュージックが、なんだか懐かしい♪(と思ったら、あれ?まだたった3年前の作品?)

●● 私的、気に入った度・・・・・77点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

(ガールズ・ムービーと言うのがあるなら)ボーイズ・ムービーが観たい人。友達とつるんでギャハギャハやってた人なら、きっと懐かしくなるはず^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「O.C.」シーズン1が終わった。

The OC (ファースト・シーズン) Vol.1 こないだ「『O.C.にハマリ気味』という記事を書きましたが、ハマリ気味、という表現は控えめすぎたなぁ~と今更思うこの頃(実はドップリ)。そんな中、シーズン1が終わりました。ルークが!セスが!?ライアンが~!

この先どうなるの?!と思ってたら来週から続けてシーズン2も放映するらしい!嬉しい~!!

「HEROES」の方は、先週タイマー予約が上手く入ってなくて、録画失敗。ガーン。あれ、一週抜けると分かんないんだよ~(´д`)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「ジュノ」・・・82点

JUNO/ジュノ Music JUNO/ジュノ

アーティスト:サントラ,ベル・アンド・セバスチャン,モット・ザ・フープル,キミヤ・ドーソン,キャット・パワー,ヴェルヴェット・アンダーグラウンド,モルディ・ピーチズ,アンツィー・パンツ,マイケル・セラ,バリー・ルイ・ポリサー,ザ・キンクス
販売元:Warner Music Japan =music=
発売日:2008/04/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

面白かった『サンキュー・スモーキング』(記事はコチラ)の監督ジェイソン・ライトマン作品という事で、観たかった『ジュノ』(2007・米)。試写会があたったので、観に行った♪

出演エレン・ペイジ(ジュノ役。『ハードキャンディ』等)、マイケル・セラ(ジュノのBF役)、ジェニファー・ガーナー(養母候補役)、ジェイソン・ベイトマン(養父候補役)、オリヴィア・サルビー(友達役)、アリソン・ジャネイ(ジュノの母役)、J・K・シモンズ(ジュノの父役。『スパイダーマン』シリーズの編集長)など。

16歳の高校生ジュノは70年代のパンクロックB級映画が好きな、ちょっと変わった女の子。ある時興味本位でしたSEXで妊娠してしまう。一度は中絶も考えるができず、「赤ちゃんを誰かにあげよう!」と養子に出す事に・・・

こういうお話でよくあるのは、お腹の成長とともにムクムクと母性本能がわいてきて「やっぱり自分で育てるわ!」となるパターン。私も観る前はそう思ってたんですが。意外なところでヒネリがきいてて、そうきたか~な感じ。アカデミーで脚本賞取っただけの事はある・・・かな?

お母さんはぶっちゃけ継母ですが、嫌な感じはほとんどしません。というか、出てくる人みんな良い感じ♪ みんなジュノの事を好きで、心配で、だけど根っこでは信頼してくれてて、どんな決断であれジュノがこうだと決めた事は応援してくれる。みんなが優しい「見守り目線」。ある意味理想です。

ジュノと意気投合する養父候補マーク(金持ち)。ジュノにハーシェル・ゴ-ドン・ルイスはホラーの帝王だよ」「えー?ホラーの帝王はダリオ・アルジェントよ!」なんていうセリフもあって、小ネタもバッチリです♪ そして、じゃあコレを観てみて~、と二人で『血の魔術師』(1970・米)を観たりして。それは胎教に良くないのでは(ーー;)

ハーシェル・ゴードン・ルイス。『血の祝祭日』『2000人の狂人』『ゴア・ゴア・ガールズ』なんかは昔観た事あるけど、『血の魔術師』は観てないな・・・、私も観てみたいぞ~!コレをきっかけにショップに並ぶといいな~(たぶん無理★)

●● 私的、気に入った度・・・・・不覚にもちょっとジワッときた(;;) 82点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

ポップでキュートで可愛い作品が好きな人。ちょっと変わった可愛い子がツボな人。

| | コメント (13) | トラックバック (3)

「ミスト」・・・97点

マーク・アイシャム(音楽)/オリジナル・サウンドトラック ミスト(CD) 原作スティーブン・キング監督フランク・ダラボン(『ショーシャンクの空に』等)主演トーマス・ジェーン(『パニッシャー』等)と三拍子揃って、メチャメチャ観たかった『ミスト』(2007・米)。あっと言う間に大きな映画館での上映は終わり、半分あきらめていましたが、勇気を出して(大げさ)今まで行ったことのない映画館に行って観た。

そしたらやはりスゴい作品だった。行ってよかったー!

霧の中から何かが襲ってきた。主人公達はたまたま買い物に訪れていたスーパーに立てこもるが・・・。R-15

怖いのは、やはり人間なのです。現実を否定する者、皆を扇動する狂信的な女、不安・恐怖から冷静さを失っていく人々。群集心理の恐ろしさがこれでもかと描かれています。

ラストは「あぅあ~~~・・・」(←私の心の叫び) そ、そんな・・・・・。かなりの衝撃で、この後1、2本まだ映画のハシゴするつもりだったのに、そんな気分になれませんでした。

●● 私的、気に入った度・・・・・絶望の果てに見た物は。 97点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

極限状況下で狂気に陥っていく人間ドラマが観たい人。立て篭もり系パニック映画が好きな人。凹みーズ。「ヘンなモンスターが出てくるのはイヤ」と言う人には不向きだが、それ以外なら一見の価値あり。

| | コメント (22) | トラックバック (3)

「ラスベガスをぶっつぶせ」・・・80点

「ラスベガスをぶっつぶせ」オリジナル・サウンドトラック Music 「ラスベガスをぶっつぶせ」オリジナル・サウンドトラック

アーティスト:サントラ,リアーナ,ナイヴズ・アウト,ドミノ,アンクル,マーク・ロンソン・フィーチャリング・カサビアン,ブロードキャスト,ザ・ローリング・ストーンズ,MGMT,LCD サウンドシステム,D.サーディー・フィーチャリング・リエラ・モス

←エンド・クレジットにはウィーザーの名もあったような気がするんだけど・・・
販売元:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
発売日:2008/05/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画ファンなら常識であるが、毎月1日は映画の日(1000円で映画が観られる)。パパぴょんに「日曜日、映画観に行きたいな~。映画の日やねん」と言うと、「じゃあ行っといで」と。マジで!?アリガド、パパぴょんー!ハジけた私は映画のハシゴをする事に・・・

昨日時点で一番観たかったのは『ミスト』。でも公開直後のもなにか観たいな~と思ってたら、同じ映画館で『ラスベガスをぶっつぶせ』(2008・米)をやっていた。早速観る。

監督ロバート・ルケティック(『キューティー・ブロンド』等)。出演ジム・スタージェス、ケイト・ボスワース、ローレンス・フィッシュバーン、ケヴィン・スペイシー(←製作にも名が。)等。実際にあった事件を元にした話。

天才的頭脳を使ってラスベガスのカジノで荒稼ぎする大学生の話。そして次第に自分を見失い・・・

面白かったです。ラスベガス、楽しそ~♪(←お金さえあれば☆)

カジノではブラックジャックというカードゲームで稼ぐ(21が一番強い。超えたらダメ)のですが、それをカードをカウントするという方法で攻略していく主人公達。これがなんだかよく分からない(ーー;)数字を見て「小さい数のカードがきたら1(-1だっけ?)とか数えていくんだけど、何故ソレをしてたら勝てるのか。多分、確率の問題なんだろうけど・・・ 変数変換というのも「???」でした★Il||Li _| ̄|○ Il||Li

ラストはテンポよく、気持ちよいエンディングでした。コレって違法なの?違法じゃなくてもカジノ側には大打撃だけど、だからってカジノ側は殴っていいの?

主人公達が泊まる「ハード・ロック・ホテル」。ハード・ロック・カフェがそのままホテルになったよう。こんなホテルがあるんですね~^^ドアの取っ手がギター型だったりして楽しい♪

●● 私的、気に入った度・・・・・80点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

青春クライム・ムービーが好きな人。不安定な’青春の光(ハデだが虚飾)と陰(地味な現実)’が観たい人。ラスベガスが好きな人。ギャンブルが好きな人。

オマケ・・・夜『O.C.』を観てたらそのハード・ロック・ホテルが出てきた!ケイレブ(セレブじいちゃん)は「シーザーズの方がいい」なんて言ってたけど☆ライアン達がやったのは「テキサス・ホールド・ポーカー」→『ラッキー・ユー』に出てきた「テキサス・ホールデン」でした。

| | コメント (11) | トラックバック (1)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »