« 「ラッキー・ユー」・・・80点 | トップページ | 「バス男」・・・77点 »

最近読んだ本7冊。

”最近読んだ本”シリーズ、久しぶりに「パート2」いってみま~す^^

ゴールデン・マン (ハヤカワ文庫 SF テ 1-18 ディック傑作集) (ハヤカワ文庫 SF テ 1-18 ディック傑作集) Book ゴールデン・マン (ハヤカワ文庫 SF テ 1-18 ディック傑作集) (ハヤカワ文庫 SF テ 1-18 ディック傑作集)

著者:フィリップ K.ディック
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

もうすぐ公開されるニコラス・ケイジ主演のSF映画『NEXT』の原作。作者はフィリップ・K・ディックと聞いて、読んでみた。

小説『ゴールデン・マン』は短編。全身が金色で、「神様みたい」と皆が口をそろえる魅力的な容姿を持つ青年。少し先の未来が見えていて、田舎に家族と住んでいるが一言もしゃべらない。異端視する政府に抹殺されそうになり逃げる、というストーリー。

映画版では売れない手品師(容姿はニコラス、言わずもがな)。二分先の未来が見える(二分先しか見えない)。テロ事件を阻止するために頑張るらしい。

どうやら「少し先の未来が見える」という設定だけをいただいたよう。原作といっていいのか?疑問。

★----------------------------------------------------★

リアル鬼ごっこ (幻冬舎文庫) Book リアル鬼ごっこ (幻冬舎文庫)

著者:山田 悠介
文庫版560円

Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画化された『リアル鬼ごっこ』はまだ観てないが、原作を読んでみた。アホ国王のせいで全国の”佐藤さん”が「つかまったら死」の鬼ごっこに参加させられる話。

奇想天外な設定だが、テンポ良く一気に読める。というか読みはじめたら止まらない。(『ドアD』の時もそうだった。)とても面白いのだが、特に深みは無い。山田悠介を読むのはこれで2冊目だが、早くもちょっと飽きたかも。とか言いながら他のも読んでみたいが。

★----------------------------------------------------★

ZOO〈1〉 (集英社文庫) Book ZOO〈1〉 (集英社文庫)

著者:乙一
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

以前CDさんにオススメされた乙一の『ZOO』をやっと読んだ。スゴイ!!この本は短編集なのだがどれも壮絶で、「カザリとヨーコ」や「SEVEN ROOMS」などが特に凄かった。

「ZOO」と聞いた時、真っ先にピーター・グリーナウェイの『ZOO』(1985・英)を思い出したが、やはりそれにちょっと関連した話だった。人間でやってみせられたら怖いよ☆ でもそれだけでは終わらなくて、もう一捻りあったところが良かった。

ZOO〈2〉 (集英社文庫) Book ZOO〈2〉 (集英社文庫)

著者:乙一
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ついでにコチラも読んだ。壮絶だったりコミカルだったり、いろんな種類の文章が書ける人だ。CDさーん、面白かったです~(^o^)丿

★----------------------------------------------------★

裏モノJAPAN別冊 2008年5月号 実録!サイコ恐怖画像 裏モノJAPAN別冊 2008年5月号 実録!サイコ恐怖画像
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

ふぉんださんのブログで面白そうだった、コンビニで500円で売ってる投稿写真?風な実録雑誌。すんごいコワイ~~~!!どんなホラーも、やっぱホンマモンにはかないません。身の毛がよだちました(-_-;) あまりにも怖くて、数少ないエグイもん好きの友達に「あげる!」とメールするも「アンタが怖いんならホンマやん!」と断られ。買った次の日、駅の回収BOXに捨てました・・・

★----------------------------------------------------★

いぬとわたしの10のやくそく―えほん Book いぬとわたしの10のやくそく―えほん

←同名映画の元になった本を子供向けにひらがなで絵本化したもの。

売元:リヨン社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

本屋で子供向けの絵本を色々みていて、ふと手にとったこの本。読みました。その場で泣きました★ 10の約束は知ってたけど、その続き(?)の「虹のたもと」って話が載ってて、これがまた泣けたわ~。子供に読ませたい!購入決定。でも犬は飼ってないし、飼う予定も無いので、的外れかも?

★----------------------------------------------------★

C.s.ルイス/ナルニア国物語: カスピアン王子のつのぶえ C.s.ルイス/ナルニア国物語: カスピアン王子のつのぶえ
←映画化版は2007年5月21日公開。
HMVジャパンで詳細を確認する

映画化されたものが5月公開なので、原作を先に読んでみた。本はだいたい通勤の車内で読むのだが、これは一晩に一章づつ、寝る前に子供に読み聞かせ。20分ほどかかるので読むほうも疲れるが、読み終わる頃には子供も寝ているという、まさに魔法の本である^^;

内容は単純な冒険話で、まあ普通に面白い。「ライオンと魔女」は映画の方しか観てないがそれよりも盛り上がりが弱いような気もした。「あれ?ここがクライマックス?」みたいな。でも目で二時間観る映画と、毎日少しづつ読み進む小説では、全体的な感じ方もやはり違うのかもしれない。

なんだかんだいっても、予告編を観た限りではかなり忠実に映像化されているようだったので楽しみである。前売り券買ったし~♪

|

« 「ラッキー・ユー」・・・80点 | トップページ | 「バス男」・・・77点 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

金色って…なんだろう…?

投稿: BlogPetのうさぴょん | 2008年4月16日 (水) 09時19分

乙一さんって名前、
最近よく見かけるので、気になっています。
スゴイ!ですか~。
こりゃますます気になりますね~。
しかし、名前だけの有名人って、
将来、50歳、60歳になった時、
「どーも、乙一です。」
なんて言うのは照れないのでしょうか。

『裏モノ』はどっち系の怖いなんでしょう?
お化けとか? それとも内臓飛び出てるとか?
以前にネットで、
偶然顔の下半分が吹っ飛んだ人の写真に遭遇してしまい、
吐きそうになったことがあります。
思い出したら、また気持ち悪くなってきた。
グロいのはイヤだな~。

ところで、
金色って・・・なんだろう・・・?

投稿: べえし | 2008年4月16日 (水) 11時14分

わさぴょんさん、こんにちは!
ZOO読んだんですね。凄かったでしょう!
発想もいいし、文章力もありますよね。
続編?もあるんですね。
これも読んでみたいなー。

ピーター・グリーナウェイのZOOは知りませんでした。
映画ですか?

フィリップ・K・ディックの小説はよく映画化されますよね。
でも、原作は一度も読んだことがないんです。
一度読んでみようかな。

投稿: CD | 2008年4月16日 (水) 14時51分

うさぴょんへ----------------------------★

金色ってのは、ピカピカの黄色~だいだい色のこと^^;

べえしさんへ----------------------------★

あー私、”乙一”って「乙が姓、一が名」かと思ってた☆
いずれにしても「ビーチボーイズ」や「少年隊」に比べたら全然OKかと^^;

「裏モノ」は内臓的にグロイのではなくて、
自殺する直前の写真とか、狂った画家の書いた絵とか、心霊スポットの気味悪い落書きとか。
本物の目や肌で作った人形や(←本物だとしたら怖過ぎ)
電波系の人が書いたチラシなんてのもありました。
夜中に思い出すと今でもちょっと怖い・・・

CDさんへ-----------------------------★

ZOO良かったですよ!オススメありがとうデス♪
「ZOO2」は続編って訳じゃなく、色んなジャンルの短編を集めて
1冊に収まりきらなかったんで2冊に分けたモノみたいです。

グリーナウェイの『ZOO』はいわゆるアート系の奇妙に美しい映画。
死/腐敗に取り付かれたようになる双子の兄弟の話です。
映画の中で兄弟は、動物などの死骸が腐敗していく様子を毎日写真に取っています。
でもその写真の編集映像は早送りで、妙にコミカルなメロディが付いてたりする^^;
乙一の話といい、グリーナウェイの映画といい
偏執的になってしまった人の哀しい話といえるかもしれません。

投稿: わさぴょん | 2008年4月16日 (水) 18時23分

なんだか面白そうな作品がいっぱいですね♪
私は「ZOO」が読んでみたいです☆
怖くてグロイのはわさぴょんさんが怖いならホンマものなんだろうな~~とぞぞっとしちゃいました~☆

投稿: Mimi | 2008年4月16日 (水) 23時39分

Mimiさんへ--------------------------★

乙一の短編集は、どれもとても面白かったです^^
私は今度は長編を読んでみようかな~♪
あとがきで「乙一の短編のオムニバス映画がある」って書かれてました。
それ観てみたい~!
早速いつものツタヤで探したけど例のごとく置いてなかった・・(´д`)

「実録!サイコ恐怖画像」は現在コンビニで発売中。
興味があればどうぞ~☆

投稿: わさぴょん | 2008年4月17日 (木) 06時56分

こんばんは!
原作読んだんですね^^すご~い!
映画の方は、「リア鬼」「犬と私の~」は鑑賞しました!
「犬と~」は泣けました(TOT)
リア鬼は、まあまあでしたが、
発想は面白いですよね^^
では、では、♪

投稿: ぴーち | 2008年4月17日 (木) 23時02分

★ぴーちさんへ----------------------------★

すごくないですよ~☆
どれもこれもイッキ読みしたくなる本ばかりでした♪
(ナルニアは長かったが。声に出して読んでたからか?)

でもフィリップ・K・ディックの短編集は最初の方の3本を読んだだけで
アトは読まずじまいだった事を懺悔(´д`)
だけどココに収録されてた「妖精の王」の話は絵的に面白かったんで
映画化されないかな~と思ったり♪

「リア鬼」映画はまあまあなんですか^^;
観てないけど、なんかわかるな~☆
スピード感もあって面白いんだけど、後に何も残らなそうな感じ。
「犬と~」はやはり私も泣いちゃうだろうな~
よし!泣きたい時にみよ~♪

投稿: わさぴょん | 2008年4月18日 (金) 06時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/292785/20260929

この記事へのトラックバック一覧です: 最近読んだ本7冊。:

« 「ラッキー・ユー」・・・80点 | トップページ | 「バス男」・・・77点 »