« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月の30件の記事

「デッドリンガー」・・・72点

デッドリンガー デッドリンガー
←あれ?いつのまにかこの画像に。
セブンアンドワイで詳細を確認する

『ピアニスト』『クリムゾン・リバー』のブノワ・マジメルが主演というサスペンス『デッドリンガー』(2005・仏・ベルギー)を観た。監督・脚本ハリー・クレヴァン、出演ブノワ・マジメル、ナターシャ・レニエ等。

見知らぬ母の死をきっかけに、突然あらわれた双子の兄。いい人に見えたが、徐々にコチラの生活に浸入してきて・・・

ブノワ出ずっぱり♪小さな幸せを乱されていく主人公と、得体の知れない兄という二種類のブノワを堪能できます^^

でもストーリー的にはちょっと「?」。兄の狙いがなんなのか、イマイチ良く分かりませんでした(´д`)

ブノワ・マジメルといえば『王は踊る』←観たい~!!私の幻映画の1つ☆ あー、店頭にあるとき観ときゃ良かった~(><)

●● 私的、気に入った度・・・・・72点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

得体の知れない人物に翻弄されていく、静かなミステリーが好きな人。美形好き。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「クライ・ベイビー」・・・84点

クライ・ベイビー DVD クライ・ベイビー

←黒ブチはやめてよ~、縁起悪い(>_<)
発売日:2007/04/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ジョニー・デップ主演のミュージカル『クライ・ベイビー』(1990・米)を借りて観た。監督ジョン・ウォーターズ(『ピンク・フラミンゴ』等)、出演ジョニー・デップ、エイミー・ロケイン、トレイシー・ローズ等。おじさん役でなんとイギー・ポップも。一瞬だけウィレム・デフォーも!

50年代を舞台に、不良とお嬢様の障害の多い恋愛をノリノリのミュージカルで描く。

↑って書くと『グリース』(1978・米)と同じみたいだけど、そこはJ・ウォーターズ監督ですから^^; ジョニデとお嬢様の主役ペアはサワヤカだけど、脇役達は毒っけタップリ☆しかし愛もタップリ感じられるのだなぁ~

ちなみにジョニデの歌は全て吹き替えだそうです。ダンスは「苦手だけど頑張った」らしい。別に不得意そうには見えなかったけど?役者ってやっぱ器用なのね☆

●● 私的、気に入った度・・・・・84点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

ノリノリの学園ミュージカルが好きな人。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

米ドラマ「HEROES」が始まった!

HEROES/ヒーローズ シーズン 1 Vol.1 HEROES/ヒーローズ シーズン 1 Vol.1
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

こないだ、ふぉんださんトコで「東京で『HEROES』の放映が始まった」と知って「いいな~!!」と思ってたら、昨日から関西でも始まった!嬉しい~!!!

まだ観てないけど録画しといたんで、楽しみです~^^

そういえば『4400』シーズン2を見てたんだけど、先週最終回だった・・・と思ったら今週のTV欄にまた『4400』の文字が。シーズン3まで続けてやるのか?

『4400』といえば、シーズン2の途中で加わった女の人がキレイで「キャサリン・ゼタ・ジョーンズに似てるけど・・・違うな~・・・」と思ってたら、なんと『Lの世界』のマリーナ役、カリーナ・ロンバートだった!『4400』での役名はアラーナ。○○ーナ、と付けたくなる顔なのか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

エリック・サティが好きである。

昨日の『アバウト・シュミット』で、主人公がふらふらと歩く場面にエリック・サティの曲が使われていた。「グノシェンヌ」の4番である。グノシェンヌの1番が映画に使われているのは時々見かけるが(たけしの映画にも使われてた)、4番を使った映画は珍しいと思う。

グノシェンヌの1番・・・クールで皮肉っぽくてカッコよくて、ちょっとエキゾチックな名曲。

同4番・・・迷宮をさまよっているような不安な気持ちにさせる曲。ハマルと大好きになるだろう。(私はもちろん好き♪)

でも一番本能に訴える感じなのは「グノシェンヌの3番」。まるでゆっくり奈落の底に落ちていくようで、頭の中には「助けてぇ~・・・」と手を上にのばして助けを求めている図が浮かぶ。

こんなのばかり好きだといってるのもなんなので、「ジムノペティ」の一番(♪ドンターン♪のアレね)や「ジュ・トゥ・ヴ」(←CMでよく聞く明るい曲)も好きだという事を付け加えておこう^^;

エリック・サティ/サティ:ピアノ・ソロ作品全集 エリック・サティ/サティ:ピアノ・ソロ作品全集
販売元:山野楽器
山野楽器で詳細を確認する

スティーヴ・ハケット/スケッチズ・オブ・サティ(エリック・サティの風景) スティーヴ・ハケット/スケッチズ・オブ・サティ(エリック・サティの風景)
販売元:山野楽器
山野楽器で詳細を確認する

↑私の持っているCDはコレではありませんが、情報が見つからなかったので★ グノシェンヌは3番までしか収録されてないアルバムが多いので、4~6番も入ってるのを紹介してみました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

「アバウト・シュミット」・・・83点

アバウト・シュミット DVD アバウト・シュミット

←ジャック・ニコルソンの’表情の演技’を堪能できる作品。

発売日:2004/01/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

TV放映していた『アバウト・シュミット』(2002・米)を観た。監督アレクサンダー・ペイン(『ハイスクール白書』、『サイドウェイ』←未見)、出演ジャック・ニコルソン、キャシー・ベイツ等。

定年退職した平凡な男ウォーレン・シュミットが、突然の第二の人生に戸惑い・怒りながらも、心の整理をつけていく様子を描く。

今まで’自分’について考えた事なんて無かったであろう主人公が、チャリティで援助(小切手を送る)する少年に自己紹介の手紙を書く事によって、自分の人生を(多分初めて)かえりみる。そしてこみ上げてくる怒り・悲しみ・無力感。人間生きてりゃ色々あるんだね・・・

ツタヤではなんとなく触手が動かなかった作品ですが、観てみたらとても面白かった。ジャック・ニコルソンの自分の価値観から踏み出せない、どこにでもいるジイサンぶりがいい感じ♪他の人では成立しない作品。他の人がこの主人公をやるとしたら・・・この「人生の悲哀」の表情は・・・ビル・マーレイならいけるかな。

キャシー・ベイツの裸は見たくなかった(ーー;) 何じゃありゃ~★

●● 私的、気に入った度・・・・・人生楽ありゃ苦もあるさ、83点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

’定年後の自分’に興味のある人。ジャック・ニコルソンのファン。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

「アドレナリン」・・・74点

アドレナリン DVD アドレナリン

販売元:東宝
発売日:2007/11/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

楽しみにしていた『アドレナリン』(2006・米)をパパぴょんと鑑賞。監督マーク・ネヴェルダイン、ブライアン・テイラー。主演ジェイソン・ステイサム(『トランスポーター』)、エイミー・スマート(『バタフライ・エフェクト』)等。暴走しすぎでR-15

主人公である殺し屋が”一時間で死ぬ”毒薬を打たれた。毒の進行を遅らせるにはアドレナリンを出し続けなければ(つまり興奮しつづけなければ)・・・。ノンストップ・アクション・ムービー。

かなり期待してたんですが、それが災いしてか正直ビミョー。やっぱ緩急ってバランスが大事なんですね☆

●● 私的、気に入った度・・・・・全体的にヒネリ無し、74点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

(「おじいちゃんの杖」のように)バカバカしいほど止まらない、単純アクション連発の作品が観たい人。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

「ジャスティス」・・・80点

ジャスティス デラックス版 DVD ジャスティス デラックス版

←ブルース・ウィリスは主役ではありません。
Amazon.co.jpで詳細を確認する

TV放映していた『ジャスティス』(2001・米)を観た。監督グレゴリー・ホブリット(『悪魔を憐れむ歌』など。次回作は『ブラックサイト』)、出演コリン・ファレル、テレンス・ハワード、ブルース・ウィリス等。

1944年。議員の息子としてナマぬるくデスクワーク軍人やってたトーマス・ハート中尉が、ドイツ軍捕虜収容所に入れられる。初めて直面する厳しい現実。そこでのアメリカ兵のリーダーはたたき上げのマクナマラ大佐(B・ウィリス)。相容れない二人。同じ房に黒人将校が入ってきて、事件は起きた・・・

捕虜収容所を舞台に、人種差別・正義を描いた骨太なドラマでした。後半は裁判劇。

邦題の「ジャスティス」もピッタリだと思うけど、原題は「Hart's War」(ハート中尉の戦争)。「心(Heart)の戦い」という意味にもとれるかも。一人一人の心の中の’正義を貫きたい気持ちと、ラクな方に流れたい気持ち’の戦い。

●● 私的、気に入った度・・・・・80点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

骨太な男達の、男気のあるドラマが観たい人。裁判劇が好きな人も。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「恋愛睡眠のすすめ」・・・62点

i

恋愛睡眠のすすめ スペシャル・エディション DVD 恋愛睡眠のすすめ スペシャル・エディション

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2007/10/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ガエル・ガルシア・ベルナルが見たくて『恋愛睡眠のすすめ』(2005・仏)を借りて観た。監督・脚本ミシェル・ゴンドリー(『ヒューマン・ネイチュア』『エターナル・サンシャイン』)。共演シャルロット・ゲンズブール等。

シャイな青年ステファンは、隣人ステファニーに一目ぼれ。サエない現実とは裏腹に、夢ではメルヘンチックな妄想が繰り広げられ・・・

絵的に可愛いです。でもストーリー的には、よく分かんない(-_-;)ガエルのキャラも掴みにくい。女の子達がくすくす笑う場面は面白かった(←「見て!階段下りてくよ~、バカみたい☆」って言ってるトコ)。でも面白かったのはそこくらいかな~

S・ゲンズブール、私の頭の中では”いつまでも少女”のイメージがあったんだけど、すごい年取ってた・・・母ジェーン・バーキンと共演した『カンフー・マスター!』(1987・仏)は好きです♪(←ジェーン・バーキンが)。

●● 私的、気に入った度・・・・・62点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

ガエルのファン(一瞬まっ裸が!)。可愛いモノ・メルヘンチックな映像が好きな人。

| | コメント (9) | トラックバック (2)

今後のトラックバックについて

いつも私を悩ます事・・・それはトラックバック。ちょっと前まではボーさんトコを見習って「トラックバックするときはコチラの記事中にもあらかじめリンクを貼っておこう!」と頑張ってましたが、徐々にめんどくさくなってきました(>_<)

コチラからTBしても失敗することも多く、そういう場合はやはりTBできてないのに「トラックバック→」と記載するのも変だし、じゃあ成功した人だけ記事中リンクするのか?コッチからTBできなかった人は無視した感じになっちゃうけど?など自問自答。

なのでココ最近は相手先でコメントする時に、アドレス欄に自分の記事アドレスをコッソリ入れたりしてたんですが・・・

今後はその記事アドレス方式、プラス、TBも一応やってみる、みたいな感じで行きたいと思います(時間が無くバタバタしてる時やうっかりしてる時は忘れるかも)。自分の記事中リンクはいったん休止の方向で

なんだかややこしい事を書いてしまいましたが、私がTBを受ける側に立った場合、基本的にTB歓迎です。ただその際コメントもいただけると100倍嬉しいです。

TBしたい人はドンドン勝手にTBしちゃってOKですんで、ヨロシク♪(^o^)丿(注:一応私がエロや広告TBじゃないかチェックしてからなので、すぐには反映されませんが。)

あと、時間の無い時や単純に忘れてる時などはTB返ししない場合があるかもしれません・・・(TBだけしてった人の場合はTB返ししないことが多いかな。メンドクサイし、やんなくていーか、みたいな感じで。その記事に行ったりさえしない事も多々)

| | コメント (11) | トラックバック (0)

「レベル・サーティーン」・・・80点

レベル・サーティーン DVD レベル・サーティーン

販売元:video maker(VC/DAS)(D)
発売日:2008/01/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ふぉんださんのブログの記事で面白そうだな~と思った『レベル・サーティーン』(2006・タイ)を借りて観た。監督マシュー・チューキアット・サックヴィーラクル、出演クリサダ・スコソル・クラップ(プチット役)、アチタ・シカマナ(トン役)等。あらゆる面でR-15。

借金もあり、仕事も上手く行かない男(会社もクビに)のもとにかかってきた一本の電話。ゲームに挑戦すると賞金が手に入るという。ゲームは全部で13あり、レベルをクリアするごとに賞金も高額に。試しにレベル1に挑戦すると、あっけないほど即座に振り込まれた大金。しかしそれは悪夢のようなゲームの始まりだった・・・

レベル1は目の前のハエを叩き殺す事。これは簡単だったけど・・・

レベル2はそのハエを食べる事。もうこの時点で普通じゃありませんから(ーー;)

いやぁ~、でも人としてレベル5が一番ハードル高そうかな~☆ 食事中の人は観ないでくださいm(_ _)m  

しかし、このゲームの構成、上手いわ~。止めたらその時点でコレまでの賞金も取り上げなんで、「ココまでやっちまったんだから!」ともうヤケクソで「わぎゃあ~!!!」と突っ走ってしまう気持ちも分かるような。もう絶対アトにはひけない、というより、以前の自分には戻れないテンパリ感。スゴイもん見せてもらいました。

●● 私的、気に入った度・・・・・気に入ったと言うのもどうかと思いつつ、80点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

グロイのが好きな人。何を見ても吐かない自信のある人。心理的に追い詰められていく描写が好きな人。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

「街のあかり」・・・79点or81点

街のあかり DVD 街のあかり

カテゴリなんにするか迷って「コメディ」にしちゃいました・・・笑えないけど。
発売日:2007/12/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アキ・カウリスマキ監督の『街のあかり』(2006・フィンランド・独・仏)を借りてみた。出演ヤンネ・フーティアイネン(コイスティネン役)、マリア・ヤンヴェンヘルミ(ミルヤ役)等。

真面目だが愛想の無い男に近づいてきた一人の女。二人は不器用ながらも上手くいくかに見えたが・・・

不思議な独特の空気感。面白くないわけじゃないけど、何度も寝そうに(´д`)

この男の人、初めて見るけど渋い男前♪”くずれアラン・ドロン”って感じ。仲悪い同僚で”くずれミッキー・ローク”みたいなのもいた。

なんでこんな不思議な感じがするのか・・・多分この主人公が無表情で、しゃべってても相手をちゃんと見てないから。どっか違う遠いところを見てるから。だからなんとなくやってる事と考えてる事が一致してるように見えなくて、現実味の無いフワフワした感じがするのかな~と思ったり。

でも最後の方で皆で壁際に座ってる時は、普通に談笑してるように見えた。でも音声は聞こえない。皮肉っぽいな~

今作は「浮き雲」「過去のない男」に続く“敗者三部作”の最終章らしいので、他のも観てみたいです。全部観ると見えてくるものがあるのかも。

●● 私的、気に入った度・・・・・79点と81点の間(でも80点ではない)●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

制服フェチの人(主人公が警備員なので)。ついてない男のオフビートな悲喜劇が好きな人。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

「バベル」・・・79点

バベル/Babel

バベル/Babel
ナンパしてきた男にもらったクスリは飲んじゃダメですよ~。(多分PG-12の理由はソコかと。)

HMVジャパンで詳細を確認する

菊地凛子がアカデミー助演女優賞にノミネートされた事で話題になった『バベル』(2006・米)を観た。監督アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ(『アモーレス・ペロス』など)、出演ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、菊地凛子、役所広司、ガエル・ガルシア・ベルナルなど。PG-12

コミュケーション不全によって起こる何組かの悲劇。モロッコでの銃撃事件、アメリカ・メキシコの密入国、日本での聾唖の娘とその父の話。少しづつ重なったストーリーがそれぞれに展開する。

題名の”バベル”は聖書の「天まで届く塔を作ろうとした人間達に怒った神が、(人間達を戒める為に)それまで単一だった人間の言葉をバラバラにして混乱させた」という一節からきている。

今作の公開は、去年(2007年)のゴールデンウィーク。当時、周りの観に行った人に感想を聞くと「う~ん」と言う返事が多かった☆まあ、GWに家族で楽しむような作品ではないのは確か(-_-;)

モロッコの羊飼い兄弟に一番感情移入したかな。何故そうなったかも理解しやすい。そして遊びのつもりでやった事が招いた悲劇。最後の弟の行動は胸に迫る。

登場人物の中で、菊地凛子の行動に少し理解不能なところがあった。理解してくれる誰か(父親)を求めてたんだろうけど・・・

●● 私的、気に入った度・・・・79点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

人間の愚かさ・弱さを描いた、重いめの作品が好きな人。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

「ツォツィ」・・・79点

ツォツィ プレミアム・エディション(2枚組) DVD ツォツィ プレミアム・エディション(2枚組)

販売元:Happinet(SB)(D)
発売日:2007/10/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2006年度アカデミー外国語映画賞の『ツォツィ』(2005・南アフリカ・英)を借りて観た。監督ギャヴィン・フッド、出演プレスリー・チュエニヤハエ等。倫理面でR-15。

南アフリカ・スラム街。ツォツィ(不良)と呼ばれる青年は暴力と犯罪に明け暮れる毎日だったが、盗んだ車に赤ん坊が乗っていて・・・

で、赤ん坊に癒されていい人になっていくのかと思ったら、なかなかそんなに甘くない。赤ん坊は紙袋に入れて持ち歩いちゃうし、何より扱い方を全然知らないから観ててヒヤヒヤの連続★ あの赤ちゃんのお尻、ウン○でタダレちゃったんじゃないのかな~(-_-;)

でも少しづつ、ホントにすこーしづつではあるものの、赤ちゃんにオッパイをあげてくれる女性(脅迫したんだけど^^;)の様子を見るうち、彼の心も変化して。しまいこみすぎて自分でも忘れていた感情なんだろうけど、彼もあんなふうに愛されたかったんだよね・・・

●● 私的、気に入った度・・・・・79点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

ハードでバイオレンス寄りだが、ほのかにいい話が観たい人。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

「バス男」・・・77点

バス男 (ベストヒット・セレクション) DVD バス男 (ベストヒット・セレクション)

原題は「ナポレオン・ダイナマイト」←(主人公の名前^^;) バスはあんまり関係ない。

発売日:2007/11/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

恋人はゴースト』にオカルト店主役で出ていたジョン・ヘダーが観たくて、『バス男』(2004・米)を借りて見た。監督ジャレッド・ヘス、出演ジョン・ヘダーエフレン・ラミレッツ等。劇場未公開。

イケテナイ高校生ナポレオンの日常。変人ばかりの家族、新しく出来た友人、トンチンカンな恋愛模様などをユルユルと描く。

ジョン・ヘダーの”イケテナさ炸裂の高校生”、似合いすぎ(-_-;)観てるうちに、だんだん慣れたけど★

ナポレオンは確かにイケテないし、趣味も変わってるし、軽くイジメられてもいるのだが、卑屈ではない。モテてもみたいが、「こんな自分を変えよう」とは考えていない。そうではなく「自分の得意分野でアピールしよう」というところが、一本筋が通ってて気持ちいい。

主人公の兄は無職でチャットを一日何時間も。この兄がまた(>v<)皆さんキャラ立ちすぎです☆

●● 私的、気に入った度・・・・・パパぴょんは気に入ったようだった。77点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

脱力系学園コメディが好きな人。

| | コメント (11) | トラックバック (1)

最近読んだ本7冊。

”最近読んだ本”シリーズ、久しぶりに「パート2」いってみま~す^^

ゴールデン・マン (ハヤカワ文庫 SF テ 1-18 ディック傑作集) (ハヤカワ文庫 SF テ 1-18 ディック傑作集) Book ゴールデン・マン (ハヤカワ文庫 SF テ 1-18 ディック傑作集) (ハヤカワ文庫 SF テ 1-18 ディック傑作集)

著者:フィリップ K.ディック
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

もうすぐ公開されるニコラス・ケイジ主演のSF映画『NEXT』の原作。作者はフィリップ・K・ディックと聞いて、読んでみた。

小説『ゴールデン・マン』は短編。全身が金色で、「神様みたい」と皆が口をそろえる魅力的な容姿を持つ青年。少し先の未来が見えていて、田舎に家族と住んでいるが一言もしゃべらない。異端視する政府に抹殺されそうになり逃げる、というストーリー。

映画版では売れない手品師(容姿はニコラス、言わずもがな)。二分先の未来が見える(二分先しか見えない)。テロ事件を阻止するために頑張るらしい。

どうやら「少し先の未来が見える」という設定だけをいただいたよう。原作といっていいのか?疑問。

★----------------------------------------------------★

リアル鬼ごっこ (幻冬舎文庫) Book リアル鬼ごっこ (幻冬舎文庫)

著者:山田 悠介
文庫版560円

Amazon.co.jpで詳細を確認する

映画化された『リアル鬼ごっこ』はまだ観てないが、原作を読んでみた。アホ国王のせいで全国の”佐藤さん”が「つかまったら死」の鬼ごっこに参加させられる話。

奇想天外な設定だが、テンポ良く一気に読める。というか読みはじめたら止まらない。(『ドアD』の時もそうだった。)とても面白いのだが、特に深みは無い。山田悠介を読むのはこれで2冊目だが、早くもちょっと飽きたかも。とか言いながら他のも読んでみたいが。

★----------------------------------------------------★

ZOO〈1〉 (集英社文庫) Book ZOO〈1〉 (集英社文庫)

著者:乙一
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

以前CDさんにオススメされた乙一の『ZOO』をやっと読んだ。スゴイ!!この本は短編集なのだがどれも壮絶で、「カザリとヨーコ」や「SEVEN ROOMS」などが特に凄かった。

「ZOO」と聞いた時、真っ先にピーター・グリーナウェイの『ZOO』(1985・英)を思い出したが、やはりそれにちょっと関連した話だった。人間でやってみせられたら怖いよ☆ でもそれだけでは終わらなくて、もう一捻りあったところが良かった。

ZOO〈2〉 (集英社文庫) Book ZOO〈2〉 (集英社文庫)

著者:乙一
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ついでにコチラも読んだ。壮絶だったりコミカルだったり、いろんな種類の文章が書ける人だ。CDさーん、面白かったです~(^o^)丿

★----------------------------------------------------★

裏モノJAPAN別冊 2008年5月号 実録!サイコ恐怖画像 裏モノJAPAN別冊 2008年5月号 実録!サイコ恐怖画像
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

ふぉんださんのブログで面白そうだった、コンビニで500円で売ってる投稿写真?風な実録雑誌。すんごいコワイ~~~!!どんなホラーも、やっぱホンマモンにはかないません。身の毛がよだちました(-_-;) あまりにも怖くて、数少ないエグイもん好きの友達に「あげる!」とメールするも「アンタが怖いんならホンマやん!」と断られ。買った次の日、駅の回収BOXに捨てました・・・

★----------------------------------------------------★

いぬとわたしの10のやくそく―えほん Book いぬとわたしの10のやくそく―えほん

←同名映画の元になった本を子供向けにひらがなで絵本化したもの。

売元:リヨン社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

本屋で子供向けの絵本を色々みていて、ふと手にとったこの本。読みました。その場で泣きました★ 10の約束は知ってたけど、その続き(?)の「虹のたもと」って話が載ってて、これがまた泣けたわ~。子供に読ませたい!購入決定。でも犬は飼ってないし、飼う予定も無いので、的外れかも?

★----------------------------------------------------★

C.s.ルイス/ナルニア国物語: カスピアン王子のつのぶえ C.s.ルイス/ナルニア国物語: カスピアン王子のつのぶえ
←映画化版は2007年5月21日公開。
HMVジャパンで詳細を確認する

映画化されたものが5月公開なので、原作を先に読んでみた。本はだいたい通勤の車内で読むのだが、これは一晩に一章づつ、寝る前に子供に読み聞かせ。20分ほどかかるので読むほうも疲れるが、読み終わる頃には子供も寝ているという、まさに魔法の本である^^;

内容は単純な冒険話で、まあ普通に面白い。「ライオンと魔女」は映画の方しか観てないがそれよりも盛り上がりが弱いような気もした。「あれ?ここがクライマックス?」みたいな。でも目で二時間観る映画と、毎日少しづつ読み進む小説では、全体的な感じ方もやはり違うのかもしれない。

なんだかんだいっても、予告編を観た限りではかなり忠実に映像化されているようだったので楽しみである。前売り券買ったし~♪

| | コメント (8) | トラックバック (0)

「ラッキー・ユー」・・・80点

ラッキー・ユー 特別版 DVD ラッキー・ユー 特別版

← 一応「恋愛」カテゴリに入れたけど、違うような・・・
発売日:2007/11/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ドリュー・バリモアの恋愛物かと『ラッキー・ユー』(2007・米)を借りて観た。監督/脚本カーティス・ハンソン、出演エリック・バナ(『ミュンヘン』『トロイ』等)、ドリュー・バリモアロバート・デュバル等。

ラスベガスを舞台に、プロのポーカープレイヤーの仕事(ホテル「ベラージオ」のカジノ)・恋愛(ギャンブラーとは正反対の天真爛漫な女性)・成長(伝説のポーカー師である父との確執)を描く。

恋愛モノというより、ポーカー師の話でした(『ハスラー』みたいな感じ)。想像とは違ったけど、面白かった^^

今作で主に行われるのは’テキサス・ホールデム’というポーカー。日本人にはなじみが無いけど、ちゃんと説明してくれます(でも’レイズ’とか’コール’とかは説明なし。よく分からん~★)

後半は2003年のポーカー大会での大勝負(韓流ドラマ『オールイン』でも出てきたのでなじみのある人も多いのでは)。今作ではリアル感を出すため、本物のポーカー師達が多数出演しているそうです。

いかにもモテそうな百戦錬磨の主人公が、なぜ彼女にそれほど惹かれたのか。そこがイマイチ弱い。あーいうタイプに初めて出会ったってわけでも無いだろうに?

●● 私的、気に入った度・・・・・80点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

ラスベガス、カジノ、ポーカーに興味のある人。駆け引き頭脳戦ドラマが好きな人。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「ブラッド」・・・80点

ブラッド DVD ブラッド

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2007/12/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

なんとなく好きな吸血鬼モノなので『ブラッド』(2007・米)を借りて見た。監督セバスチャン・グティエレス、出演ルーシー・リュー、他。鮮血描写でR-15。

ジャーナリストでオカルトの取材をしていたセイディが、バンパイアになってしまい、自分をこんな体にした奴らに復讐を・・・

珍しいアジアン・ビューティー・バンパイア。黒髪に血が似合います。

ドラマ『OC』のアンナ(サミーラ・アームストロング)がセクシ~なカッコで出てた^^(いきなりプールで全裸泳ぎ)。アンナって結構大人だったんだ・・・。頭の左右フリは抑え目。(でもやってた)

マリリン・マンソンもバーテン役でちょっとだけ出演。ヒゲ生やしてて、フックラしてて、ちょっとデイビッド・アークェット似なお姿に★ 妙に健康的でした(´д`)

●● 私的、気に入った度・・・・・80点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

吸血鬼モノが好きな人。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「エバン・オールマイティ」・・・79点

エバン・オールマイティ DVD エバン・オールマイティ

もう一方の店で、80円レンタルきたー!!
発売日:2007/12/13
Amazon.co.jpで詳細を確認する

早くも旧作落ちしていた『エバン・オールマイティ』(2007・米)を借りて子供と鑑賞。監督トム・シャドヤック。出演スティーブ・カレル(『40歳の童貞男』『リトル・ミス・サンシャイン』)、モーガン・フリーマン(神様役)等。

下院議員になったばかりのエバンが、ノアの箱船(方舟?)を作るハメになり・・・

いろんな動物達が出てきて楽しい^^ エバンの容姿がだんだんノアっぽくなっていく特殊メイクも自然な仕上がりで、映像的にとても楽しめる♪

監督のトム・シャドヤックの作品は『ライアー・ライアー』『パッチアダムス』『ブルース・オールマイティ』(←今作はこのスピンオフといえる)等、家族で安心して楽しめるコメディで安定感がありますね。

●● 私的、気に入った度・・・・・でもちょっとだけ物足りない、79点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

動物好きな人。”ノアの箱船”に興味のある人。子供と観られるコメディを探している人。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「Lの世界」(ドラマ)第1話

Lの世界 vol.1 DVD Lの世界 vol.1

←端の黒髪がJ・ビールス、小さいのがM・カーシュナー、真ん中がトヨエツ^^; 金髪の横はパム・グリアー。
発売日:2008/02/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

『あるスキャンダルの覚え書き』のDVDにオマケで入ってた『Lの世界』第一話を観た。ジェニファー・ビールス(『フラッシュダンス』)、ミア・カーシュナー(『エキゾチカ』『ブラック・ダリア』)が出てる話題のドラマというので期待しての鑑賞。

ロサンゼルスを舞台に、レズビアン達の恋愛模様・生活などを描く。

ドラマの題材もとうとうここまで来たかと言う感じ。今まで無かった設定ですが、内容的には『SEX AND THE CITY』とそんなに変わらないような。

ジェニファー・ビールスは意外なほど『フラッシュダンス』の頃のまま。面影ありありで、シワは無し。どーなってんだ。

ミア・カーシュナーに言い寄るカフェのオーナー役の人(カリーナ・ロンバード)、トヨエツそっくり。

シェーン役の女の人(キャサリン・メーニッヒ)がカッコいい~!!^^あれじゃモテるのも無理ないわ~heart04

続きが観たいけど地上波放映は・・・無理だろうな★ 借りるか?

そういえばNHKでいよいよ『デスパレートな妻たち』シーズン2の放映が始まったんで観てます^^第2シーズンはカイル・マクラクランが出てくるそうなんで、楽しみ~♪

| | コメント (8) | トラックバック (0)

「あるスキャンダルの覚え書き」・・・86点

あるスキャンダルの覚え書き DVD あるスキャンダルの覚え書き

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2007/11/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ジュディ・デンチが怖そうな『あるスキャンダルの覚え書き』(2006・英)を借りて観た。監督リチャード・エアー、出演ジュディ・デンチ、ケイト・ブランシェット等。倫理面でR-15。

オールドミスで孤独な女教師バーバラの前に現れた、若く美しい新任教師シーバ。二人の交友は深まるかに見えたが、シーバが生徒と関係を持った事をキッカケに、バーバラの独占欲は暴走し・・・

コレ、怖っ!誰かが死んだりするようなストーリーじゃないけど、婆さんシミジミ怖いよ!!ジュディ・デンチ、今更ですがスゴイ女優だな~★

似たような話に『ルームメイト』があるけど、今作の方が婆さんなだけに鬼気迫る迫力がある。地味だけど怖い。事件性は低くても、ありそうな狂気度と言う意味では上。

中盤、シーバが”スージー&ザ・バンシーズ”が好きというエピソードがある。妙な所でブリティッシュ。(しかも若者には「コレ誰?」状態(-_-;)ああ、ジェネレーション・ギャップ★)スジバン聞いてたような女が、おとなしく良き妻・良き母・良き教師やってるわきゃ無いんだよね~(と、自分の事は棚に上げる^^;)。

シーバのお相手の生徒の若さも残酷。上手いなぁ~。オバチャン騙されたわ(ーー;)

●● 私的、気に入った度・・・・・86点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

女性の揺れ動く心理を丁寧に描写した作品が好きな人。めくるめく浮気に興味のある人も。その代償は大きいですよ・・・

| | コメント (12) | トラックバック (0)

「アポカリプト」・・・82点

アポカリプト DVD アポカリプト

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2007/11/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

監督メル・ギブソンなので、とても観たかった『アポカリプト』を借りてきた。出演ルディ・ヤングブラッド等。残酷描写でR-15。全編マヤ語

マヤ文明後期の頃(ってよく知らないけど)。生贄にされるため連れてこられた男が、妻子の元に帰るために走る!

マヤ語とかマヤ文明とか、そんな事が大々的に宣伝されてましたが、見た感想は「昔も今も、やってることは驚くほど一緒だなぁ~」って事。村の人たちの暮らしの様子は、日本でもちょっと前の農村と大差ない(服装が違うくらい)。人々が笑い、子供たちが駆け回り、口うるさい婆さんがいて^^;家族の情愛は現代人と同じだし。

後半、逃げていた主人公が反撃していく所は『ランボー』みたいでした。森を知り尽くした男はゲリラ戦に強い。

●● 私的、気に入った度・・・・・82点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

原始的(飛び道具は無し)なアクション物が好きな人。たった一人で戦う男のハナシが好きな人。走る映像が好きな人。

| | コメント (12) | トラックバック (1)

「カクタス・ジャック」・・・80点

カクタス・ジャック DVD カクタス・ジャック

←パッと見、コワイ話みたいですが、ホラーではありません。
発売日:2007/04/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

予告編が面白そうだった『カクタス・ジャック』(2004・メキシコ)を借りてみた。監督アレハンドロ・ロサーノ、出演トニー・ダルトン(ジャック)、クリストフ(ムド)、ラウル・メンデス(ポッチャ)等。暴力描写でR-15。

一晩に起こる二つの事件(①気絶した社長をなんとかしなきゃ。②社長誘拐)。二人の男が巻き込まれ・・・

テンポよくコミカルにストーリーが進んでいく。でも予告編から想像したような感じとはちょっと違った。(もっとニセ社長が活躍するのかと)

なぜか一度目は睡魔が★その後見直したら面白かったのに~(ーー;)

●● 私的、気に入った度・・・・・80点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

巻き込まれ型バイオレンス・コメディ・アクションが好きな人。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「ゾディアック」・・・81点

Zodiac DVD Zodiac

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2007/11/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

旧作になった『ゾディアック』(2006・米)を借りて観た。監督デヴィッド・フィンチャー(『セブン』等)、出演ジェイク・ギレンホールマーク・ラファロロバート・ダウニー・Jr(←マシュー・ブロデリックとよくゴチャ混ぜになる)等。

実在した連続殺人犯ゾディアックの事件を、事件(暗号)の解明に魅せられてしまった男の視点から描く。(D・フィンチャー監督らしい暗めの作風)

リー役が’ベリック刑務官@プリズン・ブレイク’に似てる~。あの人(ウェイド・ウィリアムス)かな~違うかな~。ソコばっか気になってしまった。結局違って脱力。

湖のそばにいるカップル。女のほうは『キング 罪の王』のペル・ジェームス。こんなにはっきり描かれているメッタ刺し場面は初めて観た。妙に現実味が無くて、ソコが又ヘンにリアル☆(←逆説的だな~)

●● 私的、気に入った度・・・・・で、犯人は? 81点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

スッキリしないサスペンスでも怒らない人。暗澹としたハナシに惹かれる人。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

「ファット・ガール」・・・79点

ファット・ガール/愛はサイズを超える DVD ファット・ガール/愛はサイズを超える

←本編ではこの7,8倍はBIGサイズなBODYです^^;
発売日:2007/10/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

子供と一緒に『ファット・ガール』(2006・米)を観た。監督ネジェスト・リケ、出演モニーク(米で人気のコメディアンらしい)等。

クイーンサイズなボディを持つジャズミンは、イケメンな彼氏を捕まえられるのか?そして夢は(デザイナーになること)叶うのか・・・?

ベタなコメディではありますが、単純に面白かったので許す^^しつこいHシーンはないものの、セリフは「もう9ヶ月もHしてないのよー!」「美味しそう~食べちゃいたい♪」など”ジャズミン心の叫び”のオンパレードでした^^;

●● 私的、気に入った度・・・・・79点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

逆境にめげないパワフルなコメディが観たい人。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「変人村」・・・80点

変人村 DVD 変人村

←日曜の朝からこんな画像でゴメンナサイ☆

発売日:2007/12/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

『変態村』『変態男』ときて、コレも観ないわけにはイカンとばかりに『変人村』(2006・仏)も借りてしまった。監督キム・シャピロン。出演ヴァンサン・カッセル、オリヴィエ・バーテレミー、ロクサーヌ・メスキダ等。

田舎に来た男女が、薄気味悪い村民によって恐怖に陥れられる・・・

イカレてる・・・☆ 変人というより狂人。村は関係ないような(ーー;)

インタビューで「前半はコメディ、中盤はセクシー、後半はホラー」と言ってました。その言葉が全てを表してます☆ 補足必要なし^^;

使用人ジョセフを演じるヴァンサン・カッセルが嬉々として気味悪い男を演じてます☆そのつながりで、なんとモニカ・ベルッチもカメオ出演(1,2秒だけチョコッと出てた)。

ジョセフの妻を演じるGeorgette CROCHONさん、今作で初めてお目にかかりましたが、すごいインパクトのある顔でした。笑顔が怖くて夢にみそう・・・。(Mimiさ~ん、この名前なんて発音するのか教えて~。ジョルジェット・クロコン、とか?)

●● 私的、気に入った度・・・・・80点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

『悪魔のいけにえ』のような薄気味悪い雰囲気の作品が好きな人。エログロが好きな人。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

「恋人はゴースト」・・・80点

恋人はゴースト スペシャル・エディション DVD 恋人はゴースト スペシャル・エディション

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2006/09/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

雨里さんが「今作のマーク・ラファロが一番いい」と言うので、借りてみました『恋人はゴースト』(2005・米)。監督マーク・ウォーターズ(『フォーチュン・クッキー』『ミーン・ガールズ』など)。出演リース・ウィザースプーン、マーク・ラファロ等。フランスの小説「夢でなければ」の映画化。日本では劇場未公開。

仕事人間の医師エリザベスが交通事故に。その後、彼女の部屋を借りたデイビッドの元にエリザベスがゴーストとして現れて・・・

よく有りそうな話ですが、面白かったです。マーク・ラファロの意外なコメディアンぶりも見られたし^^リースの「チャキチャキの江戸っ子でぃ!」な感じもハマってた。(地か?)

DVD特典でリースは「ブレイク直前の女優」とM・ラファロに紹介されてたんで、『キューティ・ブロンド』(←これでブレイクだったよね)より前の作品なのか~。今なら未公開にはならないと思うな~

オカルト書店(この場面でスクリーミン・J・ホーキンスの’I put a spell on you♪’が!)のダリル役が可愛かった^^ 『バス男』の主演の人か~。いつも「借りるのはまた今度にしよう」な作品だけど、彼主演なら今度こそ借りてみよ~♪

私は『13ラブ30』『死ぬまでにしたい10のこと』の時のラファロが好きですが、コレも同じくらいかな♪彼はいい人が似合うね~。

●● 私的、気に入った度・・・・・エンディング曲がキュアーだったのも嬉しい、80点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

ラブコメ好きな人。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「素粒子」・・・82点

素粒子 DVD 素粒子

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2007/11/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

『es』『ラン・ローラ・ラン』のモーリッツ・ブライプトロイ主演という『素粒子』(2006・独)を借りて観た。監督オスカー・レーラー、出演M・ブライプトロイ(兄役)、クリスティアン・ウルメン(弟役)、マルティナ・ゲデック(クリスティアーネ役。『善き人のためのソナタ』のヒロイン)、フランカ・ポテンテ(アナベル役。『ラン・ローラ・ラン』)等。ミシェル・ウエルベックの同名小説の映画化。

奔放な母から生まれた異父兄弟。兄(教師)はセックスへの欲求に取り付かれ、弟(遺伝子科学者)は性行為を伴わない生殖の研究を・・・

M・ブライプトロイは今作でベルリン国際映画祭男優賞を受賞。でも弟役の人の方が地味だけど可愛かったな~♪

前半はコメディなのかな~と思いながら観ていたのですが、だんだんと雲行きが怪しくなってきて凹み度数もぐんぐん上昇☆ 「皮肉にも・・・」「皮肉にも・・・」「人生は皮肉にも・・・」。人間の弱さ・ズルさ・孤独感・喪失感などがいりまじって、なんともいえない味わいに。

派手な展開はないけれど(いや、大アリかも)、予想外に心を揺さぶられた作品でした。

●● 私的、気に入った度・・・・・82点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

人生色々。(特に男女関係において)不器用な人間ドラマが観たい人。

| | コメント (5) | トラックバック (3)

「ザ・シューター 極大射程」・・・82点

ザ・シューター/極大射程 スペシャル・コレクターズ・エディション DVD ザ・シューター/極大射程 スペシャル・コレクターズ・エディション

←もうすぐ発売の廉価版、1500円。安!

発売日:2008/04/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

『ザ・シューター』(2007・米)が旧作になったので借りて観た。監督アントワーン・フークワ。出演マーク・ウォルバーグ、マイケル・ペーニャ、ケイト・マーラ、ダニー・グローバー等。

元スゴ腕狙撃手スワガーに「大統領暗殺を阻止する為協力してくれ」と依頼がくる。しかしそれは陰謀の始まりだった・・・

掛け値無しに面白いです。適度にドギツク、適度にスカッと、適度に凹んだりもして☆

主人公が山の中で隠居しているトコに、突然仕事の依頼がくるくだりは『コマンドー』みたいでした。

●● 私的、気に入った度・・・・・82点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

娯楽アクション大作が好きな人。

| | コメント (10) | トラックバック (2)

★「13F」・・・83点

13F DVD 13F

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2008/01/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

セスさんが『マトリックス』より好きだといっていた『13F』(1999・米)を借りて観た。監督ジョセフ・ラスナック、製作ローランド・エメリッヒ、出演クレイグ・ビアーコ、グレッチェン・モル、ヴィンセント・ドノフリオ、アーミン・ミューラー=スタール、デニス・ヘイスバート等。

仮想世界の中に1937年のロサンゼルスを作ったソフト開発者が主人公。上司が殺され、自分が容疑者にされる。彼は上司が仮想世界を行き来していた事を知り、自分も入ってみることに・・・

『マトリックス』より断然わかりやす~い♪と思ってたら段々ゴチャゴチャに^^;予想はつきましたが。

面白かった^^今作だけで完結しているので、謎も残らずスッキリした気分で観終われます♪仮想世界が’未来’じゃなく’セピア調な過去’ってトコもいい感じ。クラシカルな雰囲気のある良い時代で、私はこーいうのに弱いかも♪

観る前はヴィンセント・ドノフリオの名前くらいしか知らないなぁ~と思ってたけど、主役のクレイグ・ビアーコって、『シンデレラマン』でマックス・ベア(最後の対戦相手)やってた人なんだ!全然イメージ違うけど?!

謎の女ナターシャ役のグレッチェン・モルは『ベティ・ペイジ』のあの女優さん!コレ早く観たいな~(DVDは5月発売)。刑事役はなんとデニス・ヘイスバートだった~!(←『24』のパーマー大統領)

●● 私的、気に入った度・・・・・83点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

SF好きな人全般。

(以下、ネタバレ有り。要ドラッグ)

昔、理科の授業で「原子の周りを分子がまわって・・・」と習った時、「コレって太陽と月みたい?!→太陽系みたい→銀河系みたい→そのさらに上の存在」を連想した。(と同時に全ての物質の中にあるミニマムな宇宙も。) 筒井康隆だったかの短編にも確かそういうのがあった(最後に親指があらわれてページをめくる)。 なんとなくそんな事を思い出しました。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

「たとえば願いが叶うなら」・・・80点

DVD たとえば願いが叶うなら DVD たとえば願いが叶うなら
販売元:ハピネット・オンライン Yahoo!店
ハピネット・オンライン Yahoo!店で詳細を確認する

『SEX AND THE CITY』のミランダが出てるいうので『例えば願いが叶うなら』(2005・米)を借りてみた。監督アレックス・ステイヤーマーク、出演マイケル・アンガラノ、サニー・メイブリー(スーパーモデル・ニッキー役)、シンシア・ニクソン(主人公の母役)、ジョニー・メスナー(フットボール選手役)、ジーナ・ガーション(ニッキーのマネージャー役)等。

余命わずか(頭に腫瘍がある)な16歳の少年が、最後の願いに選んだのは「スーパーモデルとのデート」。願いは叶うのか? 『デート・ウィズ・ドリュー』に難病モノをたした感じ。

基本的にはコメディ。難病に冒されているといっても悪友二人と遊んでる姿(マリファナ吸ったり)は普通の悪ガキ☆で、みんなフザケてるけど、いい奴なんだよ~。主人公が見ず知らずの人たちの好意でだんだん憧れのニッキーに近づいてくだりは、コッチも応援する気持ちで見てるからそれほど無理には感じなくなってたりして。

主人公の父親がカッコよくて、エンドクレジットで何度も確認したけど分からず(´д`)でも検索してたらなんとあれは「イーサン・ホーク(ノンクレジット)」!なんで名前出してないんだろう?プロデューサーと喧嘩でもしたのか?

●● 私的、気に入った度・・・・・ミランダはちゃんと母親に見えた、80点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

さわやかでちょっとイイ話な青春ラブコメが観たい人。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »