« 「黒猫白猫」・・・73点 | トップページ | 「デジャヴ」・・・77点 »

「絶対の愛」・・・84点

絶対の愛 DVD 絶対の愛

←学生でも無いみたいだし、働いてるようにも見えなかったけど、彼らはどうやって生活してるんでしょうか。親の遺産か?

発売日:2007/11/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

予告編が強烈だった『絶対の愛』(2006・韓国)を借りて観た。監督キム・ギドク、出演ソン・ヒョナ(スェヒ役)、ハ・ジョンウ(彼氏ジウ役)、パク・チヨン(セヒ役)等。R-18。

主人公セヒは、しょっちゅう他の女をみている彼氏に耐えられなくなり、整形して別の顔になる。そして半年後、別人スェヒとして彼の前に現れる・・・ 韓国整形事情(皆気軽にやるらしい)が反映されたドラマ。

ヤキモチ焼きの女が彼を愛しすぎて、徐々に狂っていく様子が描かれています。まあ最初っから変でしたけど。「ゴメンね、毎日同じ顔で。」。そんなコト言われても答えようがありません(´д`)このセリフにはどう返すのがベストだったんでしょうか。

いやぁ~キツかったですね~。こんなメンドクサイ女は嫌だ☆ でもこんな男でも(やけにモテてたけど、そんなにいい男かなぁ?)、また、こんな女でも、好きになったらしょうがないのかな~

終盤、(『パフューム』に続いて、またしても)「ココ笑うトコ!?」な場面あり。まさに狂気と笑いが紙一重で、スンゴイ怖いです。彼女はその後、出会う人達に翻弄され、一気に神経がまいってしまいます・・・。この辺は主人公の視点で展開するので、全く予想がつかなくて、目が離せません。

ラスト近くの叫び声、すんごいリアルでした。まさに狂人。昔ジェットコースターに乗った時、ちょうどあんな声で叫んじゃった事があります・・・(・・;)

ただ彼氏のとった行動は、あのキャラ的には唐突過ぎる感じがしたな~。それに、最初の方を観てても、それほど彼女の事を愛してるようには思えなかったんだけど。

●● 私的、気に入った度・・・・・84点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

正気と狂気の境界線に興味のある人。整形に興味のある人。

|

« 「黒猫白猫」・・・73点 | トップページ | 「デジャヴ」・・・77点 »

映画-ミステリ、サスペンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/292785/10944070

この記事へのトラックバック一覧です: 「絶対の愛」・・・84点:

« 「黒猫白猫」・・・73点 | トップページ | 「デジャヴ」・・・77点 »