« 「ゴースト・ライダー」・・・80点 | トップページ | 「レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ」・・・80点 »

「マリアの受難」・・・70点

Movie/マリアの受難

Movie/マリアの受難
スローな「天国と地獄」(運動会のかけっこでよく流れる曲)が不思議な浮遊感。

HMVジャパンで詳細を確認する

ジャケ写に惹かれて、『マリアの受難』(1993・独)を借りて観た。監督トム・ティクヴァ(『ラン・ローラ・ラン』(←コレ大好き)、『パフューム』(←コレは未見)など)、出演ニナ・ペトリ、カーチャ・シュトゥット等。

自分中心な夫と、寝たきりの父に尽くしてきたマリア。窓から毎日向かいの男が出てくるのを眺めている。そして言いたい事は全て、出す当ての無い手紙に吐き出すのが常となっていたが・・・

結論から言うと、想像してたのとは全然違いました。ジャケ写は、マリアの回想シーン(若い時)のシャワーの場面で、まあなんてことないシーンでした。

今作をどうとらえればいいのか。生まれた時(同時に母は死亡)から抑圧されてきたマリアの歴史を見せられて、正直戸惑います。そして・・・マリアに希望はあるのでしょうか。そうとも取れるし、でもじゃあどうなるの?という気も。

不幸な結婚生活は、どちらにとっても不幸ですね★

マリア役の女優さんは、草彅剛シャーロット・ランプリングを足して2で割ってゴツクしたような人で、向かいの男は塚本晋也(『鉄男』)似。そんな二人のツーショットはある意味シュール^^;

●● 私的、気に入った度・・・・・70点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

人間の内面を掘り下げて、静かな狂気に向かう作品が好きな人。

|

« 「ゴースト・ライダー」・・・80点 | トップページ | 「レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ」・・・80点 »

映画-人間ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/292785/10483082

この記事へのトラックバック一覧です: 「マリアの受難」・・・70点:

« 「ゴースト・ライダー」・・・80点 | トップページ | 「レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ」・・・80点 »