2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

凹みーズ

  • 凹む映画を愛する「凹みーズ」に所属しています。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「それでもボクはやってない」・・・82点 | トップページ | ★「ケンパーク」・・・?点 »

「善き人のためのソナタ」・・・75点

善き人のためのソナタ スタンダード・エディション DVD 善き人のためのソナタ スタンダード・エディション

観てる間ずっと、主役がセバスチャン・コッホだと思い込んでました^^;「こんな顔だっけ?」と首をひねりながら・・・(あほかワシャ)

発売日:2007/08/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

『善き人のためのソナタ』(2006・独)を借りて観た。監督フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク。出演ウルリッヒ・ミューエ(ヴィースラー役)、マルティナ・ゲデック(女優クリスタ役)、セバスチャン・コッホ(ドライマン役)。

1984年東ドイツ。監視社会に生きる監視する側、される側の人間ドラマ。

物悲しいドラマでしたが途中ちょっと眠かったです・・・

●● 私的、気に入った度・・・・・75点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

職務に忠実な人が主人公の、人間ドラマが観たい人。

♪♪ トラックバック → ♪♪夢眠さんの’夢眠の映画館’ワトソンさんの’好きな映画をさがして!'ぴーちさんの’ピアニッシモ・ストーリー’ボー・BJ・ジングルズ さんの’ある日の出来事’雨里さんの’雨里部’

« 「それでもボクはやってない」・・・82点 | トップページ | ★「ケンパーク」・・・?点 »

映画-人間ドラマ」カテゴリの記事

コメント

年末も精力的に映画鑑賞されてますね~!ご立派。

映画の内容とは関係ないですが・・・
今年は、わさぴょんさんが遊びに来てくださったおかげで、
とても楽しく映画の話ができて、感謝です~!

旧作を中心に鑑賞されてる人は、なかなか私の周りにいなくて、
それがうれしかったです。
でも、わさぴょんさんのほうが、私より断然、新しい作品を観てますね。

いつも、幅広い作品を鑑賞し鋭いコメントをされてるから、
わさぴょんさんのサイトはとても楽しみなんですよ~♪
特に「オススメしたい人」の一言が好きです。

良い年末年始をお過ごし下さいね!
そして来年もよろしくお願いしま~す~☆・:.,;*

YANさんへ

こちらこそ、YANさんとお友達になれて嬉しいです^^
YANさんのブログを読んで「おお~こんな観方もあるのか~」と思う事がよくあり、
自分も観た事のある作品の記事ほど、読むのが楽しみです♪

そして旧作中心な仲間がいて心強い☆
私も「映画館で最新ロードショー」や「レンタル最新作」の話は
読みたくても我慢したりするんで^^;

鋭い・・・かな? 恐縮です^^;
最近手抜きな記事が増えてますが・・・
時間に追われてると「なんでこんな事やってんだ?」と思える瞬間があって。
「記事書いてるヒマがあったら、○○が観たい!」とか(´д`)
年末年始って夜中に映画をたくさん放映するじゃないですか。
どんどん観ていかないとビデオテープが足りなくなってきて。
あー、DVDレコーダー(できればHDD付きのが)欲しいよ~!!

それでは来年もよろしく~!

こんばんは!
わさぴょんさんは、いつもお友達の所の記事をちゃんと把握していて、こうしてリンクまで貼ってくださってくれて、いっつも、感謝に耐えません。。
私は、いっつも受身で申し訳なく思ってます(>_<)
わさぴょんさんのように、ガンガンいけたらな~
目標にしたいです!!

これ、眠かったですかww
確かに坦々としてて、盛り上がりが無かったですもんね!
TBありがとう♪
私もお願いいたしますね^^
では、では♪

ぴーちさんへ-------------------------------------*

TBはねぇ、「自分がまだ観てない間は読むのを我慢してた記事」なんかだと
やっぱり観たら読みに行きたいし、
どうせ行くならその時リンク&TBしていこうかな、と。
でも正直、ちょっと面倒な時もあります(懺悔)。
特に、こんな気合いの入ってない記事の場合は
別にTBしなくてもいいかなとも思ったり。
でも作品によってしたりしなかったりってのもアレかな~とか、
しょーもない事で色々悩んだりして(ーー;)

今後そこまでしない場合があるかもしれませんが
別にぴーちさんがキライになったわけではありませんので・・・☆
と、先に言い訳しとこう^^;

コメ&リンクTBありがとうございますー!
うさぴょんに「ボー(BJ)が来たー!」と出迎えられました。

コッホといえば、私は「ブラックブック」で先にお馴染みでした。
コッホ…ゴッホじゃなかったか…。

ボーさんへ---------------------------------------*

私は「ブラックブック」のセバスチャン・コッホが出てるから観たかった、
という部分が大きかったんで
ハナから主役だとばかり思い込んでました。
で、「こんな顔だっけなぁ???」と★

でも、ついゴッホって言いたくなっちゃいますよね^^;

こういう、真実を基にしている作品は
一応見る価値はありますよね
で、アクションとかに比べるとえらく長く感じるんです

わたしも今日のDVD鑑賞はながかった~
でもそんな驚くほどの長さではないのよね

わさぴょんさん、TBがきかないので、
私の記事内に変なリンクしてしまいました・・お許しを~

雨里さんへ----------------------------------------*

実際にこんな事が行われていたと思うと、すごく重いですね。
ホントに、つい最近の話なのに。

TBはブログ会社の相性や、タイミングにもよるみたいです☆
別に変なリンクじゃなかったですよ~、気を使ってもらってスミマセン^^;

あれ?眠かったですか?
私は意外にも眠らずに最後まで観たんだけど・・・
けっこう緊張感のある作品だったでしょう?
職務に忠実だった男が、だんだん変化していく様子が良かったです。
このDVDパッケージの写真より目がパッチリしてかわいい人でしたよね。

★YANさんへ------------------------------★

年末で疲れ気味だったというのも眠かった一因かな★
なんだか長く感じてしまいました(-_-;)
ホント、この写真より素朴な感じの顔でしたよね。
昨年癌でお亡くなりになったそうで、なんとも惜しいです。

さきほど今作を観ましたよ~♪以前この記事を読んだ記憶では80点以上だったなぁと思ってたら今見たら80点以下でしたね(笑)私の記憶老化してます~(汗)
私は今作をあまり期待しないで観たのですが、良かったです☆いつもなら「あと何分だろ~?」ってタイムを見てしまうのに2時間半があっという間でした。コッホさんにしびれました


★アイノワさんへ------------------------------★

どの人も高評価なので、あんまし感動できなかった自分がなんかイヤ、というか
「もっとベストな状態で見られなかったのが、モッタイナイ!」な気持ち★
無理しちゃダメですね~
私は期待が大きかった、というのも大きかったんですが。

コッホさんは良かったですよね^^
ラストが素晴らしい作品でした。

私も期待しすぎて観たら「ふ~ん」と感じてしまった作品かも。淡々としてますしね。
本当にあのラストはすごく「粋」ですね。コッホが話しかけるのかな~と思いきや・・♪
監督が弱冠33歳というのもびっくりしました☆

★アイノワさんへ------------------------------★

監督、33歳だったんですか!スゴー
その若さで、あの酸いも甘いも噛み分けたような作風とは!
将来が楽しみな監督さんですね。
えーと名前は、フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク・・・
覚えにくいよ~(´д`)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「善き人のためのソナタ」・・・75点:

» 善き人のためのソナタ [ピアニッシモ・ストーリー]
善き人のためのソナタ 善き人のためのソナタ スタンダード・エディション(2007/08/03)ウルリッヒ・ミューエ、セバスチャン・コッホ 他商品詳細... [続きを読む]

« 「それでもボクはやってない」・・・82点 | トップページ | ★「ケンパーク」・・・?点 »