« 英語のコメントについて | トップページ | ★「ブラックブック」・・・80点 »

「砂の女」・・・80点

砂の女 特別版

ずっとずーっと観たかった「砂の女」(1964・日本)をやっと観る事ができた。安部公房の同名小説の映画化。監督:勅使河原宏、出演:岡田英次、岸田今日子など。

砂漠に昆虫採集にきた男が、砂の穴の底に建てられた家に泊まるよう案内人に勧められる。一晩だけのつもりだったが縄バシゴが外され逃げられなくなってしまう。そこには女が一人で住んでおり「男手が足りないからね・・・」。男は何とか逃げ出そうとするが・・・。

10年以上前に原作を読んで以来、ずっと観たかった作品。やっと観ました(T_T)感無量。

なんちゅーか、わりと原作の世界に忠実だったと思う。岸田今日子は(当たり前だけど)すっごく若い!ファニーフェイスに可愛らしい声で、どことなくCHARA似(話し声がビブラートなのは現在と変わらず)。岸田今日子の裸って・・・と観る前はちょっとコワゴワだったけど、特に違和感も無し。主人公役の人も味のある男前さんでした(よく知らないけど)。

ストーリーは、深いです。昆虫を標本にしていた主人公だが、逆に自分がとらわれる。何のために生きるのか。生きる意味とは。自由とは。そんな感じのテーマが盛り込まれています。語るとキリがないと思われるので、まあ私的にはこの辺で。

●● 私的、気に入った度・・・・・良かったけど原作以上では無し、80点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

良質の芸術。映画好きの方、観る機会があればとりあえず一回はどうぞ。

|

« 英語のコメントについて | トップページ | ★「ブラックブック」・・・80点 »

映画-人間ドラマ」カテゴリの記事

コメント

おおー、世界の安部公房先生ですね。
この小説、
文庫をずいぶん前に買って、読んでないよなーと思って、
さっきチラッとめくってみたら、読んだことあるような?
どっちだっけ。
なんて話はどうでもいいですね。

とりあえず、安部公房は何作か読んでます。
『箱男』とか。
シュールですよねー。
今までのわさぴょんさんのブログを見てきて、
なんとなく納得のチョイスです。^^
こういうのを(どーゆーの?)幅広く押さえてるんですねー。

それにしてもこれ、映画になってたんですね。
どんな感じになってるのか、気になります。

投稿: べえし | 2007年11月23日 (金) 10時18分

べえしさんへ

安部公房は中高生の頃ちょっとかぶれたぐらいで、
「砂の女」だけ大人になってから読んだんですが、
今考えればそんなに’めっちゃ好き!’って感じではなかったかな~
それよか星新一なんかの方が好きでしたね~、あと筒井康隆とか。
要するに短いのが好きだったのかも?^^;
「箱男」は読んだことありませんが、ちょっと惹かれるタイトルですね☆

『砂の女』は白黒映画で、雰囲気があって良かったですよ♪
でもなかなか置いてる店が無い~(´д`)

投稿: わさぴょん | 2007年11月23日 (金) 13時07分

わさぴょんさん、ご無沙汰してます。
「砂の女」原作は、かなり前に読みました。
これもシュールな話ですよねー。
でも、これはかなり良かったです。どんなに感動してもすぐ忘れてしまうので、これもうろ覚えですが、自分も砂の世界に絡め取られてしまったような感じがしました。
この男も逃げたいのか逃げたくないのか、わさぴょんさんの言うように「生きる意味」みたいなものを問いかけられているような気がしました。
この映画の存在は知ってましたが、未見です。原作に忠実ならいつか観てみたいな。
星新一や筒井康隆も結構好きでしたよ。

投稿: CD | 2007年11月28日 (水) 23時34分

CDさんへ

ルパンもそうだったし、やっぱ似た線をたどってきてるみたい?^^
今作はなかなか店に置いて無いんですよね!
以前DMDで宅配レンタルのお試しやった時も、
真っ先に探したけど無かった(´д`)
DISCUSならあるのかな?
まあそこまでしなくても、機会があれば逃さずどうぞ♪

投稿: わさぴょん | 2007年11月29日 (木) 07時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/292785/8883855

この記事へのトラックバック一覧です: 「砂の女」・・・80点:

« 英語のコメントについて | トップページ | ★「ブラックブック」・・・80点 »