« ★「セブンス・コンチネント」・・・78点 | トップページ | 「71フラグメンツ」・・・76点 »

★「ベニーズ・ビデオ」・・・76点

ペニーズ・ビデオ DVD ペニーズ・ビデオ

販売元:video maker(VC/DAS)(D)
発売日:2007/01/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ミヒャエル・ハネケ監督の第二作め「ベニーズ・ビデオ」(1992・オーストリア)を観た。出演アルノ・フリッシュ、アンゲラ・ヴィンクラーなど。

ベニーの趣味はビデオ撮影。田舎で見た豚の屠殺シーンに魅了されたベニーは、ある日知り合った少女を部屋で衝動的に殺してしまう(豚の屠殺に使った銃を、盗んで持っていた)。それを知った両親は・・・。

ベニー少年には何をしても現実味がなかった。それがどんなに取り返しのつかない事か、一瞬でも考えた様には見えない。両親も苦悩しながらもすぐ隠す方向に話をまとめるし、息子に反省させるとか、諭す、と言う考えが見られない。この親にしてこの子あり、という事か。

悪い子じゃないんだけど・・・ってところがミソ。すべてカメラを通して観ていた彼にとって、現実とは一体なんだったのか。

このDVDの特典の監督インタビューは、ハネケには珍しくすごく分かりやすかった(勿論ラーメン食べながら聞いててもわかる、と言うほど易しくはないが)。大学教授の「映画とメディア論」の講義を聴いてるようで、すごく「おっしゃる通りです!」な感じ。彼の「説明はしない」主義もやっと納得できた。

そういえば、こないだ新聞で読んだ「グッド・シェパード」のインタビュー記事で、監督ロバート・デ・ニーロが「最近は、説明過剰で性急に単純な結論を出そうとする映画が多い。でも、本当の人生は複雑で示唆に富んでいる。私が示すのは、現実に忠実である表現だが(以下、略)」と、同じ様な事を言っていた。

「説明がちゃんとあって、ラストには結論の出る映画」が好きな私としては、ちょっと転機になりそうな、二人の監督の興味深いお言葉でした。

●● 私的、気に入った度・・・・・76点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

喪失感のある話が好きな人。

♪♪ トラックバック → ♪♪ 夢眠さんの’夢眠の映画館’

(以下、ネタバレ有り。要ドラッグ。ってもう遅いか・・・)

ベニーはずっと淡々としてる。女の子を撃つ時も、殺した後も。唯一慌てた様子だったのは撃たれた少女が騒いだ時だけ(そりゃ騒ぐよ)。つまりいつもは監督の立場だったのに、場面が思い通りに制御できなくなって初めて「こんなハズじゃないってば!カット、カット!」と。

”近所の人の証言”風に言うと「おとなしそうだけど何を考えてるのか分からない少年」だけど、何も考えてない、と言うより行き当たりばったり。後先考えず「やってみたかったから」と人を殺してしまう、って現実でもそういうの最近多いですよね・・・。

|

« ★「セブンス・コンチネント」・・・78点 | トップページ | 「71フラグメンツ」・・・76点 »

映画-人間ドラマ」カテゴリの記事

コメント

これ!未見、面白そう~
とりあえずリストに入れてこう♪

投稿: 夢眠 | 2007年11月11日 (日) 08時37分

夢眠さんへ

私も1番初めに手にとったのが今作だったんですよ~
偶然店頭で見て「あ、面白そう」と。
で、「あれ、ハネケ?あ、ココにも、ソコにも!」と
結局6本あったという^^;
観た後、考えちゃいますが、夢眠さんなら嫌いじゃないかも。

投稿: わさぴょん | 2007年11月12日 (月) 07時20分

こんにちは!
ちょっと前のレンタルDVDには、こういう特典が付いてたんですよね~

私もわさぴょんさんと同じで、どちらかと言うと、
「説明がちゃんとあって、ラストに結論の出る」方が好きなんですよ。
そりゃ、本当の人生は複雑でしょうけど、
「あなたの作品なんだから、あなたの見解を聞かせてくださいよ」と思うんです。

でも、わさぴょんさんも納得するような監督インタビューだったんですね。

投稿: YAN | 2007年11月12日 (月) 16時51分

YANさんへ

こういうのがオマケで付いてると
DVDで観て得した~って気になっちゃいますね^^;

そうそう、「LASTはそれぞれ好きに解釈してください」っての、私も嫌い★
手抜きというか、ズルいというか。
ソコを考えるのをコチラ任せにするなんて
高級レストランに行ったらコックさんが出てきて
「味付けはまだしておりませんので、ご自由に」・・・って言われたような。
(分かりにくい表現でスミマセン)
「そこを楽しみにしてんだから、完成させてから出せよ(-_-メ)」と思っちゃう。
でも今回のインタビューで、なんか納得しちゃったんですね~
ちなみにこのDVD特典の監督インタビュー、
初期作品をDVD化するにあたって全部いっぺんに収録したみたいです。

投稿: わさぴょん | 2007年11月12日 (月) 17時26分

わさぴょんさん、こんにちは!
最近どっぷりシュールな世界にはまってるようですね。
私は、前にも書きましたが、シュールな世界に憬れはあるものの
結局好きなのは、もっと分かりやすいものなんですよ。
でも、わさぴょんさんも本来は説明があって、結論が出る映画が好きなんですね。
で、そういうわさぴょんさんが納得したインタビューだけでも観たい気がします。
だんだん、私も考えさせられる映画が好きになってきたので、
こういうのもいいかもしれませんね。
それにしても、わさぴょんさんは色んな映画を観てますね。しかも、コメンタリーとかもかなりまめに観ているし。
私も結構好きなんですが、なかなかそこまで観られません。
でも、本当に気に入った映画で見終わった後、コメンタリー付きで再度見ると、理解がより深まっていいですよね。

投稿: CD | 2007年11月13日 (火) 11時19分

CDさんへ

この監督インタビューは、(ハネケの映画論に興味ののある人なら)
一見の価値ありだと思います^^
コメンタリーは・・・
けっして全てのDVDで観て(聞いて)いるわけではないです^^;
特に気に入ったのとか、特に気になったトコとか、よく分からなかったのとか。
時間があれば全部見たいですけどね~

投稿: わさぴょん | 2007年11月13日 (火) 17時09分

「ファニーゲーム」の記事はなかったっけ?
わさぴょんさんが点数をつけるなら、何点になります?

違う記事にコメント書いて、すいません。
けっこう共通点がある作品ですね。
理由無き犯行だし、
少年に罪悪感などないし、
観客には不快感だけが残るようだし。

ハネケ監督は何が言いたいのか、私には分かりません。
とにかく受け付けない作品でした。
あれ、そう言えば、私が観たファニーゲームには
特典がなかったなあ・・・

投稿: YAN | 2008年12月15日 (月) 14時45分

★YANさんへ------------------------------★

『ファニーゲーム』の記事は無いです。
観たのは随分前だから☆
その頃私はハネケのハの字も知らなくて、なんとな~く借りた作品だったんですが、これがまた、ねぇ・・・!

作品の記憶は鮮烈に残ったんですが、タイトルとか忘れちゃってて。
何年か前、雑誌に’『ファニー・ゲ-ム』はとにかくすごい’って書いてあったんで、興味が湧いて探して探してやっと見つけたら、そのまた何年も前に見たソレだった(´д`)

何点だろう・・・
嫌いじゃないんですよ。でもすごく怖い。
観た後、色んな日常生活がすんごく怖くなったし。
でもすごい勢いでひきつけられるモノもあって。。。
なんでだろう?
「どうにかして助かる方法を見つけたい!」という絶望的な思いかな・・・

いずれにせよ、感情を激しく揺さぶる作品が好き♪
正の方向へでも、負の方向へだとしても。

点数は『ケンパーク』と同じで「採点不可」とかにしちゃうかも。

特典は、去年DVD化された初期作品シリーズにはついてたけど
『ファニーゲーム』はそうではないので、ないのかも?
私が観たのはビデオテープ時代なので、詳しい事はよく分かりません^^;

投稿: わさぴょん | 2008年12月15日 (月) 18時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/292785/8524873

この記事へのトラックバック一覧です: ★「ベニーズ・ビデオ」・・・76点:

« ★「セブンス・コンチネント」・・・78点 | トップページ | 「71フラグメンツ」・・・76点 »