« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月の24件の記事

「ヘアスプレー」・・・98点

映画「ヘアスプレー」オリジナル・サウンドトラック Music 映画「ヘアスプレー」オリジナル・サウンドトラック

アーティスト:クイーン・ラティファ,ジョン・トラヴォルタ&ミシェル・ファイファー,ジョン・トラヴォルタ&クリストファー・ウォーケン,ザック・エフロン,ジェームズ・マースデン,ニッキー・ブロンスキー,エイミー・アレン,リッキー・レイク,ミシェル・ファイファー,ブリタニー・スノウ,ニッキー・ブロンスキー&ジョン・トラヴォルタ 発売日:2007/10/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ミュージカル映画「ヘアスプレー」(2007・米)を観に行った。監督アダム・シャンクマン。映画館に行くのは「プレステージ」以来(´д`) これも最初はDVDが出るまで待とうと思っていたが、思い切って行った。

1962年まだ人種差別の残るボルティモアの地方都市が舞台。太めな高校生トレーシーはすごくポジティブで明るい女の子。学校から急いで帰ってみるTV「コーニー・コリンズ・ショー」が楽しみで、夢は彼の番組に出て憧れのリンク(同じ学校の男子生徒)と踊る事。ある日ひょんな事から番組に出られることになり・・・。元気な青春ミュージカルに差別問題を絡めて描く。

いやー行ってよかった!素晴らしい!ワンダフル!エクセレント!!オオォ~!(スタンディングオベーション)

とにかくトレーシー役のニッキー・ブロンスキーが最高である。コチラまで幸せな気持ちになる天真爛漫な笑顔に、出てきた瞬間ノックアウト。そして分かりやすいキャンディ・ヴォイスで歌って踊って巨体を揺らしまくるのだが、そのダンスの切れの良い事!その他の出演者もいちいち素晴らしいので割愛するが、とにかく皆かっこよくて素晴らしいダンスシーンが堪能できる。コーニー・コリンズ(『X-MEN』のサイクロップス!)・ショーのオープニング場面はもう、コーフンのあまり涙が(@_@)。

黒人のリーダー的な男の子を演じるイライジャ・ケリーが最高で、私もアマンダ・バインズ同様、失神寸前でした☆ でも妹役の子と鼻のカタチ違うよ!

そしてジョン・トラボルタとミシェル・ファイファーという「グリース」「グリース2」の主役二人が出演していたのも嬉しいトコロ。でも今作の主役をずっと観てるとM・ファイファーがすごく痩せてみえて全然魅力的に映らなかった~ 

●● 私的、気に入った度・・・・・ほぼパーフェクト! 98点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

観ると元気になる作品が好きな人。「ウェストサイド物語」「グリース」のような青春ミュージカルが好きな人。

| | コメント (24) | トラックバック (3)

「悪夢探偵」・・・91点

悪夢探偵 プレミアム・エディション DVD 悪夢探偵 プレミアム・エディション

販売元:ハピネット
発売日:2007/06/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ひさしぶりにツタヤに行ったら、塚本晋也監督作「悪夢探偵」がもう旧作になっていた。もちろん即借り。出演はhitomi、松田龍平、安藤政信、大杉蓮など。残酷描写でPG-12。

自分で自分を切り刻んで死ぬという怪事件が2件続けて発生。どうも夢の中で何者かに操られているらしい。エリート女刑事は”他人の夢に入る事ができる”という影沼(松田龍平)に捜査の協力を願い出るが、彼は”望んでいないにも関わらず感じてしまう人の悪意に苦しんでおり、「もうやりたくない」と言う・・・。

塚本監督は今作でも製作・脚本・撮影・美術・編集・そして出演も兼ねるマルチぶりを発揮。

いや~、スゴイの観ちゃった~♪ hitomiの演技が下手だった事を除けば、パーフェクト!な作品(その分、安藤政信の途中からの吹っ切れたような演技は良かった)。塚本監督、最近は現実世界を描いた作品が続いていましたが、今回の題材はズバリ悪夢という事で、もうやりたい放題、トバシまくってます。

犠牲者は死ぬ前に0(ゼロ)という男と電話で会話しているんですが、0を演じるのは監督自身。これがまた良い声で(*^_^*)←声フェチ☆ そして犠牲者になにかが迫ってくる場面は名作「鉄男」(1989年)を彷彿とさせる疾走感にあふれています。 

ここからは完全に余談ですが、今作は「これは~、塚本晋也監督作。一緒に観る?」にピクリと反応したパパぴょんと鑑賞していました。観終わって「面白かったね~」というと「いや、面白いって言うか・・・(-_-)」

私「え?面白くなかった?」

パ「観んでもよかったかなー、って感じ」

私「えぇ~?(ちょっとムッ) じゃあ観てよかったって、例えばどんなん?」

パ「えーとー・・・『シューレス・ジョー』」

私「何それ観た事無い!」

とワアワア言い合った結果(「あっ分かった『パーフェクト・ワールド(←惜しい)』!とか)、「フィールド・オブ・ドリームス」だと判明。そんな超名作を持ってこられちゃーねぇ~。

●● 私的、気に入った度・・・・・この採点は私的気に入った度ですから。91点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

スピード感のあるキッツイ映像が好きな人。残酷描写も平気な人。塚本晋也の悪夢ワールドに浸りたい人。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

「プロデューサーズ」・・・69点(85点)

プロデューサーズ

「ヘアスプレー」をなかなか観に行けないので、代わりに「プロデューサーズ」(2005・米)を借りて観た。2001年の同名ミュージカルの映画化。製作メル・ブルックス、監督スーザン・ストローマン(ミュージカル版では振り付け・演出)。主演はミュージカル版と同じマシュー・ブロデリックとネイサン・レイン。

落ち目のプロデューサー(N・レイン)が会計士(M・ブロデリック)の言った「ミュージカルがコケた時の方が儲かるんですね」の一言から、彼をパートナーにして”最低のミュージカル”を作る事に・・・。

この作品は全体がミュージカルなので、二人が劇場にかけるミュージカル以外でも、歌と踊りがふんだんに楽しめます。はっきり言ってストーリーのコメディ部分はちょっと苦手でしたが、ミュージカル場面はとても良かったです。

マシュー・ブロデリックのトウのたった童顔が、今作のすぐ赤ちゃん返りする気弱な会計士にピッタリ^^; 脇役でユマ・サーマン、ウィル・フェレルらが出ていて、キラーンと光ってました☆

●● 私的、気に入った度・・・・・69点(ミュージカルの場面に限ると85点) ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

ミュージカルが好きな人。出演者の誰かのファン。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「ブラッド・ワーク」・・・80点

ブラッド・ワーク 特別版 DVD ブラッド・ワーク 特別版

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2007/04/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

木曜洋画劇場で放映していた「ブラッド・ワーク」(2002・米)を観た。監督・主演クリント・イーストウッド。

FBI捜査官のテリー・マッケイレブは連続殺人犯を追っている途中で心臓発作を起こし退職。2年のドナー待ちの末、心臓移植を受ける。ある日、元気になったテリーの元へ女が訪ねてくる。「あなたの心臓は妹の心臓よ。妹を殺した犯人を探して」と言われ、テリーは独自に捜査を開始する・・・。

犯人の狙いはわりとすぐわかるけど、犯人はわからなかった。イーストウッドにハズレ無し!

●● 私的、気に入った度・・・・・80点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

サスペンスの秀作を観たい人。C・イーストウッド監督の静かな感じが好きな人。ん?「静かな」?チョット違うな・・・「静謐な」と言うほどでもないし・・・。悟った、に近い?かな・・・。心に染み入る感じ。あー、上手くいえない★

| | コメント (2) | トラックバック (2)

★「ディパーテッド」・・・84点

ディパーテッド DVD ディパーテッド

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2007/06/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

注:今日の記事は、本文中にちょっとネタばれ部分があります。

2006年のアカデミー賞受賞作「ディパーテッド」を観る事ができた。監督マーティン・スコセッシ、出演レオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン、ジャック・ニコルソン、ヴェラ・ファーミガなど。「インファナル・アフェア」(←未見です)のリメイク。R-15。かなり期待しての鑑賞。

マフィアの手先が警察に入り込み、警察官はマフィアに潜入捜査・・・。人生をかけた欺きあいの物語。

150分の長編。面白いんだけど、途中が長かった~。でもその分、終盤は「Oh!Oh!Oh!」なスピード展開。すごいです、サスガです。

警部が落下するシーンは美しい・・・「え?いやーっ!(でも目は釘付け、みたいな)」。

細かい話ですが、警部の死体を前にしたディカプリオが、ビルから出てきたマフィアをみて一瞬銃に手を伸ばしたように見えたけど、次のカットではそんな気配は無し。どっちなんだ!その他にも酒場のシーンで、一瞬の内にタバコを口にくわえてたり。この作品、アカデミーで編集賞もとってるんだけど、めったにこんな間違いは見つけられない私でも2つも見つけちゃったよ~?

●● 私的、気に入った度・・・・・84点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

骨太なサスペンス・ドラマが観たい人。「フェイク」などの潜入捜査モノが好きな人。

(以下、ネタバレ有り。要ドラッグ)

ラスト、マット・デイモンが部屋に入ろうとして異常に気づく。そして部屋に入り「わかったよ」と言っておとなしく撃たれる。たぶん彼は信じていたボスが仲間達を裏切っていたと知ったときから、生きる意味を見失っていたのだろう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

「ドッペルゲンガー 憎悪の化身」・・・76点

一ヶ月ほど前TV放映していた「ドッペルゲンガー 憎悪の化身」(1993・米)をやっと観た。監督アヴィ・ネッシャー、主演ドリュー・バリモア、ジョージ・ニューバーン、レスリー・ホープ。

ルームメイト募集の広告を見てやってきた美人はドッペルゲンガーに悩まされていた。そしてそのドッペルは殺人を犯した事があるらしい・・・。

ドリュー、なんちゅう映画に出とるんじゃ~(~_~;) スリラーかと思ったらサスペンス、かと思ったらラストは怒涛のB級ホラーに!

ドリュー18歳くらい?にしては胸がたわわ(血のシャワーシーン有り)。最近脱がないのはあれが全部たれちゃったからか・・・?(余計なお世話ですね、スミマセン)

コーフンするたび鼻血を出すヒロインにコチラも引き気味。叫び声は◎。

●● 私的、気に入った度・・・・・76点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

ちょっとポッチャリのセクスィーなドリューが観たい人。突っ込みドコロが満載のB級作品が好きな人。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「僕の彼女を紹介します」・・・?点

僕の彼女を紹介します DVD 僕の彼女を紹介します

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2006/08/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

TV放映していた「僕の彼女を紹介します」(2004・韓国)を観た。主演チョン・ジヒョン(「猟奇的な彼女」)、チャン・ヒョク。監督クァク・ジェヨン(「猟奇的な彼女」)。

気が強く早とちりな婦人警官と、気のいい教師のラブストーリー。前半はコメディタッチで、後半はファンタジックな展開。

後半寝ちゃいました・・・★彼女が飛び降りてボンッズルズル~ってトコまで覚えてるんだけど、はっと気づくともう後30分切ってた(><)そこからも睡魔と闘いながら観てたけど、なんだか分からないうちに「やっと終わった~」(←映画に失礼)。

で、たまたまパパぴょんも横で見てたので「どうなったん?あれ(ホームにいた男)誰?」と泣きついて、ざっくり教えていただきました☆その結果、起きてるつもりだった残り30分もほとんど意識がなかったことが判明(爆)。

そんなわけで採点不可です・・・(´д`)

そういえば「猟奇的な彼女」もどちらかと言うと(ヒロイン像が)好きではない。暴力的な彼女が好きになれないし、そもそもあのワンレンの髪型が生理的にいやだ。子供の時から萬田久子も嫌いだったし。どうしてだろう?トラウマとなる何かがあったのか?

あんまりなんで、気に入ったシーンの事も書いとこう^^;最初の方で、彼女が高校生にタバコを注意してケンカになるシーン、おいおいスカートで大丈夫か?と思ったら素敵な細身のパンツルック。この制服がすごくカッコよかった♪

彼の方もミスチルの桜井くんとベン・アフレックを足して2で割ったような顔で良かったです。って、私ストーリーと関係ないことばっか書いてるような・・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

「コラテラル」・・・80点

コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション DVD コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション

販売元:パラマウント ジャパン
発売日:2006/04/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日曜洋画劇場で「コラテラル」を見た。トム・クルーズが初めて悪役に挑戦!と宣伝していた作品。

タクシー運転手(ジェイミー・フォックス)が殺し屋(T・クルーズ)の殺人ツアーの案内役として巻き込まれる話。

なんとなく観る気がしなくて今回が初見だったのですが、思ったより面白かったです^^

銀髪のトムはなんとなく「LOST」のジャック(リーダーの医師)に似てました。

ジェイミー・フォックスってなんで生え際あんなにまっすぐなんだろう。わざと?天然?

●● 私的、気に入った度・・・・・80点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

巻き込まれ系サスペンスアクションが好きな人。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

★「グラスハウス」・・・71点

グラスハウス DVD グラスハウス

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2007/08/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ダイアン・レインが出るというので、木曜洋画劇場で「グラスハウス」(2001・米)を観た。主演はリリー・ソビエスキー(「ディープ・インパクト」)、ステラン・スカルスゲールド等。監督ダニエル・サックハイム。

両親を交通事故でなくした姉弟が、後見人の隣人夫婦とガラス張りの屋敷に移り住む。しかしその夫妻の様子がおかしくなってきて・・・。

叔父さん役で「SEX AND THE CITY」のビッグがちょっとだけ出てた^^

ベタな話ですが、意外と最後まで飽きずに楽しめました。

●● 私的、気に入った度・・・・・71点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

可愛い子が主役の、普通のサスペンスが観たい人。

(以下、私的疑問点。ネタバレ有り。要ドラッグ)

残されたお姉ちゃんの方が主役なんだけど、着替えやプールを覗かれたりで、エロ方面のサスペンスか?と思ってたら、実は夫妻には借金があって・・・と金銭がらみの方でした。「と思わせて実はもう一ヒネリあるんじゃ?」と思ったけど、ありませんでした(-_-;)

弁護士さんが殺される直前、弁護士と後見人(夫の方)のやり取りを聞いて、ルビーが「いい人だったんだ・・・」と言いますが、あれ弁護士さんの事をさしてるんだよね?でもメールの内容まですべて筒抜けだったと知って、なんであんなセリフになるの?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「ナッシング」・・・95点

ナッシング DVD ナッシング

発売日:2006/01/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「CUBE」「カンパニーマン」が面白かったヴィンチェンゾ・ナタリ監督の「ナッシング」(2003・カナダ・日本)を観た。←え?日本?すごいよ日本!その割りに知られてないのは何故。出演デヴィッド・ヒューレット、アンドリュー・ミラー。

幼い頃からオチこぼれだったデイブとアンドリューは何をやってもついてない。ある日、誤解から世間を敵に回した二人が「放っておいてくれ!」と叫ぶと全てが消えてしまった。残されたのは自分達二人と家だけで・・・。

オモシロかった!まず映像も話も今まで見たことが無い種類の物。突き詰めれば二人の友情の話なんだけど、他に何も無いぶん、内面に目を向けるようになってきて。哲学的です☆

でも「CUBE」っぽくも「カンパニーマン」っぽくも無いので、その辺を期待するとハズレるかも。

ちなみに「カンパニーマン」はここ10年で私的に一番ワクワクした映画です♪あまり期待せずに観たせいか、とにかく途中のワクワク感がすごかった。「えっえっ、どどどどーなんのー!?」(@_@)と、そこだけ異常に盛り上がりました^^;(ラストは普通)

●● 私的、気に入った度・・・・・最高点でましたー!95点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

映画の既成概念にとらわれない人。途中から画面ほとんど白一色なので、疲れ目の人は注意。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

なかなか進まないワケ。

「24Ⅴ」のTV放映が終わった。でもあとまだ8話分くらい見てない。その理由は・・・

パパぴょん「『24』観てんの?面白い?」 私「面白いよ」

パ「ふ~ん・・・俺も観たかったな~」 私「え、そーなん!?早く言ってよー!」(この時点で、既に7話目を観終わってた)

というわけで、それ以降パパぴょんと一緒に鑑賞しているからです。二人の都合が合わないと観られないので、なかなか進まない☆

ここにきてブログを書かない日が続き、のびのびしている私。そういえばツタヤも最近行ってないな。観るものがTV横に山積みになっている状態も、今の所ほぼ解消中。

これからはこのペースで行くかぁー!とか思ってる今日この頃です。

*** 

「24Ⅴ」は・・・「まさか黒幕が○○○だったなんて!」なトコらへん♪ 負けるな、ジャック!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

「コールドマウンテン」・・・80点

コールドマウンテン DVD コールドマウンテン

販売元:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日:2006/01/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

TV放映していた「コールドマウンテン」を観た。監督アンソニー・ミンゲラ(「イングリッシュ・ペイシェント」「リプリー」等)、出演ジュード・ロウ、ニコール・キッドマン、レニー・ゼルウィガーなど。

米・南北戦争で引き裂かれた恋人達が、長い道のりを旅して再開する話。

ジュード・ロウもニコール・キッドマンも好きだけど、なんとなく未見のままだった作品。TVでやってくれたので観ました。映像もきれいだし、話も山あり谷ありで面白い。ただ二人の恋愛を描いた話かと思ったら、他のエピソード(町を守る?ヒドイ男たちや、残された未亡人(ナタリー・ポートマン)、脱走兵の扱い)が色々と切なくて、この作品に深みを与えていました。

でもなにも脱走しなくても。アレだけ怪我してたら傷病兵で帰れたんでは?と思ったり。

●● 私的、気に入った度・・・・・80点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

美しい映像で、戦争の悲劇を描いた作品が観たい人。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

「ナチョ・リブレ」・・・79点

ナチョ・リブレ 覆面の神様 スペシャル・コレクターズ・エディション DVD ナチョ・リブレ 覆面の神様 スペシャル・コレクターズ・エディション

販売元:パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
発売日:2007/11/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

子供と一緒にコメディ「ナチョ・リブレ」(2006・米)を観た。監督ジャレッド・ヘス、出演ジャック・ブラック(ナチョ)、エクトル・ヒメネス(ヤセ)、アナ・デ・ラ・レゲラ(シスター・エンカルナシオン)。

修道院で育ち、今は調理係りとして働く男が、孤児達に美味しいものを食べさせようと(と言うのは建前で、半分以上は自己実現のため)覆面レスラーとしてリングに上がる・・・。

ちょっと期待しすぎたかな(><)フツーに面白かったけど・・・。今までジャック・ブラックが出てるのは、ほとんどが”大当たり!”だったからなぁ~

ピーター・ストーメア(「プリズンブレイク」のアブルッチ)が「タカの卵を取りにいけ!」と言う役で見られたので、ちょっと嬉しい^^

●● 私的、気に入った度・・・・・79点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

コメディが好きな人。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

”映画-INDEX”を作りました。

お気づきの人もいらっしゃるかもしれませんが、映画のINDEXを作成しました(と同時に”月別バックナンバー目次”は無くなりました)。

左下の方の”ブログ内で検索”というので以前見た作品を検索しても、上手く表示出来ない事が多くて。これでやっと解決。しかし地道な作業で疲れた・・・。

作ってみて、自分が思った以上に雑食なことに驚き。(@@)まあ、気に入らなかったのも書いてるからそう思うのかも?

「24Ⅴ」はますます面白くて、特にローガン大統領の小物ぶりが炸裂(・・;) 頑張れジャックー☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

デビッド・リンチが、グッチのCMを。

先週だったかな?新聞で読んだのですが、グッチが新しい香水の広告に初めてTVCMを媒体として使うそうです。そういえば今までシャネルの香水のCMは見た事あったけど、グッチは無かったな。なんとその監督がデビッド・リンチなんだとか!観たいー!

日本では来年1月からオンエアされるそうです(海外では11月からだったかな)。多分YouTubeなんかでは年内に見られるんでしょうね。でも恥ずかしながらYouTubeの見方がよく分からない。(><)

「ここをクリックすれば見られるよ!」ってのがあれば誰か教えてください~m(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「24シーズン5」が始まった。

24 -TWENTY FOUR- シーズン5 DVDコレクターズ・ボックス DVD 24 -TWENTY FOUR- シーズン5 DVDコレクターズ・ボックス

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2006/11/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

いよいよ「24シーズンⅤ」のTV放映が始まった。

○○が死んじゃうってのは知ってたけど、ええーいきなりー!?しかもあの人まで(これは予想外)!身を潜めていたジャックのボルテージも急上昇。あぁぁ、やっぱオモシロイ!!

私は24のシリーズの中では、「シーズン2、3」あたりが一番好きだ(ちょっと記憶がごちゃ混ぜかも知れません)。「1」は最初(いや、ホントに一話目くらいだけど)ちょっとエンジンのかかりが遅かった。「4」はとにかくジャックが可哀想で可哀想で。めちゃくちゃ頑張ってるのに全て裏目に出て、彼女にも嫌われるし(><)。

頑張れジャック! オトコマエ~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「フラガール」・・・80点

フラガール メモリアルBOX DVD フラガール メモリアルBOX

販売元:ハピネット・ピクチャーズ
発売日:2007/03/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

TV放映していた「フラガール」を観た。監督:李相日、出演:演蒼井優、松雪泰子、豊川悦司など。

昭和40年、閉鎖の危機にある炭鉱にかわり建設されようとしていた常磐ハワイアン・センター。そこのハワイアンダンサーになるべく奮闘する炭鉱娘らと、指導の為に東京からよばれたダンサーの交流を、変わり行く炭鉱町の人間模様をからめて描く。

序盤、先生の踊っているのを盗み見て感動する娘たち。その後、娘がダンサーになるのに反対していた母親に、娘が「これが私のやっている事よ!」と見せつけるダンス。同じ踊りでやはり母親も納得する。踊りは万人共通に説得力を持つようです。そして終盤の全員で踊るステージも素晴らしい!

でもやはり一番盛り上がってるその踊りは”フラ”ではなく”ポリネシアン・ダンス”なのでは・・・

●● 私的、気に入った度・・・・・80点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

ダンスが好きな人。人と人との交流で心温まる話が観たい人。

| | コメント (10) | トラックバック (3)

「LOSTシーズンⅡ」

LOST シーズン2 COMPLETE BOX DVD LOST シーズン2 COMPLETE BOX

販売元:ブエナ ビスタ ホーム エンターテイメント
発売日:2007/03/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「LOSTシーズンⅡ」のTV放映が始まった。いきなり「第26話」と表示されていた。完全につながってるって事が言いたいのか?

そして完全につながってましたよ、まるで先週からの続きのように^^;。相変わらず面白い!今回はハッチの扉を開けたところから。いよいよ中に入っていくと新しい登場人物がいて・・・。

早く来週が観たい!ソーヤー達はどうなったのー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「恋するアンカーウーマン」

恋するアンカーウーマン DVD-BOX(プラダを着た悪魔DVD付) DVD 恋するアンカーウーマン DVD-BOX(プラダを着た悪魔DVD付)

販売元:20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン
発売日:2007/07/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「プラダを着た悪魔」のDVDにオマケで入ってた、TVドラマ「恋するアンカーウーマン」第1話を観た。主演レベッカ・ローミン(「X-MEN」で全身青のミスティーク)のお仕事コメディ。

リポーターとして頑張るペッパーが、局の顔”アンカーウーマン”になる目標に向かって頑張る話。

はっきり言ってミスティークの時はあんまり好きじゃなかったんですが・・・今作もいかにも気がキツそうな我の強い女を熱演してますが、新しい上司に「君が頭から離れない」と言われた時の顔!!一瞬、完全に”恋する乙女”の目になるんですよー!素晴らしい!いっぺんに好感度UP。しかも二回目に口説かれた時は自分を崩さない。そこも素晴らしい。

TV放映したら毎週観るかも♪でもミスティークのブロンド長髪、なかなか慣れないな~^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来週は映画観られないかも。

今夜から「LOST2」のTV放映が始まる。嬉しい^^。

さて今日、一週間分のTVガイドをチェックしていたら(この時、見たい番組に赤○をつけてタイマー予約しておく)・・・なんと「24シーズンⅤ」が始まるじゃないか!それも毎日2話分づつくらいの連続で!!これは絶対観なくてはーー!!!

というわけで来週~10日間くらいは、他の映画などを見られない日が続くと思われます。ブログどーしよーかな・・・

| | コメント (7) | トラックバック (0)

★「プラダを着た悪魔」・・・80点

プラダを着た悪魔 (特別編) DVD プラダを着た悪魔 (特別編)

発売日:2007/04/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

あまりブランドには興味が無い(というか知らない)けど観たかった「プラダを着た悪魔」(2006・米)を借りた。出演アン・ハサウェイ(アンディ役)、メリル・ストリープ(編集長ミランダ役)。監督デヴィッド・フランケル。

ジャーナリスト志望のアンディが一流ファッション誌「RUNWEY」のアシスタントに採用される。ファッションには興味ないアンディは、単なるキャリアの足がかりだと思っていたが、上司は泣く子も黙るカリスマ編集長だった。次々と出される難題に私生活も大ピンチに・・・。

面白かった^^。最初はこの仕事を一段下に見てる感じ(学生時代は優等生だったし)だったアンディが、ミランダに鍛えられて一人前の社会人になっていく(オシャレを=ミランダを理解しよう、そして認めてもらおうと自分で実践するのもその一環)。成長物語です♪

アン・ハサウェイがキレイ~。野暮ったくても美人だったけど、オシャレしたらもうキレイすぎ!彼女が急にあんなキレイになったら、彼氏は気が気じゃないよ~。タダでさえ仕事が忙しくてすれ違い生活なのにねぇ。

●● 私的、気に入った度・・・・・80点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

新社会人のサクセスストーリーを見たい人。オシャレが好きな人。

(以下、私的疑問点。ネタバレ有り。要ドラッグ)

そのオシャレな服、全部サンプル品をもらって着てたの?あんなとっかえひっかえ、普通のお給料で買えないよね?(しかも最後は惜しげもなくエミリーにあげちゃうし。)もしあんなブランド品がタダでバンバンもらえるんなら、そりゃ~夢のような業界だねぇ~。

♪♪ トラックバック → ♪♪ボー・BJ・ジングルズ さんの’ある日の出来事’

| | コメント (15) | トラックバック (0)

「ポビーとディンガン」・・・73点

ポビーとディンガン DVD ポビーとディンガン

発売日:2006/09/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

子供と観ようと思って借りてきた「ポビーとディンガン」(2005・英・豪)。でも吹き替え無しだったorz なので一人で観てみました☆原題は「オパール・ドリーム」。

監督ピーター・カッタネオ(「フル・モンティ」等)、出演クリスチャン・ベイヤーズ(兄アシュモル)、サファイア・ボイス(妹ケリーアン)、ヴィンス・コスモ(父)、ジャクリーン・マッケンジー(母)。

オパールの採掘地、オーストラリア東南部の田舎町ライトニングリッジが舞台。11歳のアシュモルと9歳のケリーアンは、夢を持って採掘にチャレンジしている父・スーパーで働く母の4人でお金はないが楽しく暮らしていた。ケリーアンは空想上の友達「ポビーとディンガン」といつも遊んでいたが、ある日二人がいなくなり・・・。

と、ここまでの予備知識で観始めたのですが、ただ兄妹が空想の二人を探す微笑ましい話かと思ってたら、意外な方向へ。

「きっと二人は採掘場に置いてきぼりで泣いてるわ!」懇願するケリーアン。父はしかたなく夜中に採掘場に行くのですが「他人の採掘場からオパールを盗もうとした」として町じゅうの人からコソ泥呼ばわりされてしまうのです。庭の子供用ハウスに火をつけられたり、酒場で袋叩きにされたり、アシュモルは学校で嫌がらせされるし、母も「信用第一の客商売だから」とクビになってしまう。そしてケリーアンも徐々に弱っていきます。

まるで集団イジメ。ちょっと凹みそうになりますが、ラストはハッピーエンドです。みんな根は悪い人じゃないよ、と☆

監督インタビューを観ていたら「ラストで観客が感動して泣いてて、この映画は成功したと思った」と言ってるんですが、え?あそこ泣くトコだったの?!

この作品は絶賛する人も多いようですが、私的にはケリーアンが気にいらない(-_-メ) だって一重にケリーアンのわがままのせいで、家族がひどい目にあうんですよ!おまえのせいだ!病気になって同情ひいてんじゃねー!パパにあやまらんかい!!(おっと、地が出ちゃった)

役柄は別として、ケリーアン役の子はリース・ウィザースプーンとアリシア・シルバーストーンを足して2で割った様な顔で、子供ながらすごく美人です^^ 来日映像ではちょっとふっくらしてて、ハーマイオニーにも似てました。

なおロケ地は南オーストラリアのクーパー・ペディとアデレード。空が広いわ~

●● 私的、気に入った度・・・・・73点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆(アンピー、いかが?)

オーストラリアの広々・のんびりした雰囲気を味わいたい人。かわいい子供が主役の作品が観たい人。でも可愛いのが観たいなら、私のオススメはコチラ ↓

マイ・シスターズ・キッズ DVD マイ・シスターズ・キッズ

おじさんが少しの間、子供達の面倒をみることになって・・・。子供達が団結する姿が可愛い!

販売元:アット・エンタテインメント
発売日:2006/07/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ヘイフラワーとキルトシュー DVD ヘイフラワーとキルトシュー

しっかり物の姉が、オテンバな妹にふりまわされて・・・。(6歳と4歳くらいかな?)

販売元:アット・エンタテインメント
発売日:2006/07/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「アマロ神父の罪」・・・70点

アマロ神父の罪 DVD アマロ神父の罪

カテゴリ分けは「恋愛」より「ドラマ」の方がいいかも。

Amazon.co.jpで詳細を確認する

またまた出ました!主演はマイブームな、ガエル・ガルシア・ベルナル。監督カルロス・カレラ。2002年・メキシコ作品。

若く魅力的な神父と信者の娘との愛に、マフィアやゲリラとつながっている(?)教会内部を絡めて描く。

神父が娘に手を出すとこらへんから「もー観ちゃいられらない!」バレないと本気で思ってたんでしょうか?だとしたら甘すぎ。

●● 私的、気に入った度・・・・・それでもガエルはステキ、70点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

ガエルのファン。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「トランスポーター2」・・・82点

トランスポーター2 ハラハラ!ドキドキ!!2,500円(税込)シリーズ DVD トランスポーター2 ハラハラ!ドキドキ!!2,500円(税込)シリーズ

J・ステイサム、かっこいー!あんまりステキなので、人に言われるまで『ハゲ』だと気づかず。

Amazon.co.jpで詳細を確認する

TV放映していた「トランスポーター2」(2005・仏・米)を観た。監督ルイ・レテリエ、脚本リュック・ベッソン、出演ジェイソン・ステイサム(主役フランク)、アレッサンドロ・ガスマン(悪ボス役ジャンニ)、ケイト・ノタ(悪役殺し屋ローラ)、アンバー・ヴァレッタ(母オードリー)等。

アメリカにきたフランク。現在は一時的に子供を送り迎えする仕事をしていた。しかしその子が誘拐されてしまう。どうやら裏に大きな陰謀がありそうだ・・・。

面白い!「オイオイ、あり得へんやろ!」とツッコミたくなるアクションの連発で飽きさせない。悪役のビッチな殺し屋(なぜか常に下着姿)も最高である。J・ステイサムの色んな小道具を使った戦い振りは、ジャッキー・チェンを彷彿とさせる。「1」のような余計なロマンスが無いところも良い。

一つだけ気になったのは、悪役のボスが登場するシーンで、日本の剣道とチャンバラがごちゃ混ぜになっていたこと。なんじゃありゃ~(~_~;)

●● 私的、気に入った度・・・・・82点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

細かいコト言わずに、派手なノンストップ・アクションを楽しめる人。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »