« デスノート(総集編) | トップページ | 「まぼろし」・・・74点 »

「エコール」・・・71点

エコール DVD エコール

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2007/04/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これ、カテゴリどこにいれるか迷ったんだけど・・・あり得ないという意味で「ファンタジー」に。

幻想的な映画「エコール」(2004・ベルギー・仏)を観た。監督ルシール・アザリロヴィック、出演ゾエ・オークレール、ベランジェール・オーブルージュなど。

森の中にひっそりと建つ洋館で寮生活を送る少女達。幼稚園くらいから7年間ここで外界と隔離されて、ダンスや泳ぎや自然の摂理などを学ぶのだ。彼女達は何処からきて何処へ行くのか、そして最年長生は真夜中に寮をぬけだして何をしているのか・・・。

原題は「イノセンス(無垢)」。言いたくないけど、幼い少女好きな人なら鼻血モノの作品。

幼稚園くらいの子が棺から登場。どこからきたかの説明は無し。上級生達がお着替えさせて、髪のリボン(色によって学年を表している)を順送りに付け替える。そしてパンツいっちょで川で泳いだり、白いレオタードでバレエのレッスンを受けたり(最年少生の幼児体型が可愛い♪)、お揃いの白い制服で森の中で遊んだり。全てのシーンがとても幻想的で美しく、理想郷と言うか、桃源郷のようです。

でも一切の説明は無し。これは雰囲気に酔う作品なのでしょう(独断)。そういう意味では成功しています。私はもっとエゲツナイ展開になるかと思っていたのですが。^^;

●● 私的、気に入った度・・・・・71点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

美しく幻想的で不思議な作品を観たい人。(リアルさは皆無)

|

« デスノート(総集編) | トップページ | 「まぼろし」・・・74点 »

映画-ファンタジー、家族向」カテゴリの記事

コメント

自然の摂理って、どんなことを習うんでしょうか?気になります。
鼻血モノというのも気になりますが、幼稚園から7年じゃ、ちょっとね・・・

投稿: べえし | 2007年9月 4日 (火) 10時53分

自然の摂理って、ちょっとオサレな言い方し過ぎたかな^^;
森に住む生き物のことや森の自然について、などです。

全体的に、幻想的な絵本の様でとても美しいのに
なぜか主役の子(だけ)が東洋人顔なのがこれまた不思議。
同じ東洋人としてこれはチョットさめるけど、
ヨーロッパの人の目には神秘的で美しく映るのでしょうか。

投稿: わさぴょん | 2007年9月 4日 (火) 18時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/292785/7999973

この記事へのトラックバック一覧です: 「エコール」・・・71点:

» N0.178「エコール」(ベルギー・フランス・イギリス/ルシール・アザリロヴィック監督) [サーカスな日々]
少女たちの性から俗世界を隔離し、 純粋に生理的時間による変容に委ねるとしたら。 そそられるポスターである。 柔らかい日差し。奥深い森の中。 少女の後姿の腰から下。白い上着とミニスカートの制服。 膝頭までくっつけた腿、そして極端なX脚のように片方の足先が開かれている。 白いミニのハイソックス、茶色い皮製の編み上げ靴。 腰の辺りに後ろ手で、指先だけが絡まれている・・・。 タイトル:「エコール」。原題:「INNOCENCE」。 冒頭、延々とスタッフロールが流れる。不安定に揺れながら。 ゴーオゥ、ゴーオ... [続きを読む]

受信: 2007年9月21日 (金) 15時23分

« デスノート(総集編) | トップページ | 「まぼろし」・・・74点 »