« 「ロックソロジー/オルタネイティブ」 | トップページ | 「ザ・キュアー グレイテスト・ヒッツ」 »

「トランスアメリカ」・・・90点

トランスアメリカ トランスアメリカ

販売元:松竹
発売日:2007/01/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ずっと観たかった「トランスアメリカ」をやっと観た。R-15。監督ダンカン・タッカー、出演フェリシティ・ハフマン、ケヴィン・ゼガーズ。製作総指揮はF・ハフマンの夫ウィリアム・H・メイシー。かなり期待しての鑑賞。

心は女性だが体はまだ男の性同一障害(トランスセクシャル)のブリー(F・ハフマン)。最終的な手術をやっと受けられる事になった矢先、以前男だった頃に出来た息子がいる事がわかり、父親である事を隠したまま二人で大陸横断(トランスアメリカ)の旅をする事に・・・。

フェリシティ・ハフマンが上手い!「デスパレートな妻たち」の時は子供に振り回されながらも美人妻な役なのに、今回はかなりショボイおっさんニューハーフ。これはメイクの力?特殊ブスメイク?とても同一人物とは思えない。でも話が進むにつれて、この顔が好きになってくるから不思議。可愛い人なんだよ~いじらしいんだよ~

そして今回の掘り出し物は息子役のケヴィン・セガーズ。予告編で「リバー・フェニックスの再来」と書いてあってマタマタ~と思ってたけど、うーん許す!役柄的に「マイ・プライベート・アイダホ」を連想させるせいもあるが。この子がもう・・・キャーたまら~ん!!って感じで(@_@)。男も女も魅了する容姿の持ち主で、だからこそ本当の(無償の)愛を知らない(みんな彼の肉体しか見ていない)、という役。ばっちりです。ストライクど真ん中です。脱いだ時、体が宗教画のように光り輝いてます。こちらは照明さんの力?

こんなに印象的だった彼ですが、「ドーン・オブ・ザ・デッド」「クライモリ」など色々出てたらしいけど、見てるはずなのに記憶に無い・・・。

●● 私的、気に入った度・・・・・90点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

ニューハーフに生理的嫌悪感のある人以外(って本当は女優さんがやってんだけど)。微妙な親子のロードムービーが見たい人。

|

« 「ロックソロジー/オルタネイティブ」 | トップページ | 「ザ・キュアー グレイテスト・ヒッツ」 »

映画-人間ドラマ」カテゴリの記事

コメント

これは素晴らしい作品でした~ヽ(´▽`)/
ええッ?今知ったのですがあのお父さんって男の人が演ってるのではなく女性なんですか??
私男優かと思ってましたよ・・・スゴイ!!
そしてケヴィン・セガーズ!!リバー・フェニックスは大好きでした~!なので再来と言われてることも彼なら許せます♪(何様?笑)
稀に見るカッコよさでしびれました~lovely

投稿: アイノワ | 2009年3月28日 (土) 23時27分

★アイノワさんへ------------------------------★

でしょでしょー!!すごいヨカッタでしょー!!(>▽<)
あれは女優さんなんですね~
私も知らずに観たらきっと男だと信じちゃうと思います☆
このフェシリティ・ハフマンって女優さんは、
『ファーゴ』で誘拐を頼む役をしたあのウィリアム・H・メイシーの奥さんなんですよ~
夫婦揃って個性的な顔だ・・・

ケヴィン・セガーズ、私も痺れちゃいました~lovely
あのバスローブ脱いで迫ってくるシーン! 
あんな顔で来られたら、もうメロメロですhappy02
でも今作の後、また見かけなくなったような・・・

投稿: わさぴょん | 2009年3月29日 (日) 09時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/292785/8000075

この記事へのトラックバック一覧です: 「トランスアメリカ」・・・90点:

« 「ロックソロジー/オルタネイティブ」 | トップページ | 「ザ・キュアー グレイテスト・ヒッツ」 »