« 「300」試写会にて―おば様たちの会話 | トップページ | ★「隠された記憶」・・・73点 »

★「サムサッカー」・・・81点

サムサッカー 17歳、フツーに心配な僕のミライ コレクターズ・エディション サムサッカー 17歳、フツーに心配な僕のミライ コレクターズ・エディション

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2007/02/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

いつも行くツタヤは大体リリースから半年で旧作になる。しかし、この作品はもう旧作になっていた。なぜ?人気無かったのかな?確かに派手さは無いけど。

とか言う自分も、最初は「サムサッカー?小林サッカーみたいなサッカー物?」とかカン違いしてましたが。予告編を見てサッカー物ではないと気づき(注:サッカーが嫌いなわけでは無い)、面白そうだったので借りてみた。

サムサッカー。私は少年サムがサッカー(soccer)すると勘違いしていた訳ですが、原題は”Thumbsucker”。親指吸い君、と言う意味でした。(←ジャケ写で一目瞭然)

主人公ジャスティンは指吸いの癖が直らない高校生。学校ではどちらかと言うと変人の部類に入っており、家族もバラバラで、なんとなくパッとしない毎日。ある日ADHDと診断された彼は投薬治療を始める。見違えるようにシャキッとして指も吸わず自信満々になり、討論クラブでもメキメキ頭角をあらわしていくジャスティンだが・・・。

監督はこれが長編デビューのマイク・ミルズ。ミュージック・ビデオ界では有名らしい。

主演に二十歳の新人、ルー・プッチ。この子が透明感があって、瑞々しくて、とてもよい。この映画で2005年ベルリン映画祭の主演男優賞など、数々の賞を取ったと聞いて納得。

共演にティルダ・スウィントン(「ナルニア国物語」の魔女)、キアヌー・リーブス(「マトリックス」)、ベンジャミン・ブラット(「キャット・ウーマン」)、ヴィンス・ヴォーン(「サイコ」(1998年版))等。

●● 私的、気に入った度・・・・・81点 ●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

思春期の少年の心の成長物語をみたい人。

(以下、ネタバレ有り。要ドラッグ)

ジャスティンはやがて自信を通り越して傲慢になっていく。人間って結構すぐに変わるんだな、と言うのが象徴的。でも、良い方にも変われるって事だよね。ラストはさわやかで後味スッキリ。

終盤、それまで自分の事しか見ようとしていなかったジャスティンが、”他の人もいろいろ考えてるし傷つく心を持ってる。それでも試行錯誤しながら頑張っているんだよ”(母、父、弟、先生など)と言う事を理解する。そこで目の前の世界がパーっと開けた感じがした。それが大人になるって事なのかな。

|

« 「300」試写会にて―おば様たちの会話 | トップページ | ★「隠された記憶」・・・73点 »

映画-青春」カテゴリの記事

コメント

これも直ぐに見れる状態なんだけど…
見れてない(?_?)
キアヌも好きだけどティルダ・スウィントンも好き~
楽しみになってきた!早く見なきゃ(笑)

投稿: 夢眠 | 2007年5月30日 (水) 07時40分

キアヌーって、ほっといたら太る体質だと思う。脱いだらジョン・マルコビッチと同じようにダルダルの予感が。(←「マルコビッチの穴」で観て愕然。痩せてそうな顔なのに?!)

ティルダ・スウィントンは、キアヌと共演した「コンスタンティン」の時が一番好きです♪
あと「オルランド」も、あの両性具有的な雰囲気がばっちりハマッてたわ~。

投稿: わさぴょん | 2007年5月30日 (水) 17時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/292785/8000105

この記事へのトラックバック一覧です: ★「サムサッカー」・・・81点:

« 「300」試写会にて―おば様たちの会話 | トップページ | ★「隠された記憶」・・・73点 »