« 「ヴィタール」・・・80点 | トップページ | 「DEAD ZONE」(TV)が・・・ »

「勝手にしやがれ」

勝手にしやがれ デジタル・ニューマスター版 DVD 勝手にしやがれ デジタル・ニューマスター版

販売元:ハピネット・ピクチャーズ
発売日:2006/05/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ゴダールの「勝手にしやがれ」(1959・仏)を観た。ヌーベルバーグの代表的作品だが断片的にしか観た事が無くて、今回始めて最後まで鑑賞。

名作と言えども古臭いかもなーと見る前は思っていたが、オシャレでテンポよく音楽も良し。観てよかったー。

主演のジャン・ポール・ベルモンドが渋くてカッコいい。短絡的で非常識で自分勝手で、<ロクデナシ>という言葉がピッタリの男なのだが、寂しがりやでストレートでどこか憎めない。女にとっては厄介な存在である。

共演に、今作でセシルカットを大流行させたジーン・セバーグ。この坊主頭が妙にセクシー。美人は何をしても似合うのだ。

二人の会話はとにかくかみ合わない。何故なら主人公が<人の話を聞かない男>だから。二人で話していても自分の言いたい事を並べ立てているだけで、人の話なんて聞いちゃいない。こんな彼でも(表面上は)モテているのは、プレイボーイ(死語)にはマメさ&フットワークの軽さが重要ということか。でも結局そんなチャラい奴は本気では相手にされないって事なんだけど。

●● 私的、気に入った度・・・・・スタンダードにつき採点は自粛。●●

☆☆ オススメしたい人 ↓ ☆☆

オシャレな名作をおさえておきたい人。J・P・ベルモンドといえばポリンキーだと思ってる人。彼が元ネタですから。

この記事は右手本さんのブログ「世界中のトラが溶けてバターになる瞬間」http://blog.livedoor.jp/yutapon12/archives/51470594.htmlにトラックバックしています。

|

« 「ヴィタール」・・・80点 | トップページ | 「DEAD ZONE」(TV)が・・・ »

映画-ノンセクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/292785/6270830

この記事へのトラックバック一覧です: 「勝手にしやがれ」:

« 「ヴィタール」・・・80点 | トップページ | 「DEAD ZONE」(TV)が・・・ »